iPhone 15 Pro、よりベゼルが細く-Apple Watchのようなデザインへ

iPhone 15 Proはベゼルが細くなることがリークされる

2023年1月22日にメディアサイト「Macrumors」がリーカーとして有名な「ShrimpApplePro」から得た情報として、「iPhone 15 Pro」は「iPhone 14 Pro」よりも細く湾曲したデザインが採用されること報じていることがわかりました。

「iPhone 15 Pro」は、これまでのiPhone Proから引き継き同じようなデザインが採用されるようです。

変更点としては、上でも述べたとおりよりスリムなベゼルと湾曲したエッジが採用されることが報じられております。

これは、「Apple Watch Series 7」や「Apple Watch Series 8」のようなデザインとなるようです。

ベゼルが薄くなることでディスプレイサイズのアップがわずかに実施されるかもしれません。

目次

iPhone 15はiPhone 14と同じディスプレイサイズ

ShrimpApplePro」の情報によると「iPhone 15」シリーズのディスプレイサイズは、「iPhone 14」シリーズから変更点がないようです。

そのため、「iPhone 12 mini」や「iPhone 13 mini」のような小さいディスプレサイズを採用したモデルは登場しないようです。

上で報じたとおり「iPhone 15 Pro」には細いベゼルが採用されるようですが、「iPhone 15」と「iPhone 15 Plux」にはデザイン変更が無い可能性が高そうです。

今回のリーク情報の元である「ShrimpApplePro」氏は、「iPhone 15 Pro」モデルにて湾曲したチタンフレームが採用されることを最初にリークした人物で知られているため、ある程度の信憑性があるとして認識してもよいかと思います。

なお、日本では円高方向に進んでいるため「iPhone 15」シリーズは「iPhone 14」シリーズよりも安く販売される可能性があります。

[Macrumors]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次