TOP

2020年11月30日 | テクノロジー

mineo 5G、業界初トリプルキャリアで月額200円より提供開始へ

2020年11月30日にmineoが、5G回線プランを月額200円より提供開始することを正式発表しました。   また、...

2020年11月26日 | テクノロジー

Amazon、日本でもiPhoneの整備品の取り扱いを開始へ

2020年11月26日にAmazonが、日本でもAppleのiPhoneの整備品の取り扱いを開始したことが明らかとなりました。 &nb...

2020年11月24日 | テクノロジー

iPhone 12 mini、iOS 14.2.1にてロック画面が反応しない不具合を修正へ

2020年11月24日にAppleが、「iOS 14.2.1」を公開したことが明らかとなりました。   「iOS 14...

2020年11月17日 | テクノロジー

iPhone 12 mini、ロッグ画面でタッチパネルに不具合か-対象法など

2020年11月17日にAppleから販売されたばかりの「iPhone 12 mini」のロッグ画面にてタッチ操作が不安定になる不具合が報告...

2020年11月12日 | テクノロジー

Googleフォト、無料で使用できる容量無制限プランを2021年6月1日

2021年11月12日にGoogleが、5年間提供してきたGoogleフォトの無料の容量無制限のクラウドストレージプランが2021年6月1日...

2020年11月11日 | テクノロジー

Apple Silicon「M1」を搭載したMacbook AirとPro、Mac miniが正式発表へ

2020年11月11日にAppleが、スペシャルイベントにてARMプロセッサであるApple Silicon「M1」を搭載した「Macboo...

2020年7月20日

2020年モデルiPhoneのA16、TSMCの3nmで製造され20%の効率化か

2020年7月20日にAppleが、2021年モデルiPhoneにて搭載予定のA16チップがTSMCの3nmプロセスで製造される可能性が明らかとなりました。

 

3nmによりエネルギー効率が5nmよりも20%~25%向上することが期待されております。

 

 

Apple、A16を3nmで製造か

2020年7月20日にAppleが、A16チップを3nmプロセスで製造する可能性が明らかとなりました。

 

 

メディアサイト「Patently Apple」によるとAppleは、A16チップを3nmプロセスで製造される可能性があると報告しております。

 

A16チップは、2021年モデルiPhoneへ搭載されることが考えられております。

 

現在のA15は、5nmプロセスで製造されているため、3nmプロセスへアップグレードされる形となります。

 

エネルギー効率が20%~25%向上する

5nmから3nmへアップグレードすされるため、エネルギー密度も変わっております。

 

エネルギー効率は、20%~25%向上することが予想され、バッテリー駆動時間も現行モデルよりも長くなることが期待されております。

 

その他では、トランジスタ密度が15%となり、パフォーマンスは10%〜15%向上することも考えられております。

 

これらの情報から、A16は性能向上に大きな影響を与えることがわかります。

 

3nmプロセスは2021年に登場し、2nmプロセスは2024年に登場か

TSMCの3nmは、2020年無いに試験的な生産が開始され、量産は2021年後半になることが予想されております。

 

3nmプロセスのチップは2020年モデルへつ祭されるとも言われており、早ければ今年中に3nmを搭載したモデルが登場するかもしれません。

 

そのため、2020年モデルへ3nmプロセスを採用したAシリーズチップが搭載されるかどうかは明らかとなっておりません。

 

なお、次期プロセスである2nmに関しては、2024年頃から移行されることが予想されております。

[Patently Apple]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)