TOP

Amazon、食料雑貨を扱うドライブスルー店舗「Fresh Pickup」をオープン!

2017年5月28日にAmazonは、食料雑貨を取り扱うドライブスルー店舗「Fresh Pickup」をオープンしたことが明らかとなりました。     Fresh Pickupをオープン 米Amazonは、シアトルにてドライブスルーを目的としたAmazonの実店舗「Fresh Pickup」をオープンしたことが明らかとなりました。     米Amazonによると、店舗に入りレジで支払うなどのいった一連の行為が不要になるため、短期間で商品を購入することが可能だという。     そのため「Fresh Pickup」は、共働きにより、少しでも時間が惜しい層を対象としたサービスとなっている。     Amazonは、本日まで「Fresh Pickup」を社内の従業員によりテストを開始してきており、シアトルの2店舗でようやく一般へ公開されました。     なお「Fresh Pickup」は、Amazonプレミアムに加入していることと、生鮮食品を取り扱う「Amazon Fresh」の会員であれば利用することが可能だ。     Amazonプレミアムと「Amazon Fresh」については、有料サービスですが、「Fresh Pickup」の手数料はかからないとのこと。     支払い方法 「Fresh Pickup」の利用方法は、予めAmazonでオンライン注文し、ユーザーは「Fresh Pickup」の実店舗へ向かいます。     その後、注文を受けたスタッフは、ユーザーの依頼の品を袋に詰めてスタンバイする。     「Fresh Pickup」の実店舗に到着したユーザーは、ドライブスルー形式に乗取り、車から降りずに商品を受け取ることができる。     もちろん「Fresh Pickup」は、オンライン決算になるため、お金を所持していなくても購入することが可能だ。     また、荷物が重い場合は、車を止めてトランクを開けるだけでスタッフが車内へ荷物を入れてくれるようだ。     扱われる商品 米Amazonによると、「Fresh Pickup」で扱われる商品は、近辺にあるスーパーと変わらないようだ。     食べ物では、野菜や果物生鮮食品などが扱われるほか、日用品や医薬品も取り扱われる。     そのため、「Amazon Fresh」で取り扱われる殆どの商品を、「Fresh pickup」で利用することが可能だ。     現在米国では、共働きをしている家庭が殆どなので、こうした時間を削減できるサービスの需要は大きいと思われます。     日本では、つい最近になり「Amazon Fresh」がサービスインされたばかりなので、「Fresh Pickup」が導入されるのは、まだまだ先だと予想されます。 [Amazon]
Read More
Amazon、食料雑貨を扱うドライブスルー店舗「Fresh Pickup」をオープン!

iPhone 8、新しいCADレンダリング画像がリーク

2017年5月28日にAppleから販売予定の「iPhone 8」の新たなCADレンダリング画像がリークされていることが明らかとなりました。     iPhone 8の新たなレンダリング画像 2017年5月28日にアメリカのメディア「Slashleaks」にて、新たにAppleから販売予定の「iPhone 8」のCAD画像がリークされていることが明らかとなりました。       公開されたCADデータをみると、今までリークされてきた情報と一致している箇所が多々あります。     まず、フロントカメラ周りに着目すると、「iPhone 8」はデュアルカメラを搭載し、LEDフラッシュがカメラの間に搭載されていることが分かります。     ディスプレイ上部については、デュアルカメラやLEDフラッシュ、3Dセンサーと思われるモジュールが搭載されているようだ。     Touch IDは? リークされたCADデータをみると、Touch IDと思われる穴が見受けられない。     唯一、Touch IDと思われる端末の中心から少し上にある「丸い穴」については、おそらくAppleのリンゴマークが配置されるだろう。     また、電源ボタン周りに着目すると、最近のリーク情報にも挙がっている「電源ボタンが大きくなる」特徴が見受けられる。     そのため、今回公開されたCADデータは、「ディスプレイ一体型Touch ID」または「電源ボタン一体型Touch ID」が採用されると推測される。     CADレンダリング画像 今回公開されたCADデータのほかに、CADレンダリング画像も公開されております。     CADデータをみると今までのリーク情報どおり、「iPhone 8」はベゼルレスデザインを採用し、前面がほとんどディスプレイとなるようだ。     また、フロント上部に着目するとスピーカーとカメラと思われる穴が確認できる。     表示領域については、他のリーク画像と同様にディスプレイ上部がくぼんだ形状になるようだ。       他のリーク情報と組み合わせると、今回リークされたCADレンダリング画像も5.8インチのディスプレイを搭載していると予測できます。     また、他のリーク画像では「Function Area」と呼ばれる領域があり、おそらくディスプレイの下部にTouch IDが搭載されていると噂されている。     本日公開されたリーク画像は、最近のリーク情報と一致している箇所が多々あるため、信憑性は高いと思われます。 [Slashleaks]
Read More
iPhone 8、新しいCADレンダリング画像がリーク

Apple、MacBook Pro(Late 2011)とiPhone 3GSなどのサポートをまもなく終了 – 6月30日

2017年5月28日にAppleが、同社の製品である「MacBook Pro(Late 2011)」と「iPhone 3GS」などのサポートを2017年6月30日より終了することが明らかとなりました。     一部製品のサポートを終了へ Appleは、2017年6月30日にビンテージ製品とオブソリート製品に、新たに「Macbook Pro(Late 2017)」や「Macbook Air(Mid 2011)」などを追加することが明らかとなりました。     また、今回は「AirMac Express」の第一世代も含まれているとのこと。     さらにiPhoneからは、「iPhone 3GS」も含まれるようだ。     DVDドライブを搭載している「MacBook Pro」でサポートされている種類が、ますます少なくなりました。     ビンテージ/オブソリート製品とは 「ビンテージ製品」とは、生産中止から5年以上7年未満の製品が該当します。     「ビンテージ製品」に該当する製品は、Appleからのハードウェアサービスが終了することを意味します。     対して、「オブソリート製品」とは、生産中止から7年以上経過した製品が該当します。     「オブソリート製品」に該当した製品は、Appleが例外なくハードウェアサービスを終了し、部品の発注も不可能となります。     なお、日本ではこれらく区別はなく、すべてオブソリート製品として扱われます。     ビンテージ/オブソリートに追加された製品 9To5Macによると、今回ビンテージ製品とオブソリート製品に追加される製品は以下の通りとなる。     MacBook Pro 13インチ (Late 2011) MacBook Pro 15インチ (Late 2011) MacBook Pro 17インチ (Late 2011) MacBook Pro 17インチ (Mid
Read More
Apple、MacBook Pro(Late 2011)とiPhone 3GSなどのサポートをまもなく終了 – 6月30日

Apple、iPhone 8に搭載予定のA11チップの生産テストに失敗か – 販売延期の可能性も

2017年5月25日にAppleが「iPhone 8」に搭載予定の「A11」プロセッサが、生産テストに失敗していたことが明らかとなりました。   これにより、「iPhone 8」の生産スケージュールが遅れる可能が出てきました。     「A11」プロセッサの生産テストが失敗 金融コンサルタントである「Warren Capital」は、台湾のサプライヤーからの情報として、Appleが「iPhone 8」に搭載予定の「A11」プロセッサの生産テストに失敗していたことが明らかとなりました。       台湾のサプライヤーの話によると、次回の生産テストは5月の第4週に再度実施されるようだ。     テスト結果は、6月の第2週に判明するようです。     Appleのスケージュールでは、6月10日に「A11」プロセッサの生産を開始すると言われておりました。     そのため、「A11」の生産スケージュールが遅れ、「iPhone 8」自体の販売が遅れる可能性が浮上してきました。     A11プロセッサとは 「iPhone 8」に搭載予定の「A11」プロセッサは、ARコンテンツを動作させるために処理能力を大幅に向上させているようだ。         処理能力の向上の他にも、省エネ性能などもアップグレードされるようです。     さらに、「A10」プロセッサが16mmプロセスでしたが、「A11」は10mmプロセスで製造されると報じられている。     なお現在報じられている噂では、「A11」プロセッサは「iPhone 8」のみに採用され、「iPhone 7s/7s Plus」には採用されないようだ。     生産の遅延は予測済み? 以前から「A11」プロセッサの生産は、遅れるのではないかと噂されておりました。     そもそも、「iPhone 8」の他のパーツも生産が遅れると報じられている。     なお、現在生産の遅延が予想されているパーツは以下となります。     ディスプレイ:OLEDパネルの供給不足のため 3Dセンサー:ディスプレイ一体型への技術的な問題 Touch ID:ディスプレイ一体型への技術的な問題 ワイヤレス充電:充電器の排熱問題が解決できず     これらの問題から、「iPhone 8」の生産が従来通りのスケージュールで販売されることは難しいだろう。     また、「iPhone 8」の生産が開始されても、Appleは2017年の生産性を制限すると報じられております。     これらの問題から、「iPhone 8」はそもそも従来通りのスケージュールで販売されることは難しく、ユーザーの手元に届くのは2018年になる可能性が非常に高いです。 [中時電子報]
Read More
Apple、iPhone 8に搭載予定のA11チップの生産テストに失敗か – 販売延期の可能性も

iPhone 8に関する新たなリーク情報が浮上 – ディスプレイ内蔵型Touch ID

2017年5月17日にAppleから販売予定の「iPhone 8」には、ホームボタンが搭載されないと報じられていることが、明らかとなりました。   関係者の話によると、2017年に販売される「iPhone 8」にはホームボタンを採用せず、ディスプレイ一体型Touch IDが採用されるようです。     ホームボタンはやはり廃止か 海外のニュースサイトDigiTimesによると、台湾のTSMCの関係者からのリーク情報として、Appleから販売予定の「iPhone 8」にはホームボタン」が採用されないと報じていることがわかりました。       同誌によると、TSMCは2017年5月25日に台北で開催されたTSMC 2017 NA技術シンポジウムで、今後のiPhoneの設計変更と新しいアプリケーションの数々を示したとのこと。     「iPhone 8」は、ホームボタンが廃止されることにより、指紋認証システムは、ディスプレイ一体型Touch IDになると報じております。     また、カメラはより高画質になったデュアルカメラが採用されると報じられております。     ディスプレイ一体型Touch ID 同誌によると、「iPhone 8」に採用される「Touch ID」は、光学式センサーを使用するとのこと。     またAppleは過去に、赤外線による指紋認証システムの特許を取得しております。     [blogcard url="http://news-coffee.com/2017/02/15/apple%e3%80%81%e8%b5%a4%e5%a4%96%e7%b7%9a%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%92%e6%90%ad%e8%bc%89%e3%81%97%e3%81%9f%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%81%ae%e7%89%b9/"]     本日までのリーク情報では、あくまでもディスプレイの裏にTouch IDを搭載されると報じられておりましたが、本当にディスプレイ自体に指紋認証センサーが搭載される可能性が出てきました。     ディスプレイ自体に指紋認証システムが搭載されれば、ディスプレイ全体で指紋を読み取ることが可能になります。     また同誌は、「iPhone 8」のディスプレイのアスペクト比が「16:9」から「18.5:9」へ変更され、縦長になるようだ。     AR機能の追加 現在Appleは、AR(拡張現実)事業に力を入れていることで有名だ。     同誌によると、Appleは「iPhone 8」で初めてAR機能を実装すると報じている。     「iPhone 8」には、高画質カメラを搭載し、ARコンテンツのための赤外線センサーが採用されるようだ。     赤外線センサーは、ARアプリケーションを使用することで動作すると報じられているが、具体的な利用方法までは報じられていない。     いずれにせよ、今回のリーク情報が正しければ「[iPhone 8」は、プレミアムモデルにふさわしいスペックで登場されるようです。 [DigiTimes, 気になる記になる]
Read More
iPhone 8に関する新たなリーク情報が浮上 – ディスプレイ内蔵型Touch ID

日本Microsoft、「Surface Arc Mouse」を7月20日に国内販売を開始へ

2017年5月26日に日本Microsoftは、「Arc Touch Mouse」の後継機である「Surface Arc Mouse」を2017年7月20日より国内販売を開始することを発表いたしました。       Surface Arc Mouseの国内販売を開始 日本Microsoftは、2017年5月26日に国内で開催されたSurface関連のイベントで、「Arc Touch Mouse」の後継機である「Surface Arc Mouse」を国内で販売開始することを発表いたしました。   日本Microsoftによると、「Surface Arc Mouse」は、2017年7月20日より国内での販売を開始するようです。     また、予約受付けは2017年5月26日より行われていることから、すでに開始されております。     Surface Arc Mouseとは 「Surface Laptop」の発表と同時に登場した「Surface Arc Mouse」は、「Arc Touch Mouse」の後継機なので、持ち運びを想定したマウスとなっている。     (画像:Arc Touch Mouse)     「Arc Touch Mouse」と同様に、使用しない場合はマウスをフラット状態にし、使用するときにはマウスを折り曲げることで電源がオンになる。     ボタンについては、「右クリック」と「左クリック」の2つのみの構成となっております。     ボタンの他に「フルスクロールプレーン」を搭載しているため、「水平スクロール」と「垂直スクロール」を行うことができる。     接続方式は、「Bluetooth 4.0」または「Bluetooth 4.1」に対応しております。     サポートされているOSは「Windows 10」と「Winodws 8.1/8」となっており、いずれもBluetooth 4.0/4.1をサポートしている必要があります。     電池に関しては、単4アルカリ電池2本で駆動しするとのこと。     カラーバリエーションは、「グレー」、「ブラック」、「コバルトブルー」、「バーガンディ」の4色でラインアップされるようだ。     なお、Microsoftが公開している動画は、以下となります。       価格と日本仕様 日本Microsoftによると、国内での販売価格は税込み9,698円となるようだ。     カラーバリエーションについては、法人モデルのみ「ブラック」を選択することができる。     また、「コバルトブルー」と「バーガンディ」については、後日発売になるとのこと。     「Surface Arc
Read More
日本Microsoft、「Surface Arc Mouse」を7月20日に国内販売を開始へ

日本Microsoft、「Surface Dial」を6月15日より国内販売を開始へ

2017年5月26日に日本Microsoftは、Surfaceシリーズにて利用できるホイール型ディバイス「Surface Dial」の国内販売を2017年6月15日より開始することを発表いたしました。     Surface Dialの国内販売を開始 日本Microsoftは、2017年5月26日に開催されたSurface関連のイベントで、ホイール型ディバイス「Surface Dial」の国内販売を開始することを発表いたしました。     「Surface Dial」の国内販売は、2017年6月15日より開始されるようだ。     また日本Microsoftによると、予約開始時期は2017年5月26日となっておりすでに開始されている。     なお、「Surface Dial」の日本での価格は1万800円となっております。   Surface Dialとは 「Surface Dial」は、デジタイザペン(Surface Pen)と組み合わせることを想定したホイール型ディバイスだ。     「Surface Dial」は、「Surface Studio」のような大型タッチスクリーン上に置くことで利用することができる。       「Surface Dial」には静電容量式タッチパネルスクリーンを認識する機能が搭載されており、ディスプレイに置くだけで、アプリケーションに合わせたメニューやカラーピッカー、ルーラーなどが表示されます。     イラストを書くときには、Surfaceペンで書きながら「Surface Dial」を回すことで色を変えるといったことができる。     また、「Surface Laptop」のようなクラムシェル型ノートパソコンで利用したい場合は、ディスプレイではなくパソコンの隣に置いて利用することもできる。     パソコンの横に置いて利用する場合は、「Surface Dial」にホイール機能やスクロール機能、音量調節機能などに割り当てて利用することが可能だ。   なお、Microsoftが公開している機能は以下の通り   長押し: メニューを表示 回転: フリー/継続的 (両方向)、0.30 N cm 抵抗トルク クリック: 300 g の力で瞬間にスイッチをアクティブ化、上下ボタン位置で検出機能を回転 動的フィードバック: ソフトウェア調整可能なインクリメントで触覚フィードバックを提供 画面上検出: タッチ デジタイザーが静電容量式パターンからオンスクリーン位置を報告 (Studio のみ)     バッテリー駆動時間 「Surface Dial」は、単4アルカリ電池2本で駆動します。     Microsoftによると、バッテリー駆動時間は1日4時間の使用で、12ヶ月持つとのこと。     その為、「Surface
Read More
日本Microsoft、「Surface Dial」を6月15日より国内販売を開始へ

日本Microsoft、新しい「New Surface Pro」を6月15日より国内販売を開始

2017年5月26日に日本Microsoftは、同社の新型タブレットPCである「New Surface Pro」の国内販売を2017年6月15日より開始することを発表いたしました。     New Surface proの国内販売を開始 日本Microsoftは、2017年5月26日に国内で行われたSurface関連のイベントにて、同社の新しいタブレットPC「New Surface Pro」の国内販売を2017年6月15日より開始することを発表いたしました。       なお、新型タイプカバーである「Signature タイプカバー」も同時に発表されている。     日Microsoftによると、「New Surface Pro」と「Signature タイプカバー」の予約は本日(2017年5月26日)より開始されるようです。   また、LTEモデルについては、2017年の秋に日本での販売を開始する予定だそうです。     なお、新型「Surface Pen」については、近日中に発表を予定しているようです。       New Surface Proのスペック 「New Surface Pro」は、Intelの第7世代のプロセッサー「Kaby Lake」が採用されている。     「Kaby Lake」の採用により、バッテリー駆動時間が13.5時間まで向上しており、「Surface Pro 4」の9時間から大幅に伸びている。     また、メモリについては、「4GB」、「8GB」、「16GB」から選択することが可能だ。     ディスプレイは、12.3インチのPixelSenseを搭載し、アスペクト比が3:2で、解像度は2,736×1,824(267 PPI)となっております。。     ポートは、従来通り「USB-3.0」が搭載されるほか、microSDカードスロット、3.5ミリイヤホンジャック、Mini DisplayPortが搭載される。     また、新しい「Surface Pro」の厚さは、「8.5mm」となっており、歴代の「Surface Pro」の中で最も薄くなっている。     さらに、LTE Advancedモデムも内蔵しており、「Surface Pro」単体で通信することが可能になっている。   「New Surface Pro」の詳しいスペックは以下の通りとなる。   ディスプレイ : 12.3インチ 2,736×1,824(267
Read More
日本Microsoft、新しい「New Surface Pro」を6月15日より国内販売を開始

  1. 2017年5月28日 New
    2017年5月28日にAppleが、同社の製品である「MacBook Pro(Late 2011)」と「iPhone 3GS」などのサポートを2017年6月30日より終了することが明らかとなりました。     一部製品のサポートを終了へ Appleは、2017年6月30日にビンテージ製品とオブソリート製品に、新たに「Macbook Pro(Late 2017)」や「Macbook Air(Mid 2011)」などを追加することが明らかとなりました。     また、今回は「AirMac Express」の第一世代も...
  2. 2017年5月2日 New
    2017年5月2日にAppleは、MacBook 13インチ Mid 2010やMacBook Pro Mid 2009をビンテージ製品とオブソリート製品に追加したことが明らかとなりました。     これにより該当する製品の修理が事実上不可能となりました。     ビンテージ製品とオブソリート製品 Appleは販売してからある程度の日数を経過した商品をビンテージ製品とオブソリート製品として取り扱うようです。     従来までの運用でいくと、「ビンテージ製品」に該当する商品は、販売中止...
  3. 2017年4月8日
    現地時間2017年4月6日にOS newsによるとAppleが、次期iMacやMac Proに続き新しくMacbook Pro 15inchのTouch Bar無しモデルを新たに用意していることが明らかとなりました。         ここ数日Appleは、次世代商品を一切報じない姿勢から一部のメディアやジャーナリストに対し「Appleが発表予定の新商品を告知」しており、同社の方針が変わったようです。         先日報じられた次期Pac Proや201...
  4. 2017年4月7日
    現地時間2017年4月7日にAppleが現在開発中の次期Mac ProがCPUやGPUをモジュラー式として開発中であり、2019年に販売を予定していることが新たにわかりました。     Mac Proは、円柱式の構造上アップグレードが難しとされており、現在までアップグレードが行われなかったようです。       2019年モデルのMac Pro 先日報じられたAppleがごく一部のジャーナリストに新型Mac ProやiMacについての情報に引き続き、発売日が2018年ではなく、2019年を予定していること...
  5. 2017年2月17日
    米国時間2017年2月16日にMicrosoftは、MacBook Proに搭載されているTouch Barに向けてOffice for Macのインターフェイスの最適化を行うことを発表いたしました。         Touch Bar搭載MacBook Proとは、2016年10月に発表されたMacBook Proに搭載されており、ファンクションキーの代わりに有機ELディスプレイによる細長いタッチディスプレイを搭載した新しいMacBook Proとなっております。      ...
Now Loading...

Now Loading...