TOP

2021年7月8日 | ゲーム / テクノロジー

Nintendo Switch (有機ELモデル)、CPUやメモリ容量に変化なし-性能は変わらず

2021年7月8日に任天堂から新たに発表された「Nintendo Switch (有機ELモデル)」が従来モデルからCPUやメモリ容量が変わ...

2021年7月6日 | ゲーム / テクノロジー

【速報】Nintendo Switch(有機ELモデル) が新登場!10月8日販売開始で7インチディスプレイを搭載へ

2021年7月6日に任天堂が、Nintendo Switchの新型モデルとして「Nintendo Switch(有機ELモデル) 」を正式発...

2021年6月16日 | テクノロジー

Widnows 11のデザインがリーク!Macのようなデザインで登場か

2021年6月17日にWindows 11のプレビュービルドがリークされたことが明らかとなりました。   Window...

2021年6月11日 | テクノロジー

日本でもAmazon Music HDがAmazon Music Unlimitedで追加料金無しで利用可能に

2021年6月10日にAmazonが、日本でもAmazon Music Unlimited加入者向けにAmazon Music HDを追加料...

2021年5月27日 | テクノロジー

M1チップに修正不可能な脆弱性が指摘される

2021年5月27日にAppleが新製品に採用している「M1」チップにて、Linux移植作業を実施している研究者から修正不可能な脆弱性がある...

2021年5月26日 | テクノロジー / 自動車

Tesla、モデル3とモデルYからミリ波レーダーを削除か

2021年5月26日にTeslaが、エントリーモデルである「Tesla Model 3」と「Tesla Model Y」からミリ波レーダーを...

2021年3月25日

iPhone SE 2 Plusのイメージ画像が公開される

2021年3月25日にこれまでの「iPhone SE 2 Plus」のリーク情報を参考にしたイメージ画像が作成されたことが明らかとなりました。

 

特徴としては、「Touch ID」が電源ボタンへ移動し、ディスプレイサイズが5.5インチまたは6.1インチとなることが報告されております。

 

これまでのiPhone SE 2 Plusの集大成!?情報をかけ合わせたリーク画像が登場

YouTubeチャンネルthe Hacker 34が、これまで多くのアナリストが公開した「iPhone SE 2 Plus」に関する情報をもとにイメージ画像を公開したことが確認されました。

 

こちらの動画は、Apple関連のリーク情報で有名なTF Securitiesのアナリストであるチンミー・クオ氏のこれまでリーク情報を元に作成されているようです。

 

クオ氏は、これまでApple関連の情報を多くリークし、製品とリーク情報が同一であった実績を多く持つリーカーとなります。

 

本動画は、リーク情報に実績のある人物からの情報を元に作成しているため、実際に登場する「iPhone SE 2Plus」に近いことが予想されております。

 

動画からわかる「iPhone SE 2 Plus」のデザイン

動画の中では、「iPhone SE 2 Plus」として以下の画像を公開しております。

 

 

背面は、現在販売されている「iPhone SE 2」と同じデザインをしていることがわかります。

 

動画からは、質感がマットな仕上がりに見えますが、実際には現行モデルと同じような質感の可能性が高そうです。

 

また、音量ボタンやミュートボタンも同色で塗装されていることから、メタリックな印象は無くなっております。

 

 

全面に関しては、「iPhone SE 2」とは異なり、全面がディスプレイとなっているようです。

 

ディスプレイサイズも「iPhone 8 Plus」と少し異なり、5.5インチまたは6.1インチとなることが予想されております。

 

リーク情報では、「iPhone XR」の筐体を活用しているとも言われているため、6.1インチが有力となるでしょう。

 

共通のパーツを使うことで、カメラもシングルカメラとなることが予想されております。

 

また、Touch IDは現行モデルの「iPad Air」と同様に電源ボタンへ移動し、一体型として扱うことができるようです。

 

2021年の後半にiPhone SE 2 Plusが販売開始か?

「iPhone SE 2 Plus」の販売日は、2021年後半になることが報じられております。

 

販売価格は、iPhoneシリーズの廉価版ということもあり500ドルで販売されることが予想されており、日本円で約5,2800円で販売されるかもしれません。

 

チップには、「A14 Bionic」が搭載されているようですが、残念ながら5Gには対応しないのではないか?と予想されております。

[the Hacker 34]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)