TOP

2021年10月19日 | テクノロジー

Apple、M1 ProとM1 Max搭載Macbook Proと新型AirPodsを発表へ

2021年10月19日にAppleが、オンラインイベントにて「M1」チップのアップグレード版である「M1 Pro」と「M1 Max」を搭載し...

2021年10月14日 | テクノロジー

iPadをサブディスプレイにすることができるLuna DislpayがWindowsへ対応へ

2021年10月14日にiPadをMacのサブディスプレイにすることができる「Luna Display」がWindowsでも対応したことが明...

2021年10月13日 | テクノロジー

Apple、特別なイベント「パワー全開。」を10月19日に開催へ-新型Macbook Proを発表か

2021年10月13日にAppleが、同社のWEBページにて特別なイベントとして「パワー全開。」を開催することを発表いたしました。 &...

2021年10月12日 | テクノロジー

Apple Watch 7、急速充電は旧モデル付属ケーブルでは使用できない

2021年10月12日にAppleからまもなく販売開始される「Apple Watch 7」が、旧モデルに付属していた充電ケーブルで急速充電を...

2021年10月11日 | テクノロジー

iPhone SE 第3世代、5Gに対応するがデザイン変更はなし

2021年10月11日にAppleからの販売が噂されている「iPhone SE(第3世代)」ですが、5Gに対応する可能性が明らかとなりました...

2021年10月8日 | テクノロジー

新型iPod Touch 第8世代、2021年中に登場か-海外で品切れ状態

2021年10月8日にAppleから新型「iPod Touch(第8世代)」まもなく登場する可能性が明らかとなりました。  ...

2019年8月29日

iOS版Office、iOS 13のリリースに先駆けダークモードに対応

2019年8月29日にMicrosoftが、次期iOSこと「iOS 13」の筋機能「ダークモード」に合わせてiOS版Officeアプリにてダークモードに対応したことが明らかとなりました。

 

ダークモード対応版Officeアプリは、近々リリース予定となっているようです。

 

Microsoft、iOS版Officeでダークモードに対応

2019年8月29日にMicrosoftが、Appleが秋ごろにリリース予定の「iOS 13」の目玉機能である「ダークモード」へiOS版Officeにて対応予定であることが明らかとなりました。

 

 

Appleは、iOSの次期大型アップデートである「iOS 13」にてダークモードに対応することを正式発表しております。

 

これに合わせてMicrosoftは、現地時間8月29日に公開したブログにて、まずはiOS版Outlookこと「Outlook for iOS」にてダークモードに対応することを発表しております。

 

その後は、同じOfficeシリーズであるWordやExcel、OneNote、PowerPoint、SharePoint、OneDrive、Planner、To-Doでも同様にダークモードに対応するようです。

 

 

Outlook for iOSのダークモード対応はまもなくか

Microsoftは、「Outlook for iOS」のダークモード対応をまもなくりりーすることが予想されております。

 

最低でも「iOS 13」のリリース後すぐにダークモードを体験できるようにリリースするスケジュールとなっているようです。

 

そのため、ユーザーは「iOS 13」へアップデート後に「Outlook for iOS」を起動すると自動的にダークモードへ切り替わるようになるようです。

 

なお、Android版である「Outlook for Android」では、「バッテリーセーバー」を選択することで自動的にダークモードへ切り替わることができるようです。

 

iPhone X以降はダークモードがおすすめ

「iPhone X」と「iPhone XS」、「iPhone XS Max」には液晶ディスプレイではなく、有機ELディスプレイが搭載されております。

 

有機ELディスプレイの特徴として、黒色の発色を行わないことから、ダークモードは消費電力性能に優れる効果が得られる。

 

さらに有機ELディスプレイは、自家発色であり色を発色するごとに劣化しますが、ダークモードを適応することで劣化を抑える効果もあります。

 

「iPhone XR」は、価格が抑えられたエントリーモデルなので、液晶ディスプレイが搭載されておりますので、残念ながら消費電力の効果が薄いです。

 

しかし、ブルーライトカットなど眼精疲労には効果的ではあるため、有機ELディスプレイを搭載していないiPhoneでもノーマルモードよりはメリットがあります。

 

これらの理由から、余程の理由がない限りダークモードを適応することがオススメされております。

[Microsoft ]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Now Loading...

Now Loading...