TOP

2021年7月8日 | ゲーム / テクノロジー

Nintendo Switch (有機ELモデル)、CPUやメモリ容量に変化なし-性能は変わらず

2021年7月8日に任天堂から新たに発表された「Nintendo Switch (有機ELモデル)」が従来モデルからCPUやメモリ容量が変わ...

2021年7月6日 | ゲーム / テクノロジー

【速報】Nintendo Switch(有機ELモデル) が新登場!10月8日販売開始で7インチディスプレイを搭載へ

2021年7月6日に任天堂が、Nintendo Switchの新型モデルとして「Nintendo Switch(有機ELモデル) 」を正式発...

2021年6月16日 | テクノロジー

Widnows 11のデザインがリーク!Macのようなデザインで登場か

2021年6月17日にWindows 11のプレビュービルドがリークされたことが明らかとなりました。   Window...

2021年6月11日 | テクノロジー

日本でもAmazon Music HDがAmazon Music Unlimitedで追加料金無しで利用可能に

2021年6月10日にAmazonが、日本でもAmazon Music Unlimited加入者向けにAmazon Music HDを追加料...

2021年5月27日 | テクノロジー

M1チップに修正不可能な脆弱性が指摘される

2021年5月27日にAppleが新製品に採用している「M1」チップにて、Linux移植作業を実施している研究者から修正不可能な脆弱性がある...

2021年5月26日 | テクノロジー / 自動車

Tesla、モデル3とモデルYからミリ波レーダーを削除か

2021年5月26日にTeslaが、エントリーモデルである「Tesla Model 3」と「Tesla Model Y」からミリ波レーダーを...

2021年4月21日

【まとめ】2021年4月のApple発表イベントのまとめ-iPad Pro、iPad、AirTags

2021年4月21日にAppleが、イベントにて新型「iPad Pro」や「iMac 24インチ」、「AirTags」を発表したことがわかりました。

 

「iOS 14」なども多数発表されましたが、残念ながら新型「iPad mini」の発表は行われませんでした。

 

24インチiMacを発表

Appleは、イベントにて新型iMacとして「24インチiMac」を発表したことが確認されております。

 

Appleは、新しい「iMac」発表したことで、今回のモデルがフルモデルチェンジであることが確認されております。

 

カラーバリエーションも7色でラインアップされているほかデザインも大幅に変更されております。

 

 

ベゼルが細くなり、どこか「iPad Pro」を思わせるデザインへ変更されていることがすぐに分かるかと思います。

 

ディスプレイサイズは、24インチとなっており解像度は4.5Kであることから「4.5K Retinaディスプレイ」と呼んでいるようです。

 

全面には、1080pのFaceTime HDカメラを搭載しておりますが、FaceIDは搭載されていないようです。

 

薄さは、わずか11.5ミリであるため、歴代のiMacの中でも一番薄いことがわかります。

 

電源コードは、磁石で接続することが可能な設計となっております。

 

キーボードもカラーが統一されているほか、右上に「Touch ID」を搭載している点も大きな変更点となります。

 

 

変更されたのはデザインだけではなく、プロサッサに「M1」が搭載されるようになりました。

 

M1には画像信号プロセッサ(ISP)を搭載することで、画質性能が向上しているようです。

 

また、マイクも大幅にアップグレードされており、Podcastの収録などでもクリアに使用できるスタジオレベルのマイクが搭載されているようです。

 

マイクは、ノイズを取り除くビームフォーミングテクノロジーにより雑音を最小限に抑えているようです。

 

スピーカーの数も6つとなっており、空間オーディオに対応できるようになりました。

 

販売価格は、154,800円(税込み)からの販売となっており、注文受付は4月30日、販売開始時期は5月後半とアナウンスされております。

 

iPad Pro 2021も発表

イベントでは、噂されていた「iPad Pro 2021」も発表されました。

 

 

「iPad Pro 2021」からは、Macbookシリーズや新型iMacにも搭載された「M1」チップが搭載されるようです。

 

さらに12.9インチモデルには、「Liquid Retina XDR」こと「Extreme Dynamic Range(XDR)」とサポートしたディスプレイが搭載されるようです。

 

XDRをサポートしたことで、噂されていたミニLEDも採用されることになりました。

 

これにより光度が1,000ニト、ピーク時では1,600ニトとなることが報じられております。

 

なお、11インチモデルには「Liquid Retinaディスプレイ」が搭載されており、ピーク時の光度が600ニトとなっていることから、11インチと12.9インチで大きく異なることがわかります。

 

今回から5Gもサポートすることで、高速通信が可能となりました。

 

また、既存のWi-Fiもアップデートされ「Wi-Fi 6」に対応することにより、これまでよりも高速に通信することが可能となったようです。

 

前面カメラには、12MPの超広角カメラが搭載されることとなりました。

 

背面カメラには、超広角カメラと広角カメラ、LiDARスキャナが搭載されております。

 

M1チップを搭載したことで、スマートHDR3に対応することができたことが確認されております。

 

 

Thunderboltも大幅にアップデートされ、iPad史上最速なポートがサポートされたようです。

 

ケーブル接続時の最大速度は、40Gbpsとなっており、「Pro Display XDR」による6Kのフル解像度を転送することができるようになったようです。

 

アクセサリ関連も変更があったようで、「Magic Keyboard」のカラーにホワイトが追加されていることが確認できます。

 

 

しかし、噂されていた「Apple Pencil 3」は発表されませんでした。

 

販売価格は、11インチモデルが94,800円(税込み)、12.9インチモデルが129,800円となっており、注文受付が4月30日、販売開始時期は5月後半を予定しているようです。

 

iPhone 12へ新色「パープル」が登場

イベントにて「iPhone 12」シリーズの新色として「パープル」が追加されました。

 

 

パープルの予約注文は、4月23日午後9時から開始され、4月30日に販売開始されるようです。

 

紛失防止のための「AirTag」が登場

噂されていた紛失防止タグである「AirTag」がいよいよ登場しました。

 

 

「AirTag」は、「探す」アプリで利用することが可能で、Appleディバイスの追跡のように場所を確認することができるようです。

 

「AirTag」は音を鳴らして確認したり、6メータ先の右の方角などの情報まで正確に把握することができるようです。

 

バッテリーは、かんたんに交換できる設計となっており、1年以上は持つようです。

 

防水にも対応していることから、カバンなどにつけて雨で水没する心配もなさそうです。

 

販売価格は、1パックで3,800円、4パックで12,800円となっており、注文受付は4月23日午後9時からとなっており、販売開始時期は4月30日となっております。

 

Apple TV 4K(2021)も登場

イベントにて新しい「Apple TV 4K(2021)」も発表されました。

 

 

プロセッサには、「A12 Bionic」が搭載されているほか、新しい「Siri Remote」操作が可能となっているようです。

 

Dolby VisionとDolby ATMOSに対応することで、映画館のような3Dオーディオに対応しております。

 

ハイフレームレートHDRに対応することで、前モデルよりも2倍のフレームレートに対応することができるようになりました。

 

また、iPhoneと連携することで英祖王の画質を調整する機能も追加されているようです。

 

販売価格は、21,800円(税込み)からとなっており、注文受付は4月30日で、販売開始時期は5月後半となっております。

 

iOS 14.5が来週にリリース! Apple Watchがあればマスク着用中でも解除可能に

Appleは、「iOS 14.5」を来週に当たり4月26日にリリースすることを発表致しました。

 

「iOS 14.5」から「AirTag」正式にサポートされるようです。

 

既存ユーザーとして嬉しいニュースとして、Apple Watchを着けていれば、マスク着用中でもiPhoneのロックを解除できるようになったことが発表されました。

 

その他にも新しくなった「Apple Podcast」アプリや新しい絵文字が追加されているようです。

 

新機能としてAppTrackingTransparency(ATT)が追加されており、「iOS 14.5」以降からアプリ側は、ユーザーのトラッキング、デバイスの広告識別子について、ユーザーから許可を得る必要があります。

[Apple]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)