TOP

2020年8月6日 | テクノロジー

Google、リアルタイム翻訳が可能なワイヤレスイヤホンGoogle Pixel Budsを日本でも販売開始へ

2020年8月6日にGoogleが、リアルタイム翻訳が可能なワイヤレスイヤホン「Google Pixel Buds」を日本国内でも販売開始す...

2020年8月5日 | テクノロジー

Microsoft、米国内でTikTokを買収か-トランプ大統領が先人を切る

2020年8月5日にアメリカのドナルド・トランプ大統領が9月15日までに米国企業により買収されなければ、米国内でサービスを停止するとコメント...

2020年8月4日 | テクノロジー

Google、Google Pixel 4aを正式発表!4万2,900円で8月20日より日本でも販売開始へ

2020年8月4日にGoogleが、「Google Pixel 4a」を正式発表し、日本国内でも販売することがわかりました。 &nbs...

2020年8月3日 | テクノロジー

iPad Pro 11インチ 2021年モデルは登場しないかもしれない

2020年8月3日にAppleから、次期「iPad Pro 11インチ」である2021年モデルが登場しない可能性が明らかとなりました。 ...

2020年7月31日 | テクノロジー

Google、Google Pixel 4aを8月3日に発表することを正式発表!問題形式で発表へ

2020年7月31日にGoogleが、同社の新型スマートフォン「Google Pixel 4a」を2020年8月3日に販売会することを正式発...

2020年7月30日 | テクノロジー

第8世代iPod Touch、Touch IDまたはFace IDをいよいよ搭載か!iOS 14から見つかる

2020年7月30日にAppleからの販売が噂されている第8世代「iPod Touch」にてTouch IDが搭載される可能性が明らかとなり...

2017年4月24日

Apple、巻物型タブレットの特許が成立 – カメラやスピーカーなどの基本的なモジュールも搭載か

2017年4月24日にAppleが、巻物型タブレットの特許を米国特許商標庁(USPTO)へ出願し、米国時間4月18日に登録されたことが明らかとなりました。

 

巻物型のタブレットは、画面をクルクルと丸められるディスプレイを搭載しているとのこと。

 

 

 

巻物型タブレット

今回Appleが、米国特許商標庁(USPTO)へ出願した特許は、米国時間4月18日に「ELECTRONIC DEVICES WITH RETRACTABLE DISPLAYS」(特許番号「US 9,625,948 B2」)として登録されたようだ。

 

 

 

なお、出願日は2015年の8月24日となっており、公開日は2017年3月2日と記されている(公開特許番号「US 2017/0060183 A1」)。

 

 

今回、受理された特許の内容は、棒のようなハウジングと有機ELパネルと思われる柔軟性に優れたディスプレイで構成された新しい技術について記載されている。

 

 

ディスプレイは、巻物のように丸めることが可能であると記されている。

 

 

ハウジング部分には、現在販売されているタブレットにも搭載されているスピーカーやカメラ、マイク、バッテリーなどが内蔵されているようだ。

 

 

広げた状態では?

特許画像には、巻物型タブレットが広げた状態の画像が存在している。

 

 

 

広げた状態の画像からは、ハウジング部分にスピーカーとカメラのようなものが見受けられます。

 

 

 

ディスプレイを最大まで広げることで、2つスピーカーがユーザーの方へ向く形状になることから、迫力なる音声が実現できると推測されます。

 

持ち運びする場合は、上の画像のようにコンパクトにまとめることがだそうだ。

 

 

特許の内容には、ディスプレイに有機EL(OLED)と搭載するとは記載されていないが、タッチセンサーを搭載したディスプレイが採用されております。

 

 

横から見た画像

横から見た画像からは、左右のハウジングの断面図や有機ELパネルと思われるディスプレイの仕様について見て取れます。

 

 

巻物型タブレットは、中央に向かって丸めることでディスプレイを収納するスタイルを採用したようだ。

 

 

左右のハウジング部分に着目すると、左右で構造が異なっていることが明らかである。

 

 

その為、左右のハウジングは異なる重さであると予想されます。

 

 

画像の左側のハウジングの中心に、矢印が記載されていることから、ディスプレイを自動で巻き取れるような工夫が施されているのでしょうか。

 

 

何れにせよ、まだ特許が受理された段階なので、これがiPadシリーズとして登場する可能性は、現在のところ高くはありません。

[Clnet]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)