2023年モデルMacbook Airが本命である理由-M2はスキップしてM3に準備せよ

目次

2022年もであるであるM2 Macbook Airは魅力的だがスキップした方が良い

Appleは、2022年モデルとしてM2チップ搭載のMacbook Airを販売開始しております。

M2 Macbook Airは、M1チップと比較してグラフィック関連の性能がアップしております。

さらにデザインの大幅な変更されており、ディスプレイのサイズアップや重量の軽減なども魅力的となっております。

しかしながら、これらのメリットを考えても2023年モデルMacbook AirことM3モデルまで待ったほうが良い理由を述べていきます。

2023年モデルであるM3 Macbook Airまで待った方が良い理由

2023年モデルに採用されるであるM3チップは、従来の5nmプロセスから3nmプロセスとなることが報じられております。

5nmプロセスで製造されることで、消費電力性能や処理性能がアップする特徴があります。

そのため1つ目の理由として、ファンレス設計のMacbook Airではとても重要な要素であり、バッテリー駆動時間の向上とパフォーマンスの増加だけではなく、排熱効率の高さもアップするでしょう。

2つ目の理由として、新型Macbook miniと新型Macbook Proの価格にて分かったことが、円高により2022年よりもわずかに価格が安くなっていることがわかっております。

以下の記事でも紹介しているが、新型Mac miniに関しては、8,000円の値下げが行われている。

断言はできないが、M3 Macbook Airが登場するドル円の為替次第ではM2 Macbook Airよりも安い価格として登場する可能性があります。

外部ディスプレイなどの制限がどうなるかも注目ポイント

ここからはリーク情報ではなく、「こうなったら嬉しい」の話になるが、M1/M2 Macbook Airは外部ディスプレイが1台しかサポートしておりません。

上で述べた通り、M3チップは5nmプロセスで製造されるためスペックアップが予想されます。

3つ目の理由として、外部ディスプレイの制限が緩和されて 2枚までの外部ディスプレイをサポートされると使い勝手が良くなるため、こちらを待望しても良いはずです。

しかしながら、外部ディスプレイの拡張はMacbook Proと製品的に競合するため、最近のAppleとしては変更する可能性が低いかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次