TOP

iPhone 8、Touch IDは画面一体型でもなく背面でもない!? – 電源ボタンと一体型か

2017年5月23日にAppleから販売されるiPhone 8の金属型が新たに公開されていることが明らかとなりました。   新しい金属型から、iPhone 8のTouch IDが画面一体型でもなく、背面でもなく、電源ボタンと一体型されると報じられております。     新たな金属型が公開 Benjamin Geskin氏がTwitterにて、Apleから2017年中に発表されるであろう「iPhone 7s/7s Plus」と「iPhone 8」の公開したことが明らかとなりました。     iPhone X (#iPhone8) with iPhone 7s and 7s Plus. Form is 100% confirmed. Touch ID in power button or display. (99% NOT on the back)
Read More
iPhone 8、Touch IDは画面一体型でもなく背面でもない!? – 電源ボタンと一体型か

Microsoft、発表イベントの前に新型「Surface Pro」の新しいタイプカバーを先行公開

2017年5月22日にMicrosoftのパノス・パナイ氏は、2017年5月23日に開催予定のSurface関連のイベントを前に、新しい「Surface Pro」のタイプカバーを公開していることが明らかとなりました。     新しいタイプカバーを先行公開 Microsoftの在籍する「Surface」プロジェクトの創業者であるパノス・パナイ氏は、Twitterにて新しい「Surface Pro」のものと思われるタイプカバーの画像をツイートしていることが明らかとなりました。     Working session. 30 hours to go. #MicrosoftEvent #Surface #Shanghai https://t.co/u12oAeULxF pic.twitter.com/H1jQI1d94x — Panos Panay (@panos_panay) 2017年5月22日   パナイ氏は、イベントまでの時間は残り30時間というツイートとともに、4色の新しいタイプカバーを公開している。     公開された画像から、新しいタイプカバーは「Surface Laptop」と同じアルカンターラ素材が採用されるようだ。     また、タイプカバーのバックライトがキーの下にLEDを搭載しているのではなく、キーの文字が光っていることから、キー自体もアップデートされていると推測されます。     新しいSurface Proは4?5? 以前パイナ氏がTwitterにて、「Surface Pro 5と言われる製品は存在しない」とツイートしていることから、5月23日のイベントで「Surface Pro 5」は発表されないと推測される。     また、同氏によると現在販売されている「Surface Pro 4」は、5年間にわたり競争力を維持することができるとコメントしている。     つまり「Surface Pro 4」が販売されたのは、2015年なので、「Surface Pro 5」が販売されるのは、5年後の2020年となる。     そのため、5月23日に発表される新しい「Surface Pro」は、「Surface
Read More
Microsoft、発表イベントの前に新型「Surface Pro」の新しいタイプカバーを先行公開

Apple、iPhone 8の背面へTouch IDを採用か – 5月3日時点の画像がリーク

2017年5月22日にAppleから販売される「iPhone 8」に関する資料が流出し、背面に「Touch ID」が搭載されていることが明らかとなりました。     資料の日付は、2017年5月3日と書かれていることから最新の資料であることがわかります。     iPhone 8と思われる資料が流出 リーク情報で有名な /LEAKSは、Appleから2017年に発売されると噂されている「iPhone 8」に関する資料を入手したことを発表いたしました。       公開された資料のファイル名に着目すると、「20170503」と記載されていることがわかる。     その為、少なくとも資料が作成されたのは、「2017年5月3日」であり、つい最近であると予測されます。     そこで、今回リークされた画像を紐解いて見ました。   やっぱり背面にTouch ID移動? リークされた画像をみると、Appleのリンゴマークの下に、Touch IDと思われる穴が開けられていることがわかります。     Appleは、画面一体型指紋認証システムの開発を進めておりますが、進捗が良くないと噂されている。     そこで、「画面一体型指紋認証を搭載したモデル」と「Touch IDを背面へ移動させたモデル」の2つのプロトタイプを用意していると言われております。     しかし、2017年5月3日時点では、Appleが「画面一体型指紋認証を搭載したモデル」と「Touch IDを背面へ移動させたモデル」のうち、後者の開発が進んでいることがわかります。     Touch IDが背面へ移動させるデメリットに、机に置いたまま指紋認証を利用できない欠点が挙げられる。     さらに「Apple Pay」を利用するときは、Touch IDに指を置いたまま決算を済ませるのではなく、一度指紋認証を通した後にiPhoneをかざす必要が生じる。     その為、多くのユーザーは画面一体型指紋認証センサーの搭載をAppleに望んでおります。     カメラ周りの仕様は? 「iPhone 8」関連のリーク情報で、最も統一性がないモジュールはカメラ周りだ。     今回のリーク画像をみると、デュアルカメラの下に「マイク」と「LEDフラッシュ」が採用されていることがわかります。     ですが、他のリーク画像をみると、デュアルカメラの間に「マイク」と「LEDフラッシュ」が採用されているようです。     iPhone関連のリーク情報では、カメラ周りで信憑性が極めて高いリーク情報が存在すれば、現在挙がっているリーク情報の中からどれが信用できるか判断することが可能になる。     しかし、今回のリーク情報の正確な出所が不明なため、信憑性はかなり低いと推測されております。     ですが、iPhone 8の各モジュールは、間もなく量産体制に入ると噂されているため、Apple内部で仕様は固まっていると思われます。 [/LEAKS]
Read More
Apple、iPhone 8の背面へTouch IDを採用か – 5月3日時点の画像がリーク

Microsoft、Cortanaを搭載したスピーカー型ディバイス「Invoke」を2017年秋にリリースか

2017年5月20日にHarman Kardonは、Microsoftと共同開発した、音声アシスタント「Cortana」を搭載したスピーカー型ディバイス「Invoke」を発表したことが明らかとなりました。     なお、「Invoke」は、2017年秋にMirosoft Storeにて販売される予定です。     Invokeとは 「Invoke」とは、Harman KardonとMicrosoftが開発したスピーカー型ディバイス(スマートスピーカー)だ。         「Invoke」は、Microsoftの音声アシスタントシステム「Cortana」を採用している。     これにより、Amazonから販売されている「Amazon Echo」と同じように、音声により情報を得ることが可能になる。     なお「Invoke」は、2017年の秋にMicrosoft Storeにて米国のみで販売される予定だ。     Invokeの強み 「Invoke」は、ユーザーの声に応じてスケジュールやカレンダーの管理、スマートホーム対応ディバイス制御、音楽の再生、最新のニュース情報などを得ることができます。     「Invoke」の強みは、Microsoft関連のサービスを音声認識により、利用することが可能な点が挙げられる。     現在公開されている情報では、音声認識により「Skype」を利用することができるようだ。     音声アシスタント「Cortana」を通して、電話をかけたい相手へ通話をすることが加納だそうだ。     MicrosoftのAI製品部門VPを担当するJordi Ribas氏は次のように述べている。     Harman Kardon社と提携して制作したプレミアムオーディオのスタイリッシュなデザインと、Cortanaのインテリジェンスを組み合わせたスピーカーにワクワクしています。 Cortanaをさらに多くのデバイスに導入することで、ユーザーがどこにいても生産性を高めることが次のステップです     開発キットの公開 Microsoftは、シアトルで行ったデベロッパー向けカンファレンスで、CortanaスキルキットとCortanaソフトウェア開発キットを公開する予定であることを発表している。       この開発キットを利用することで、Cortanaを搭載しているすべての「Windows」や「Invoke」を含む「Cortana」を搭載したスピーカ型ディバイスのソフトウェアを開発することが可能になる。       これにより、開発されたソフトウェアはAmazonの「Amazon Echo」の数を大幅に越え、「Invoke」を搭載した多くのディバイスで動作することができる。     またMicrosoftによると、Cortanaは、「Alexa Skills Store」が提供している1万件以上のスキルを追加機能として提供予定であることをアナウンスしている。     Microsoftは、Amazonの「Amazon Alexa」よりも後出しで音声アシスタント事業へ参入しましたが、Amazonを越える日はそう遠くないかもしれません。 [THE BRIDGE]
Read More
Microsoft、Cortanaを搭載したスピーカー型ディバイス「Invoke」を2017年秋にリリースか

Intel、HDDを高速化する「Intel Optane Memory」の32GBモデルを発売

2017年5月20日にIntelは、HDD向けキャッシュ用の「M.2」規格を採用した「Intel Optane Memory」を発表したことが明らかとなりました。     なお、16GBモデルの型番は2017年4月末に、すでに発売されております。     Intel Optane Memory 32GBを発売 2017年5月20日にIntelは、新しいメモリ技術「3D Xprint」を採用したキャッシュ専用SSD「Intel Optane Memory」へ、新たに32GBモデルとラインアップに追加したことを発表致しました。     「Intel Optane Memory」の32GBモデルの型番は、「MEMPEK1W032GAXT」となっております。     なお、16GBモデルの型番は「MEMPEK1W016GAXT」となっており、2017年4月末に、すでに発売されております。     Intel Optane Memoryとは HDDやSSDの多くは、SATA規格によりマザーボードと接続されます。     しかし、これではキャッシュが発生するごとに高速なロードを行えないため、パソコンのパフォーマンスを最大まで向上させることはできません。     この問題を解決するために「Intel Optane Memory」は、キャッシュ専用のSSDとして開発されました。     「Intel Optane Memory」とHDDやSSDを組み合わせることで、パソコンのパフォーマンスを大幅に向上させることが可能になります。     なお、インターフェースは「PCI Express(3.0) x2」を採用し、フォームファクターは「M.2 2280」となります。     SSDとしてのスペックは、以下のとおりとなる。     シーケンシャルリード:最大1350MB/sec シーケンシャルライト:最大290MB/sec ランダムリード4K:最大24万IOPS ランダムライト:最大5万5000IOPS MTBF:160万時間     動作環境 動作環境は、Intelの第7世代のCoreプロセッサーとPCHを利用できる「PCI Express×2」または、「PCI Express×4」規格の「M.2」スロットが必要となる。     さらにマザーボードは、Intel 200シリーズ・チップセット搭載モデルも利用条件に加えられている。     なおドライバーは、Intelが配信しているRST(Rapid Storage Technology)15.5以降を適応する必要があります。     「Intel
Read More
Intel、HDDを高速化する「Intel Optane Memory」の32GBモデルを発売

次期Apple Watch!? – ベルトと画面が一体型になるかも

現地時間2017年5月18日にAppleが特許申請した内容を米特許商標庁(USPO)が公開しており、その中に次期Apple Watchの情報も公開されていることが明らかとなりました。     ウィロー・ガラスを採用 米特許商標庁(USPTO)が公開したAppleの特許申請に、Corming社が新たに開発した技術「ウィロー・ガラス」に関する情報が公開されている。       Corming社は、多くのスマートフォンに採用されている強度のがあるガラス「ゴリラガラス」で有名だ。     Corming社が開発した「ウィロー・ガラス」は、非常にしなやかなガラスであり、重要も軽いく、厚さも薄い。     「ウィロー・ガラス」が採用されれば、Apple Watchの素材がガラスになるため、高級感が増すでしょう。     ベルトにもディスプレイ 公開された特許申請には、次期Apple Watchのディスプレイがベルト部分まで伸びている事がわかる。     特許申請には、ディスプレイはベルトや止め金具まで含むと書かれているため、デザインの信憑性については間違いないだろう。     またディスプレイは、ベルトや止め金具を含めて、一体型するようだ。     公開された情報には、バックライトと制御用マイクロチップの配置図も公開されている。       この図を見る限り、やはりディスプレイは文字盤からベルトまで一体型されたディスプレイとなるようだ。     次期Apple Watchに関する噂 次期Apple Watchは、BluetoothのほかにもLTE回線を利用することが出来るようになると噂されている。     これによりApple Watchは、iPhoneに依存せず単体で機能することが可能だ。     また、Apple Musicと組み合わせれば、iPhoneを介さずに音楽を聞くことも可能になる見込みとなっている。     ですが、Apple WatchがLTE回線を利用できるようになると、幾つかのデメリットが挙げられる。     一つ目は、バッテリー駆動時間だ。     Apple Watchのバッテリー駆動時間は、お世辞にも長いとは言えないだろう。     LTE回線に対応すると、尚更バッテリー駆動時間が短くなることが懸念されます。     2つ目は、価格だ。     Apple Watchは、他のウェアラブルディバイスよりも若干高額だ。     LTE対応版Apple Watchが登場すれば、間違いなく高額になるだろう。     さらにネット上では、Apple WatchがLTEに対応しても、結局はBluetoothによりiPhoneと繋げることになり、LTEに回線を利用する場面はほぼ無いだろうと言われている。     Appleは、LTE対応版Apple WatchにMacBookのTouch Barモデルと非Touch Barモデルのように、スペック面でも差別化しなければ、需要を生み出すことができないと予測されている。 [Patently Apple]
Read More
次期Apple Watch!? – ベルトと画面が一体型になるかも

Google、VRプラットフォームDaydream 2.0「Euphrates」(ユーフラテス)を発表

2017年5月20日にGoogleがモバイル向けVRプラットフォームDaydreamの最新バージョン、Daydream 2.0「Euphrates」(ユーフラテス)を新たに発表致しました。       モバイルVRプラットフォームDaydreamとは 「モバイルVRプラットフォームDaydream」は、「Google I/O 2016」にて発表され、高画質なモバイル向けVRを作成することができるプラットフォームだ。             「モバイルVRプラットフォームDaydream」は、「Android Nougat」から対応されたこともあり、新しい技術となっております。       Googleは、「Android Nugat」からOS単位で「VRモード」を組み込んでおり、20ミリ秒のレイテンシー(遅延)を実現することができるようだ。 (人間が違和感無く、VR体験をするためには、レイテンシー20ミリ以下である必要があります。)       また、ゲームエンジン「Unreal Engine 4」と「Unity」にも対応しており、スマートフォン単体で高品質なVRゲームを体感することが可能となりました。     Daydream 2.0「Euphrates」 Googleは、「Goolge I/O 2017」にて新しくDaydream 2.0としてコードネーム「Euphrates」を発表しました。     「Euphrates」でアップデートされた機能に、「単体ヘッドセットの対応」や「VR共有機能の強化」、「VRネイティブなユーザーインターフェースの強化」が挙げられます。       この3つの機能に着目して、「Euphrates」の変更点を見てみよう。   スタンドアロン型 Daydream VRヘッドセット Googleは、開発者向けイベント「Google I/O 2017」にて、スタンドアロン型のDaydream VRヘッドセットの存在を公開しました。     「Goolge I/O 2017」では、HTCとLenovoからスタンドアロン型のVRヘッドセットが発売される予定です。     スタンドアロン型のDaydream VRヘッドセットは、「Tango」と共同開発した「Worldsense」技術を搭載しております。     「Worldsense」により、外部に設置されたカメラやセンサーにより、正確にユーザーの動きを認識・追従するインサイドアウト式 トラッキングにようやく対応することができた。       「Euphrates」は、ヘッドセットに内蔵されている「Snapdragon 835」や地磁気、ジャイロセンサーなどにも対応している。     さらに、Daydream専用コントローラ用の「エルボーモデル」を組み合わせることで、ユーザーの腕の状態まで認識することが可能だ。       これらの最新技術により、野球のようなボールを打ったり投げたりと言ったVR体験が可能となります。     VR共有機能の強化 「Euphrates」からVRアプリケーションのキャプチャや動画キャプチャにようやく対応しました。     さらに、「Google Cast」へキャストする機能も追加されるとのこと。     キャスト機能の対応により、ヘッドセットを装着しているユーザーが、どのようなVR体験をしているかが分かるようになりました。     これにより、「今何が見えてる?」などといった質問が消えることになります。       VRネイティブなユーザーインターフェースの強化 スマートフォンを利用するVRの最大の欠点は、ユーザーインタフェースの悪さだ。     コンテンツを選択するためには、VRヘッドセットをいちいち外さなければならない欠点がある。     「Euphrates」からようやくDaydreamのままAndroid システムUIへアクセスすることができるようです。       これにより、VRコンテンツを終了せずに、スマートフォンの通知を確認したり、設定をクイック変更することが可能になりました。       また、VRのネイティブ体験の共有としてDaydream版YouTubeも公開されました。     これにより、VR空間で他のユーザーが見ている動画を確認したり、VR上で川をすることが可能になるようです。     Googleによると、Daydreamに対応するスマートフォンは、2017年中には数千台になる見込みであるとコメントしております。 [engadget]  
Read More
Google、VRプラットフォームDaydream 2.0「Euphrates」(ユーフラテス)を発表

Apple、すでに10.5インチ版iPad Proを量産中か

2017年5月19日にAppleが新たに開発している「10.5インチ版iPad Pro」が2017年3月~4月に量産を開始されていることが新たに分かりました。     また、やはりiPad miniの新しいモデルは登場しないようです。     10.5インチ型iPad Proの量産開始 DigiTimesによるとAppleは、すでに新しい「10.5インチ型iPad Pro」の量産を始めているようだ。       同誌の得たサプライチェーンからの情報によると、「10.5インチ型iPad Pro」のサプライチェーンの出荷台数が増加していることが確認されております。     「10.5インチ型iPad Pro」の出荷量は、7月には60万台まで増加し、年間出荷台数は500万台に到達すると報じられている。     また同誌によると、市場ウォッチャーから以下の情報を得ることができたようです。       Appleが最近になって安価な9.7インチのiPadを発売したことで、タブレットの需要は第2四半期末から強く回復し、第3四半期にピークに達しました。 6月のiPadの出荷台数は、7月には400万台を超えるみこみだ。     このことから、廉価版iPadが好調であり、Appleのタブレットのブランド力は健在であることがわかります。   12.9インチのiPad Proは? Appleは、「10.5インチ型iPad Pro」のほかにも「12.9インチ型iPad Pro」もアップグレードする予定であると噂されております。     しかし、同誌によるとAppleは「10.5インチ型のiPad Pro」の量産をまだ実施していないようだ。     Appleの量産スケジュールは、今だ入手されておりませんが、おそらく6月には安定した出荷量で生産されてくと予測されております。     そのため、今年の第3四半期には何かしらの情報が入ってくると推測される。     iPad miniの廃止 Appleのサプライチェーンからの情報によると、安価な「9.7インチ型のiPad」はiPad mini 4の代わりになると予測されている。     そのため今後、新しいiPad miniが発表される可能性は低いと推測されております。     悲しいことにAppleが新しい製品戦略を繰り広げているにもかかわらず、2017年のiPadの出荷量は2016年よりも減少している。     このことから、タブレット市場自体が衰退していることがわかります。     今後Appleは、消費者受けが良い廉価版モデルと従来どおりのモデルで市場に対応していくと予測されます。 [DitiTime]
Read More
Apple、すでに10.5インチ版iPad Proを量産中か

  1. 2017年5月1日 New
    2017年5月1日にGoogleが、セキュアデアはないHTTPページ」を対象に、「Not Secure」というメッセージ表示を2017年10月にリリース予定である「Google Chrome 62」にて実装することがわかりました。     ChromeとHTTP Googleは、以前からセキュアではないHTTPページに警告を発信している。     Googleは、2017年1月にリリースした「Google Chrome 56」にて、セキュアではないHTTPページを開くとページの安全性について警告表示する機能を実装している...
  2. 2017年4月22日 New
    2017年4月21日にGoogleが提供しているウェブブラウザーである「Google Chrome」にネガティブな広告のブロック機能が導入されることが明らかとなりました。     広告のブロック機能 Googleが「Google Chrome」用に導入される広告のブロック機能は、モバイル版とデスクトップ版の両方に提供される可能性が高いと報じられております。       広告のブロック機能は、業界団体Coalition for Better Adsが不適切だと判断したネイティブな広告コンテンツをブロ...
  3. 2017年3月31日
    現地時間2017年3月30日に米Googleは、同社が提供しているGoogle ChromeシリーズのAndroid向けWEBブラウザ「Google Chrome 57」の安定版と、「Google Chrome OS 57」の安定版をアップデートしたことが新たにわかりました。       Google Chrome 57 今回のGoogle Chrome 57は、主に脆弱性を修正した安定バージョンとなっている。       Googleのブログによると、デスクトップ向けに「Google C...
  4. 2017年3月27日
    2017年3月27日にAppleは、17歳未満のユーザーを対象に、iPhoneやiPadなどのiOS端末でTwitterやGoogle Ghrome、Firefox、Opera MiniといったWEBブラウザーの利用を制限していることが明らかとなりました。       なお、2017年3月27日(現在)は、Twitterが12歳未満、Google ChromeやFirefox、Opera Miniは3歳上からダウンロードが可能となっている。         App Store...
  5. 2017年3月15日
    2017年3月15日にGoogleは、iOS版Chromeにて、オフラインでも読める新機能として「リーディング リスト」に対応したことが明らかとなりました。       これにより圏外状況下でのWEBページの閲覧可能になり、iPod Touchのようにモバイル通信機能が搭載されていない端末でも前もって「リーディング リスト」へ追加することにより、いつでも閲覧することが可能となりました。       リーディング リスト リーディング リストに対応したGoogle Chromeのバージョンは...
Now Loading...

Now Loading...