【まとめ】Apple、Lightning端子を採用したiPhone 14を発表へ。USB-Cを採用せず

2022年9月8日にAppleが、スペシャルイベントにて「iPhone 14」シリーズを発表したことがわかりました。

 

「iPhone 14」シリーズでは、USB-CことType-Cへの移行はされず、Lightning端子が今回も採用されております。

 

また、miniシリーズも廃止されるなど、日本ユーザーにはあまり好ましくはないアップデートとなっております。

 

Apple、iPhone 14シリーズを発表

2022年9月7日にAppleが、発表イベント「Far Out.」にてiPhone 14シリーズを発表したことがわかりました。

 

 

iPhone 14シリーズでは、miniシリーズが廃止され、Plusモデルが登場しております。

 

度のモデルもエントリーモデルで、128GBとなっており、以下のラインナップと販売価格で構成されております。

 

  • iPhone 14 119,800円(税込み)〜
  • iPhone 14 Plus 134,800円(税込み)〜
  • iPhone 14 Pro 149,800円(税込み)〜
  • iPhone 14 Pro Max 164,800円(税込み)〜

 

上の写真は「iPhone 14 Pro」シリーズとなっており、ノッチが小さくなっていることがわかる。

 

Apple曰く、ノッチを廃止し、Dynamic lslandというパンチホールであるとしている。

 

チップは6コアCPUの5コアGPU構成の「A16 Bionic」が搭載され、iPhone史上最高の性能とバッテリー性能を実現しているようです。

 

新機能としては、ビデオ撮影時にアクションモードを追加し、衛星通信に対応した点が挙げられる。

 

また、Proシリーズのみ常時表示ディスプレイが対応している。

 

カメラに関しては、65%大きくなったカメラセンサーが搭載され、より鮮明になったようです。

 

予約日や販売日、iOS 16の配信日は?

Appleは、iPhone 14を以下のモデルごとに予約・販売日を変えております。

 

  • iPhone 14 予約日 9/9・販売日 9/16
  • iPhone 14 Plus 予約日 9/9・販売日 10/7
  • iPhone 14 Pro / Pro Max /予約日 9/9・販売日 9/16

 

iOS 16のリリース日も発表されており、9/12に配信開始されることが発表されております。

 

多くのユーザーが乗り換えの必要性が感じられなくなったiPhone

今回のiPhone 14やiOS 16の発表により感じた点としては、多くのユーザーは乗り換えの必要がない点が気になる。

 

特に日本市場では、miniシリーズが一定の人気があったため、miniシリーズの廃止は日本の一部ユーザーにとっては痛いでしょう。

 

さらにカメラ性能やノッチの小型化、パフォーマンスの向上など様々な変更点があったが、実際にユーザーが手にとって感じられる恩恵はほとんど無いような印象を受ける。

 

さらに最大の注目であったLightning端子の廃止とUSB-Cポートの採用も今回は実施されておらず、一番ユーザーが欲しい機能が実装されていない。

(指紋認証システムの追加も一定のユーザーから希望されている)

 

Androidと比較しても、できることが少なくなっているiPhoneは、これからユーザー離れが始まることが予想されており、今後のAppleの動きに注目をしたい。

[iPhone]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次