Qualcomm、MicrosoftとARMノートPCを復活か – Surface CloudBook

米国時間2017年4月28日にARMは、2017年末にSnapdragon 835をベースとした新しいWindows 10ノートPCを投入することを発表しておりましたが、どうやら本当のようです。     MicrosoftとQualcomm 今回の情報によると新しいARMベースのノートPCは、Microsoftが新しいSurfaceシリースとして投入するようだ。     また、Surfaceシリーズの他にはLenovoが新しい「2-in-1」ディバイスとして登場するとされている。     ARMは、2012年に最初のSurfaceシリーズとして「Surface RT」を発表しております。       しかし、「Surface RT」はソフトウェア・サポートが不足していたため、結果として販売台数を増やすことができませんでした。     ですが、その後AMDの技術を着々と進歩させ続けており、MicrosoftとQualcommのパートナーシップはIntelを脅かすものであると言われております。     2017年のARMを搭載したSurfaceは? 今年に登場するSnapdragon 835をベースとしたSurfaceは「Surface Cloudbook」と言う名前で噂されております。     「Surface Cloudbook」は、「Surface 3」と「Surface RT」のような廉価版Surfaceに位置すると推測されている。     噂によると、Surface Proシリーズよりも比較的リーズナブルな価格に設定されるが、Surface RTのように制限が設けられる可能性があるようだ。     その理由の一つに、「Surface Cloudbook」には「Windows 10 Cloud」という新しいOSが搭載されることが挙げられます。     Windows 10 Cloud 「Windows 10 Cloud」は、一言で言うと「Surface RT」のように制限が設けられた「Windows 10」となります。     現在のリーク情報では、Windowsストアに公開されている「UWPアプリケーション」のみを利用することができる「簡略版Windows 10」と言われております。     このことから、「Windows Cloud」は「Windows RT」や「Windows 8.1 for Bing」と同じように機能が制限されたWindows 10であり、ユーザーが任意のソフトウェアを利用できない可能性があります。     販売台数が伸びなかった「Surface RT」もWindowsストアに公開されているソフトウェアしか利用できなことが欠点でありましたが、Microsoftはどのような戦略で「Surfae Cloudbook」を売り上げていくのか謎が深まるばかりです。 [DigiTimes]
Read More
Qualcomm、MicrosoftとARMノートPCを復活か – Surface CloudBook

iPhone 8の金型と新たな図面が流出

20174月29日にAppleから販売されるプレミアムモデルであるiPhone 8とみられる金型とあらたな図面が流出していることがわかりました。     なお、金型にはTouch IDが見受けられたため、画面一体型指紋認証システムのものだと推測されている。     iPhone 8のリーク元 今回のリーク情報は、iPhone 8のリーク情報で有名なLEAKSにより発覚しました。     同誌は、iPhone 8とみられる金型を前面、背面共に公開しておりiPhone 8の全体を確認することができます。     さらに、金型の図面も同時に公開しており、金型ではわからない側面部分を確認することができる。     iPhone 8の金型 今回LEAKSにより流出したiPhone 8とみられる画像は、前面と背面を合わせて2枚あります。     まずは、こちらが前面の金型となる。       前面の金型については、Touch IDと思われる穴が見受けられないことがわかります。     さらに上部「Smart Connector」のような穴が見受けられますが、フロントカメラや近接センサー、3Dセンサーなどが搭載されると推測されている。     また、フロントスピーカーが見受けられないことから、フロントスピーカーは画面の下に埋め込まれたデザインとなるのでしょうか。     そして、以下が背面の金型となる。       上部の左側にデュアルカメラが搭載されるであろうくぼみが確認できます。     さらに、デュアルカメラの下にSIMカードスロットと思われる空間が用意されているように見受けられます。     また、本体の真ん中にTouch IDと思われる穴が見受けられないことから、画面一体型指紋認証システムを搭載したiPhone 8の金型であると言われている。   iPhone 8の図面 金型と一緒に金型の図面も同時に公開されております。     図面には細かい数値が見受けられ、各部品の寸法を知ることができる。     図面から推測するに、iPhone 8の厚みは約12mmであることがわかります。     また、デュアルカメラ部分に着目すると、2つのカメラ用と思われる穴とその間にも穴が確認できます。     カメラの真ん中にある穴は、LEDフラッシュ用の穴であると予測できるが、この図面からはマイク用の穴が見受けられないのが気がかりだ。     さらにLightningコネクタと思われる穴に着目しても、スピーカーと気圧センサー用の穴が見受けられません。     今回のリーク画像は、出処が不明なため信憑性は低いものだと推測されます。 [LEAKS]
Read More
iPhone 8の金型と新たな図面が流出

Microsoft、「Windows 10 Creators Update」の配信を一時中断 – 不具合が原因か

米国時間2017年4月25日にMicrosoftは、先日公開したばかりのWindows 10向けの大型アップグレード「Windows 10 Creators Update」の配信を一時中断することを発表致しました。   Microsoftは、中断した理由を「不具合をきたす恐れがある」としている。     Windows 10 Creators Updateとは? 「Windows 10 Creators Update」とは、Microsoftが2017年4月11日公開したWindows 10向けの大型アップデートとなっている。     「Windows 10 Creators Update」は、主にゲーマーや映像関連に特化した内容となっている。     ゲームを実況するためのキャプチャ機能やゲームモードを搭載しており、Windows 10一つでゲーム配信に必要な要素が一通り揃うことになりました。         映像関連での機能は、ペイントが3Dに対応したほか、MR(複合現実)ヘッドセットである「HoloLens」のサポートが行われるなど様々な要素が追加されている。     [blogcard url="http://news-coffee.com/2017/03/30/windows-10%e3%80%81creators-update%e3%81%af%ef%bc%94%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%91%e6%97%a5%e3%81%ab%e9%85%8d%e4%bf%a1%e6%b1%ba%e5%ae%9a/"]   [blogcard url="http://news-coffee.com/2017/04/12/microsoft%e3%80%81windows-10-creators-update%e3%82%92%e9%85%8d%e4%bf%a1%e9%96%8b%e5%a7%8b/2"]     配信を中断した理由 本日まで第3者による「Windows 10 Creators Update」に関する不具合は報告されておりませんが、Microsoftは「不具合をきたす恐れがある」としてアップデートを一時中断している。     Microsoftによると、一部のBroadcom製のワイヤレスディバイスを使用した環境で、Bluetoothディバイスとの通信が不安定になり、再接続が不可能になる現象を確認しているとコメントしている。     この問題を理由にMicrosoftは、一時的に「Windows 10 Creators Update」の配信を一時中断し、不具合の修正に取り掛かっているようだ。     同社は、今後もユーザーからのフィールドバックにより発覚した問題の解決に取り組んでいきたいとコメントしている。     Windows 10 Creators Updateを利用するためには 現在Microsoftは「Windows 10 Creators Update」を「Windows
Read More
Microsoft、「Windows 10 Creators Update」の配信を一時中断 – 不具合が原因か

Nintendo、2017年中にスマートフォン向け「どうぶつの森」をリリースか

2017年4月29日にNintendoは、第77期の決算説明会を開催し、2017年度に同社のスマートフォンアプリケーションを2、3タイトルリリースすることを発表致しました。     決算説明会の内容 決算説明会では、Nintendoが新たに発売した「Nintendo Switch」や「スーパーマリオラン」、「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」について触れました。     中でも「Nintendo Switch」は好調のようで、当初の計画では、3月までに200万台を出荷予定だったようだが、274万台を出荷することが出来たようだ。     さらに、「Nintendo Switch」生産設備を強化し、年末商戦期にむけて改善することを発表しております。     スマートディバイスビジネスについては、「スーパーマリオラン」を中心として、今後のビジネス拡大のための手応えを得ることが出来たようだ。     決算説明会では、「スーパーマリオラン」がiOSとAndroidを含めて1億5000万ダウンロードを突破する見通しで、アプリ内課金の購入者数も増加傾向にあるようだ。     さらに2017年3月には、Ver2.0となるメジャーアップデートを配信し、無料で遊べる範囲を広げ、更なるユーザー確保ができる見通しだ。     そして、2017年中に2〜3つの新たなタイトルをリリース予定であることを明らかにしました。     2017年に公開されるアプリケーションは? 残念ながら本日の決算説明会では、具体的にどのタイトルをリリース予定であるかまでは発表されませんでした。     しかし、多くのメディアやゲーマーによると、3つのタイトルのうちの1つは「どうぶつの森」シリーズではないかと噂されております。     さらに2つ目のタイトルについては「ファイアーエンブレム」ではないかと推測されております。     なおすでにNintendoは、2017年2月2日に「ファイアーエンブレムヒーローズ」をリリースしており、最低でもあと1タイトルがサービスインされる見通しだ。     [blogcard url="https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nintendo.zaba&hl=ja"]     「どうぶつの森」がスマートフォンアプリケーションへ移行すれば、間違いなくNintendoに大きな利益が入ってくるでしょう。     この噂の根拠は、去年にTwitterにてNintendoがTweetした内容が挙げられる。     なお、「ファイアーエムブレム」と「どうぶつの森」のスマートデバイス向け2タイトルは、「SUPER MARIO RUN(スーパーマリオラン)」に続くタイトルとして、2017年3月までに配信を開始します。 — 任天堂株式会社 (@Nintendo) 2016年9月7日 このTweetの内容では、すでにスマートフォン版「どうぶつの森」が配信されることになっているが、実はNintendoはアプリケーションの配信を延期している。     どうぶつの森の配信延期 Nintendoは、スマートフォン版「どうぶつの森」の配信を当初予定していた2017年3月中から延期したことを発表した。         延期を行った理由は、2017年2月2日にリリースした「ファイアーエンブレムヒーローズ」と2017年3月に配信予定の Android版「スーパーマリオラン」の運営対応のためだとコメントしております。     その後、Nintendoはスマートフォン版「どうぶつの森」の新たな配信予定は2017年度中であると発表致しました。     延期の理由や今回の決算説明会の内容から見て、「ファイアーエンブレムヒーローズ」の運営が落ち着いた頃に配信されるようだ。     その為、そう遠くないうちにスマートフォン版「どうぶつの森」が配信されるかもしれません。 [決算説明会資料 - PDF]
Read More
Nintendo、2017年中にスマートフォン向け「どうぶつの森」をリリースか

Apple、Siriをベースとした音声アシスタントディバイスをWWDC 2017で発表か

2017年4月29日にAppleは、Amazonが提供している「Amazon Echo」のようなスピーカー型の音声アシスタントディバイスを、WWDC 2017で発表される可能性があることがわかりました。     Appleの音声アシスタントディバイスは、Siriをベースとして作成されるとのこと。     近年の音声アシスタントシステム 近年で有名な音声アシスタントシステムにAmazonから販売されている人工知能を搭載したスピーカー「Amazon Echo」が挙げられております。     さらにAmazonは、「Amazon Alexa」にも使われている「Amazon Lex」をデベロッパー向けに公開しており、2017年は音声アシスタントの年だとも言えるでしょう。     [blogcard url="http://news-coffee.com/2017/04/24/amazon%e3%80%81amazon-lex%e3%82%92%e3%83%87%e3%83%99%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%91%e3%83%bc%e3%81%b8%e9%96%8b%e6%94%be-amazon-les%e3%81%a8alexa%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%81%af%ef%bc%9f/"]     近年Appleは、iPhoneやiPadばかりに力を入れており、アシスタントシステムなどの分野が、おろそかになっていると言われておりました。     しかし本日のリーク情報では、AppleがSiriやAirPlayなどの技術を応用した新しい音声アシスタントディバイスを「WWDC 2017」で販売される可能性があることが明らかとなりました。     WWDC 2017で登場する音声アシスタントディバイスは? Appleが「WWDC 2017」で発表されると言われているディバイスは、「Amazon Echo」のようなスピーカー型の音声アシスタントディバイスだと噂されております。     この情報は、リーク情報で有名なソニー・ディクソン氏が、TwitterにてMacRumosに対してTweetしたことで明らかとなりました。     Apple is currently finalising designs for their Alexa competitor, expected to be marketed as a Siri/AirPlay device. — Sonny Dickson (@SonnyDickson)
Read More
Apple、Siriをベースとした音声アシスタントディバイスをWWDC 2017で発表か

Facebook、「Messenger」の軽量版である「Messenger Lite」を日本でも利用可能へ

2017年4月28日にFacebookは、同社のAndroidアプリケーション「Messenger」の軽量版であるMessenger Lite」を一部地位で提供しておりましたが、本日から日本でも配信開始されたことが明らかとなりました。     Messenger Liteが配信された経緯 「Messenger Lite」は、Facebookが古くから提供している「Messenger」の軽量版となっている。       Facebookが提供しているアプリケーションの多くは、インストールすると動作が重くなるアプリケーションランキングで上位に位置している。     このランキングは、主催者が異なっていても同じ結果が得られることで有名だ。     多くの場合、「Facebook」が1位にランクインし、「Messenger」は10位にランクインしております。     Facebook側も、同社のアプリケーションがスマートフォンのパフォーマンスを落としていることは認知しており、一部の地域で「Messenger」の軽量版である「Messenger Lite」の試験運用をしておりました。     そして本日、ようやく日本でも「Messenger Lite」が利用できるようになりました。   Messenger Liteの特徴 「Messenger  Lite」は「Messenger」よりも容量が小さくなり10MB以下に収まっております。         さらにインターネットの通信速度が遅い場所や、スペックの低い古いスマートフォンやタブレットでもスムーズに利用することができるようだ。     通常版である「Messenger」と同様に、絵文字やスタンプ、オンライン中と表す緑色のアイコンも従来通り利用することが出来ます。     さらにグループメンバーの削除や閲覧なども可能となっており、不便なく「Messenger」として利用することができます。     なお、現在のところAndroid版のみ公開されており、iOS版については提供予定は今のところ無いようです。     SNSサービスの軽量化 2017年に入りSNSサービスの軽量化が目立つようになりました。     2017年4月9日にTwitterは、Twitterの軽量版である「Twitter Lite」をリリースしております。     [blogcard url="http://news-coffee.com/2017/04/09/twitter%e3%80%81%e8%bb%bd%e9%87%8f%e7%89%88%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e3%80%8ctwitter-lite%e3%80%8d%e3%82%92%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9/"]     「Twitter Lite」は、アプリケーションではなくモバイルブラウザにて機能することができるため、アプリケーションをインストールする手間が無いことが特徴的だ。     本家である「Facebook」アプリケーションの軽量化を行う方法には、「Facebook Lite」というアプリケーションを使う方法とモバイルブラウザで対処する方法がある。     Facebookをモバイルブラウザで利用することによりスマートフォンのパフォーマンスを損なわずに利用することができるようだ。     さらにAndroid版Google Chromeの機能である「通知機能」を活用することで、友達申請などの通知を即座に受け取ることが出来ます。   各アプリケーションは、以下のリンクからインストールすることが出来ます。   [blogcard url="https://play.google.com/store/apps/details?id=com.facebook.mlite&hl=ja"] [blogcard url="https://play.google.com/store/apps/details?id=com.facebook.lite&hl=ja"]
Read More
Facebook、「Messenger」の軽量版である「Messenger Lite」を日本でも利用可能へ

iPhone 8、ワイヤレス充電機能と2つのバッテリーを内蔵か

2017年4月28日にAppleから販売されるプレミアムモデルであるiPhoneと思われる図面が2017年4月27日リークされましたが、より詳細な画像が公開されたことが明らかとなりました。   新しい図面では、ワイヤレス充電機能を搭載し、バッテリーを2つ搭載していると言われております。   新しい図面 2017年4月27日公開されたリーク画像は、図面のみが公開されており部品と思われる箇所が幾つか見受けられたが、詳細な情報はありませんでした。   [blogcard url="http://news-coffee.com/2017/04/27/iphone-8%e3%81%ae%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e5%9b%b3%e9%9d%a2%e3%81%8c%e5%90%84%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%81%8b%e3%82%89%e6%b5%81%e5%87%ba-%e3%82%84%e3%81%af%e3%82%8a%e3%83%af/"]   本日、中国のWeiboが公開した画像は、昨日公開された図面よりも詳細な情報が記載されていることが明らかとなりました。     昨日公開された画像とはロジックボードが少々異なっておりますが、デュアルカメラやタプティックエンジンなどの一を見る限り、概ね一致しております。     図面には部品名称が書かれており、昨日の図面よりも詳細な情報が記載されたのでアップデートされた部品に着目してみました。     やはりワイヤレス充電機能を採用か 公開された図面を見てみると、真ん中あたりにある丸い部品がqi規格の部品であると記載されている。   Appleは2017年2月14日にワイヤレス充電充電規格qi(チー)の仕様を策定している業界団体「Wireless Power Consortium(WPC)」に参加したことが明らかとなっている。   [blogcard url="http://news-coffee.com/2017/02/14/apple%e3%80%81qi%e3%81%ae%e6%a5%ad%e7%95%8c%e5%9b%a3%e4%bd%93wpc%e3%81%ab%e5%8f%82%e5%8a%a0%ef%bc%81%e6%ac%a1%e6%9c%9fiphone%e3%81%afqi%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%ac/"]     その為、AppleがiPhone8にqi規格によるワイヤレス充電機能を採用することにあまり驚かないが、Appleは「Apple Watch」のような独自規格のワイヤレス充電機能が採用されると噂されておりました。   ですので、AppleがQi規格を採用する可能性は、低いと予測されていたため多少の違和感がある。   「Apple Watch」の充電規格は、qi規格をベースと開発していることから、qi規格の部品を使っているがAppleから販売されるワイヤレス充電器でしか充電できない可能性もある。   バッテリーを2つ内蔵か 今回の画像を公開したCDSQによると、プレミアムモデルであるiPhoen 8には2つのバッテリーが搭載されるようだ。   2つのバッテリーは、縦向きのバッテリーと横向きのバッテリーで構成されているようだ。   仮設として、縦向きのバッテリーは従来までと同様にLightningケーブルによる充電を行い、横向きのバッテリーについてはqi充電(ワイヤレス充電)専用のバッテリーではないかと予測されております。   また、今回の新しい図面にもTouch IDと思われる部品が見受けられないため、画面一体型指紋認証システムを採用したプロトタイプの図面であると推測されます。   是非とも、リークされた構成でiPhone  8を販売してほしいところですね。 [微博, Weibo]
Read More
iPhone 8、ワイヤレス充電機能と2つのバッテリーを内蔵か

日本IBM、28日から2日間に渡り「IBM Watson Summit 2017を開催」 – Watson

2017年4月28日~4月29日にかけて日本IBMは、同社のAIシステムであるWatsonを題材としたサミット「IBM Watson Summit 2017」を開催していることがわかりました。   「IBM Watson Summit 2017」は、東京高輪グランドプリンスホテル新高輪国際館パミールにて開催されております。   IBM Watson Summit 2017の開催 IBMは、経営変革に挑むビジネスリーダーを対象としたイベント「IBM Watson Summit 2017」を2017年4月28日~2017年4月29日の2日間にわたり開催することを発表した。   IBMによるとサミットを開催した目的は、同社のAIである「Watson」を使用することで経営革命を起こすとしている。   サミットでは、「Watson」と「IBMクラウド」を活用することによるデモンストレーションも用意しているようだ。     開催初日には、2017年4月に日本IBMの社長に着任したばかりの「リー・キーナン氏」が登壇したようだ。     リー・キーナン氏が、日本IBMの社長として報道陣の前で言葉を発したのは、今回が初めてとなるようだ。   IBM Watson Summit 2017のテーマ リー・キーナン氏は、去年開催された「IBM Watson Summit 2016」では、AIとは何かというテーマを掲げて開催したと発言している。   これを踏まえ同氏は「IBM Watson Summit 2017では、企業および社会に対し、どのように活用していくか」をテーマとして開催したとコメントしている。   同社のAIである「Watson」に注目が集まった出来事は、2011年に開催されたクイズ王を決めるイベントが挙げられます。   2011年に「Watson」は当時のクイズ王に勝利し、それ以降、多くのメディアや企業が人工知能の分野に注目しました。   その後も「Watson」は進化を続け、2016年までには4億人ものユーザーが関わっていると同氏は分析している。   さらにリー・キーナン氏は、2017年には、10億人ものユーザーが「Watson」と関わりを持つだろうとコメントしている。   Watsonが成功する秘訣 リー・キーナン氏によると、「Watson」には成功する秘訣が3つあるとしている。     1つ目は、コグニティブに重点を置き、様々な業界に対して提案できる強みがあったとコメントしている。   同社の言う「コグニティブ」とは、コグニティブ・コンピューティングと言われており、「コンピュータが自ら考え、学習し、答えを導き出すシステム」を指しております。   これにより英語や日本語などといった自然言語をシステムが認識し、質問の応答や接客業務をシステムが担当することができる。   このコグニティブと、IBMのノウハウを活かした提案が1つ目の成功の秘訣であるようだ。   2つ目は、「Data First Platform」を意識したことっだ。   「Watson」に使われるデータの2割は、インターネットから引用しているが、残りの8割はIBMの経験値で構築されているようだ。   IBMによると、この8割のデータを守ることで「Watson」を他社のAIよりも優位に立つことができたとされている。   3つめは、エンタープライズストロングな環境を提供していることだ。   「Watson」の強みは、各企業が特化した分野を「Watson」のモニタリング能力により、企業へ新たな選択肢や拡張性を提供する機能が搭載されております。   企業が「Watson」を使うことで、時間や労力の無駄を削ぎ落とし、生産性の高く、安全な経営ができると述べております。 [マイナビニュース]
Read More
日本IBM、28日から2日間に渡り「IBM Watson Summit 2017を開催」 – Watson
2017/01/22

IT関連のトレンド記事を中心に発信しております。

 

スポンサーリンク

新着記事一覧

  1. 2017年4月30日 New
    米国時間2017年4月28日にARMは、2017年末にSnapdragon 835をベースとした新しいWindows 10ノートPCを投入することを発表しておりましたが、どうやら本当のようです。     MicrosoftとQualcomm 今回の情報によると新しいARMベースのノートPCは、Microsoftが新しいSurfaceシリースとして投入するようだ。     また、Surfaceシリーズの他にはLenovoが新しい「2-in-1」ディバイスとして登場するとされている。     ...
  2. 2017年4月30日 New
    20174月29日にAppleから販売されるプレミアムモデルであるiPhone 8とみられる金型とあらたな図面が流出していることがわかりました。     なお、金型にはTouch IDが見受けられたため、画面一体型指紋認証システムのものだと推測されている。     iPhone 8のリーク元 今回のリーク情報は、iPhone 8のリーク情報で有名なLEAKSにより発覚しました。     同誌は、iPhone 8とみられる金型を前面、背面共に公開しておりiPhone 8の全体を確認する...
  3. 2017年4月29日 New
    米国時間2017年4月25日にMicrosoftは、先日公開したばかりのWindows 10向けの大型アップグレード「Windows 10 Creators Update」の配信を一時中断することを発表致しました。   Microsoftは、中断した理由を「不具合をきたす恐れがある」としている。     Windows 10 Creators Updateとは? 「Windows 10 Creators Update」とは、Microsoftが2017年4月11日公開したWindows 10向けの大型アップデートとなっている。 &...
  4. 2017年4月29日 New
    2017年4月29日にNintendoは、第77期の決算説明会を開催し、2017年度に同社のスマートフォンアプリケーションを2、3タイトルリリースすることを発表致しました。     決算説明会の内容 決算説明会では、Nintendoが新たに発売した「Nintendo Switch」や「スーパーマリオラン」、「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」について触れました。     中でも「Nintendo Switch」は好調のようで、当初の計画では、3月までに200万台を出荷予定だったようだが、274万台を出荷することが出来た...
  5. 2017年4月29日 New
    2017年4月29日にAppleは、Amazonが提供している「Amazon Echo」のようなスピーカー型の音声アシスタントディバイスを、WWDC 2017で発表される可能性があることがわかりました。     Appleの音声アシスタントディバイスは、Siriをベースとして作成されるとのこと。     近年の音声アシスタントシステム 近年で有名な音声アシスタントシステムにAmazonから販売されている人工知能を搭載したスピーカー「Amazon Echo」が挙げられております。     ...

スポンサーリンク


ランキング

  1. 1位

    2017年1月31日
    Surface Pro 4の発表から1年以上が経過しました。 そんな中Surface3の販売終了などがありProシリーズもそろそろ登場する頃だろうということからまとめてみました。   発売日 Surfaceシリーズが毎年10月に発表される傾向にありますが、2016年10月に発表がなかったため、2017年1月〜4月までに発表される可能性が高いです。   イ...
  2. 2位

    2017年3月4日
    Microsoftは、MWCでSurface Pro 5の発表はしなかったが、その後に幾つかの新しいリーク情報があったようだ。         これまでのリーク情報 初めのリーク情報は、フランスのプレス・ハブの「win10-feature-surface-pro-5-z」というイメージ画像です。   &nbs...
  3. 3位

    2017年2月18日
    2017年2月18日にMicrosoft社から発売されるであろう「Surface Pro 5」の販売に関する噂が流れているものの、「Surface Pro 5」の存在を裏付ける情報がありませんでしたが、今回の情報でその存在が明らかになりました。         情報源であるSoftpediaによると、Microsoftのプロダク...
  4. 4位

    2017年4月9日 New
    現地時間2017年4月7日にWindows関連の情報に詳しいジャーナリストであるPaul Thurrott氏は、Microsoftから販売される「Surface Pro 5」にはIntelのKaby Lakeプロセッサを採用されることや、既存の充電コネクタが採用されることが新たにわかりました。       Surface Pro 5のプロセッサ ...
  5. 5位

    2017年2月2日
    結局Google pixelは日本で発売するの? 日本での発売は行う方向で動いているようです。   12月1日にGoogleが開催したVRとARに関する記者説明会がありました。   その説明会には米Googleのアーロン・ルーバー氏も来ておりその中で、「Google Pixelの日本発売について2017年になる」ことを示唆したようです。 &nbs...
Now Loading...

Now Loading...