iOS 16のバッテリー残量のパーセント表示、miniやXRはiOS 16.1にて対応か

2022年9月15日にAppleが、先日リリースした「iOS 16」の機能であるステータスバーでのバッテリー残量のパーセント表示機能ですが、一部の機種にて非対応であることがわかりました。

 

具体的には、iPhone XR、11、12 mini、13 miniにて利用が不可能となっております。

 

なお、非対応機種についてはiOS 16.1にて対応することが報じられております。

 

iOS 16、バッテリー残量のパーセント表示機能を搭載へ

2022年9月15日にAppleが先日リリースした「iOS 16」にて、新機能であるバッテリー残量のパーセント表示機能を搭載していることが明らかとなりました。

 

 

iPhoneにてバッテリー残量のパーセント表示機能が復活し、上の画像の通り、数値でバッテリー残量が見れるようになります。

 

この機能は、設定 > バッテリー > バッテリー残量(%)をオンにすることで利用することが可能となっております。

 

このパーセント表示の説明は、Appleより以下のページにて詳しく説明がされております。

 

 

iPhone XR、11、12 mini、13 miniではパーセント表示機能を利用できない。

Appleのバッテリー残量のパーセント表示に関するページには以下の記述がります。

(翻訳しております)

 

iPhone XR、iPhone 11、iPhone 12 mini、iPhone 13 mini では、ステータスバーにバッテリーのパーセンテージが表示されません。

 

そのため、上のモデルではiOS 16へアップグレードしてもステータスバーでのパーセント表示機能を利用することはできません。

 

しかしながら、iPhone SEの第2世代および第3世代、iPhone 8とそれ以前のモデル、すべてのiPadでもパーセント表示は利用可能となっております。

 

そのため、物理的にノッチなどにより上のディスプレイ表示領域がが小さいモデルにてバッテリー残量のパーセント表示が利用できない状況にあることが予想されます。

 

非対応機種はiOS 16.1にてバッテリー残量のパーセント表示に対応か

メディアサイト「MacRumors」によると、バッテリー残量のパーセント表示機能の非対応機種については、「iOS 16.1」にて対応することを報じております。

 

この情報が正しければ、遠くないうちに非対応機種を保持しているユーザーもバッテリー残量のパーセント表示が利用可能となるかと思います。

 

バッテリー残量のパーセント表示がどうしても必要で、機種変更を検討しているユーザーは、iOS 16.1のリリースや追加の情報が出るまでもう少し待ってみてはいかがでしょうか。

[Apple,MacRumors]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次