iPhone 15、新型MacとiPad Proと同じくWi-Fi 6Eに対応か-USB-Cも搭載か

目次

iPhone 15シリーズではWI-FI 6Eに対応

メディアサイト「MacRumors」によると2023年に登場するであるiPhone 15シリーズにてWi-Fi 6Eに対応することが報じられております。

Wi-Fi 6Eがサポートされるモデルは、iPhone 15シリーズすべてのモデルで利用可能となることが報じられております。

iPhone 14では、全てのモデルにてWi-Fi 6とされておりましたが、ようやくiPhone 15シリーズにて標準レベルが底上げされることが報じられております。

また、ヨーロッパの規制の関係でiPhone初となるUSB-Cポートの搭載の可能性もあります。

Wi-Fi 6Eが搭載されることがどうなるのか?

Wi-Fi 6は、2.4GHzと5GHz帯域でどうd擦るのに対してWi-Fi 6Eは6GHz帯域でも動作します。

高い周波数となるため、ワイヤレス通信速度の向上と遅延の低減、信号周波数の低減が可能となります。

Wi-Fi 6Eに対応しているメーカーは、TP-LinkやAsus、Netgearがグローバルでは人気となっております。

日本では、BuffaloやNECにてWi-Fi 6E対応のWi-Fiルーターが存在します。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次