TOP

2021年10月19日 | テクノロジー

Apple、M1 ProとM1 Max搭載Macbook Proと新型AirPodsを発表へ

2021年10月19日にAppleが、オンラインイベントにて「M1」チップのアップグレード版である「M1 Pro」と「M1 Max」を搭載し...

2021年10月14日 | テクノロジー

iPadをサブディスプレイにすることができるLuna DislpayがWindowsへ対応へ

2021年10月14日にiPadをMacのサブディスプレイにすることができる「Luna Display」がWindowsでも対応したことが明...

2021年10月13日 | テクノロジー

Apple、特別なイベント「パワー全開。」を10月19日に開催へ-新型Macbook Proを発表か

2021年10月13日にAppleが、同社のWEBページにて特別なイベントとして「パワー全開。」を開催することを発表いたしました。 &...

2021年10月12日 | テクノロジー

Apple Watch 7、急速充電は旧モデル付属ケーブルでは使用できない

2021年10月12日にAppleからまもなく販売開始される「Apple Watch 7」が、旧モデルに付属していた充電ケーブルで急速充電を...

2021年10月11日 | テクノロジー

iPhone SE 第3世代、5Gに対応するがデザイン変更はなし

2021年10月11日にAppleからの販売が噂されている「iPhone SE(第3世代)」ですが、5Gに対応する可能性が明らかとなりました...

2021年10月8日 | テクノロジー

新型iPod Touch 第8世代、2021年中に登場か-海外で品切れ状態

2021年10月8日にAppleから新型「iPod Touch(第8世代)」まもなく登場する可能性が明らかとなりました。  ...

2019年7月15日

バッテリー管理もAI!?iOS 13では機械学習による充電最適化機能を搭載

2019年7月5日にAppleが、充電最適化機能へ機械学習を導入していることが明らかとなりました。

 

AIによりiOS 13は、バッテリーの劣化を防ぐことが可能となり、寿命は3年以上となる見込みとなっております。

 

iOS 13、機械学習による充電最適化機能を導入へ

2019年7月15日にAppleが、今年リリースする「iOS 13」にて機械学習を使用した充電最適化機能を導入することが明らかとなりました。

 

 

Appleは、次期iOSである「iOS 13」にて、機械学習によるバッテリー充電の最適化を行う機能を搭載することが報じられております。

 

機械学習とは、AI(人工知能)の分野の1種類であり、「iOS 13」ではバッテリー充電の際に寿命を伸ばすために学習する機能が搭載されることとなります。

 

この機能は、「充電最適化機能」としてリリースされる見込みとなっております。

 

なぜバッテリーのマネージメントが必要なのか

近年、多くのディバイスにはバッテリーのマネージメント機能が含まれております。

 

一般的なバッテリーであるリチウムイオンバッテリーは、放電と充電を繰り返すことで、次第に受電容量が減少する特性がある。

 

これは、バッテリーの温度や充電速度が要因となっており、これらのマネージメントを行うことで、バッテリーの寿命を伸ばすことができます。

 

近年では、電気自動車で有名なTesla社がバッテリーのマネージメントで有名となっており、日産の電気自動車「リーフ」よりも優れているとして注目が集まっております。

 

ユーザーは、5年間Teslaを乗った場合とリーフを乗った場合を比較して、どちらがバッテリー容量の劣化が少ないかを判断するため、近年ではバッテリー寿命の長さも購入するきっかけの1つとなっている。

 

このように自動車やスマートフォン、ノートパスコンなど、長く利用したいディバイスにはバッテリーのマネージメント機能が必須であると言えるでしょう。

 

iOS 13でiPhoneを何年利用することができるようになるのか

一般的にiPhoneは、長く使用しても3年間であると言われておりました。

 

しかし、iPhoneのバッテリー起動時間や消費電力、処理性能の向上、カメラ機能の向上などといった観点で、既存のモデルで用途が済む状態となっております。

 

結果として、3年以上iPhoneを使用するユーザーも多くなってきてきているほか、Appleの最高経営責任者(CEO)であるティム・クック氏も「長くiPhoneを利用していただきたい」とも語っている。

 

さらに今回リリースされる「iOS 13」の「充電最適化」機能により、iPhoneの寿命が3年以上に伸びることが予想されています。

 

これは、長期的な利用を行うユーザーにとって喜ばしく、iOSに搭載されているバッテリーの寿命確認でも数値的に寿命を把握することができます。

 

もちろん、バッテリーの寿命を考えず、常に急速充電を行いたいユーザーに向けて「充電最適化機能」をオフにすることもできるようです。

[Mac World]

 

 

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Now Loading...

Now Loading...