TOP

2021年10月25日 | テクノロジー

Intelの次世代CPU、Alder LakeがM1 Maxと同等の処理能力のスペックとなる

2021年10月25日にIntelの次世代CPUである「Alder Lake」がAppleの「M1 Max」と同等の処理能力を保持したスペッ...

2021年10月19日 | テクノロジー

Apple、M1 ProとM1 Max搭載Macbook Proと新型AirPodsを発表へ

2021年10月19日にAppleが、オンラインイベントにて「M1」チップのアップグレード版である「M1 Pro」と「M1 Max」を搭載し...

2021年10月14日 | テクノロジー

iPadをサブディスプレイにすることができるLuna DislpayがWindowsへ対応へ

2021年10月14日にiPadをMacのサブディスプレイにすることができる「Luna Display」がWindowsでも対応したことが明...

2021年10月13日 | テクノロジー

Apple、特別なイベント「パワー全開。」を10月19日に開催へ-新型Macbook Proを発表か

2021年10月13日にAppleが、同社のWEBページにて特別なイベントとして「パワー全開。」を開催することを発表いたしました。 &...

2021年10月12日 | テクノロジー

Apple Watch 7、急速充電は旧モデル付属ケーブルでは使用できない

2021年10月12日にAppleからまもなく販売開始される「Apple Watch 7」が、旧モデルに付属していた充電ケーブルで急速充電を...

2021年10月11日 | テクノロジー

iPhone SE 第3世代、5Gに対応するがデザイン変更はなし

2021年10月11日にAppleからの販売が噂されている「iPhone SE(第3世代)」ですが、5Gに対応する可能性が明らかとなりました...

2020年7月15日

中国のiQOO、4,000mWhを搭載したスマホのバッテリーを15分で充電完了する技術を発表

2020年7月15日に中国のiQOOが、120Wの高速充電技術を発表したことが明らかとなりました。

 

4,000mWhの容量を搭載したスマートフォンをわずか15分でフル充電することが可能なようです。

 

iQOO、15分でスマートフォンをフル充電できる技術を発表

2020年7月15日に中国のVivoのサブブランドであるIQOOが、現地時間7月13日にスマートフォンをわずか15分で満充電できる技術を発表したことが明らかとなりました。

 

 

iQOOは、120Qの超高速充電を発表したことが明らかとなっております。

 

デモンストレーションでは、2,000mAhのバッテリーを2つ搭載したスマートフォンを5V/12A(60W)で同時充電しているところを披露しておりました。

 

 

4,000mWhであれば5分で50%まで充電可能

IQOOが発表した新超高速充電技術を使用することで、5分間で50%まで充電することができるようです。

 

デモンストレーションで使用されたスマートフォンには、水冷冷却システムを搭載しているようです。

 

これは、超高速充電のためにスマートフォン内部の温度が急上昇するのを防ぐために導入されております。

 

水冷システムによる重要増加や厚みの増加は不明となっておりますが、超高速充電を実現するためには冷却システムが必要であることは間違いないでしょう。

 

2020年8月より超高速充電を搭載したスマートフォンが登場するかもしれない

スマートフォン関連の情報に精通するベン・ジェスキン氏が、iQOOのデモンストレーションを公開しております。

 

 


動画の最後では、2020年8月に120Wの超高速充電をサポートしたスマートフォンを販売予定であるとアナウンスしております。

 

このスマートフォンは、Vivoからではなく、サブブランドであるiQOOとして登場する事となるでしょう。

 

Vivoは2019年に120Wの超高速充電を披露しておりますが、商品化まで進んでいないため、実質サブブランドが先行した形となります。

[Gizmochina]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Now Loading...

Now Loading...