Tesla Japan、モデル3へデュアルモーターAWDロングレンジモデルを追加へ!ホワイトエクステリアが無料化

2019年7月19日にTesla Japanが、エントリーモデルである「Tesla Model 3」のラインナップへ「デュアルモーターAWD ロングレンジ」モデルを追加したことが明らかとなりました。

 

また、無料のエクステリアがブラックからホワイトへ変更されております。

 

Tesla Japan、「Tesla Model 3 デュアルモーターAWD ロングレンジ」をラインナップへ追加

2019年7月19日にTesla Japanが、同社のエントリーモデルである「Tesla Model 3」のラインナップへ「デュアルモーターAWD ロングレンジ」モデルを追加したことが明らかとなりました。

 

 

Tesla Japanは、同社の公式サイトにて「Tesla model 3」の車両選択画面へ「デュアルモーター AWD ロングレンジ」を追加していることが確認されております。

 

 

「デュアルモーター AWD ロングレンジ」が追加されたことで、現在の日本におけるラインナップと価格は以下のとおりとなりました。

 

  • RWD スタンダードレンジ プラス:5,110,000円
  • デュアルモーター AWD ロングレンジ:6,552,000円
  • デュアルモーターAWD パフォーマンス:7,032,000円

 

ロングレンジモデルの詳細

Tesla Japanは、ロングレンジモデルのインテリアをスタンダードレンジプラスの「パーシャル プレミアムインテリア」ではなく、パフォーマンスモデルと同じ「プレミアムインテリア」であることを案内しております。

 

「プレミアムインテリア」の内容は、以下のとおりとなっております。

 

パーシャル プレミアム インテリアには次のものが含まれます。

  • 12ウェイ電動調節式ヒーター付きフロント シート
  • プレミアム シート マテリアルおよびトリム
  • オーディオアップグレード–イマーシブ サウンド
  • 標準地図およびナビゲーション
  • LEDフォグライト
  • 収納ボックス、USBポート4か所、および2台のスマートフォン用ドック

プレミアム インテリアには次のものが含まれます。

  • 12ウェイ電動調節式ヒーター付きフロントおよびリア シート
  • プレミアム オーディオ–スピーカーx14、サブウーファーx1、アンプx2、およびイマーシブ サウンド
  • 交通状況がリアルタイムで更新される地図とナビゲーション
  • インターネット ブラウザー
  • LEDフォグライト
  • 収納ボックス、USBポート4か所、および2台のスマートフォン用ドック

すべてのインテリアには次のものが含まれます。

  • 紫外線と赤外線を防ぐティンテッド ガラスルーフ
  • 自動防眩機能とヒーター付電動サイドミラー
  • Bluetooth®接続のミュージックとメディア
  • カスタム設定ドライバー プロフィール

 

「プレミアムインテリア」では、フロントとリアにヒートしたーが採用されているほか、渋滞情報がリアルタイムで更新される地図が含まれております。

 

また、Chromeベースへアップデートされるインターネットブラウザも利用することが可能となる。

 

なお、「デュアルモーター AWD ロングレンジ」モデルの後続距離と最高速度、0-100km/hのスペックは以下のとおりとなります。

 

  • 航続距離:560km
  • 最高時速:233km/h
  • 0-100 km/h:4.6秒

 

ホワイトエクステリアが無料化

今回の変更で、無料で選択できるエクステリアの種類も変更となっております。

 

これまでは、ブラックカラーが無料で選択できましたが、今回からホワイトカラーへ置き換わっております。

 

これからブラックカラーのエクステリアを選択した場合、オプションとして92,000円が必要となります。

 

なお、インテリアに変更はなく、ユーザーから期待が高まっているホワイトインテリアは未だ登場していないようです。

[Tesla Model 3]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次