M2 Macbook mini 256GB、前モデルよりもSSD書き込み速度が低下へ-Macbook Proと同様

目次

M2 Mac miniのSSD書き込み速度が低下へ

メディアサイト「MacRumors」が報じている情報として、M2 Mac mini 256GBにてSSDへの書き込み速度がM1モデルと比較して低下していることが明らかとなりました。

MacRumors

YouTube チャンネル Brandon Geekabit が確認している情報で、M2 Mac miniにて分解を行っている。

分解動画では、これまでM1モデルにてSSDのストレージチップであるNANDを128GBでも2つ採用されていたのに対して、M2の256GBモデルでは1つに減らされていることが確認されました。

これにより、M2モデルではSSDへのアクセス速度が低速なることが説明できると報じられております。

逆にM1モデルは、複数のNANDを組み合わせることで高速化できておりました。

M2 Mac mini 256GBのSSDベンチマークは?

M2 Mac mini 256GBをBlackmagic Disk Speed Test ベンチマークアプリで計測した結果、読み込み速度と書き込み速度は約1,500Mbpsであったことが確認できております。

これは、前モデルよりも読み込みと書き込み速度が約30%から約50%も低下していることが明らかとなっております。

なお、これはあくまでもベンチマークの結果であり、日常使いとしてパフォーマンスに影響が必ずでるわけではありません。

ただし、OSの仕様として、物理的なメモリ容量が枯渇した場合に、一時的にSSDスペースを仮想メモリとして使用することがあるため、この際はパフォーマンスが低下することが考えられます。

特にメモリ8GBでストレージが256GBのユーザーは注意が必要です。

ベンチマークとしての速度低下を許容できないユーザーは、NANDチップ構成が変わらないM2 Mac mini 512GBまで拡張することで回避できます。

M2 Proチップを搭載したハイエンドモデルMac miniに関しては、512GBのストレージを搭載した基本モデルにはNANDチップが少なくとも1つ少ないようです。

そのため、AppleとしてはエントリーモデルからNANDチップを1つ除外していることが考えられます。

また、512GBモデルでもNANDをチップの削減によりストレージアクセス速度が前モデルより低下していることが確認できております。

Appleは過去にMacbook ProとMacbook AirからNANDチップを減らしている

過去にAppleは、M2 256GBを搭載した13インチMacbook ProとMacbook AirでもNANDチップを1つ減らしております。

これにより、すでにSSDの速度が両モデルでも低下していることが確認できております。

これに対してApple側の主張は、NANDチップを1つ減らしたがより高速なチップを採用していると説明しております。

具体的なApple側の説明としては、M2チップのパフォーマンス上昇のおかげで高速なNANDをチップを搭載していると発言していることから、今回のM2 Mac mini 256GBでも同じ理屈で減らしていることがわかります。

なお、直近で同時発表された新型Macbook Proでは、読み込み速度が低下し書き込み速度が上昇していることが判明しているため、興味がある方は以下の記事をご参照ください。

[MacRumors]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次