Nintendo Switch Liteが正式発表!ポータブルゲーム機として発表へ

2019年7月13日に任天堂が、「Nintendo Switch」のポータブルゲーム機として「Nintendo Switch Lite」を正式発表したことが明らかとなりました。

 

「Nintendo Switch Lite」は、テレビへの出力やコントローラーの取り外しができない点や、「Nintendo Switch」よりも価格が安いため廉価版Switchとも言われております。

 

任天堂、Nintendo Switch Liteを正式発表!

2019年7月13日に任天堂が、「Nintendo Switch Lite」を正式発表したことがわかりました。

 

 

任天堂は、米国時間7月10日に「Nintendo Switch Lite」を正式発表しております。

 

すでに、日本でもYouTubeにて「Nintendo Switch Lite」の公式動画が挙がっており、デザインなどを確認することができます。

 

「Nintendo Switch Lite」の販売価格は、19,980円となっており、「Nintendo Switch」よりも1万円ほど価格が安く設定されている。

 

そのため、「Nintendo Switch Lite」は、廉価版Switchとしてリリース前から噂されておりました。

 

Nintendo Switch LiteとNintendo Switchの違いは?

まず、「Nintendo Switch Lite」の正面のデザインはこちらとなっております。

 

 

正面のデザインからわかるように「Nintendo Switch」のように左右のコントローラーを取り外しできないことが伺えます。

 

ですが、「Nintendo Switch Lite」では十字キーが採用されているため、一部のゲーマーから高い評価を受けております。

 

なお、「Nintendo Switch」のデザインはこちらです。

 

 

細かいデザインを見てみると、ディスプレイのベゼルは「Nintendo Switch Lite」の方が薄いことがわかります。

 

続いて、「Nintendo Switch Lite」の背面はこちらです。

 

 

背面は、コントローラーの取り外しができないため、スッキリとしたデザインとなっております。

 

「Nintendo Switch Lite」は、ポータブルゲーム機としてリリースされている点やコントローラーが取り外せないため、背面スタンドが採用されておりません。

 

また、中央の下にはスピーカーと思われる穴が2つ設置されているようです。

 

なお、カラーバリエーションは、イエローとグレー、ターコイズの3色のラインアップとなっております。

 

 

Nintendo Switch LiteとNintendo Switchの見た目以外の違いは?

デザイン以外の違いとしては、本体振動機能やモーションIRカメラは採用されていないようです。

 

また、「Nintendo Switch Lite」の本体サイズは、縦91.1mm×横208mm×厚さ13.9mmで約275gとなっており、携帯ゲーム機として軽い設計となっていることがわかります。

 

「Nintendo Switch」との大きな違いは、テレビへの出力に対応していないため、本体のディスプレイのみでプレイする必要があります。

 

「Nintendo Switch」のコントローラーである「Joy-Con」との互換性があり、ワイヤレス接続が可能ですが、本体を立てかけるスタンドないため、工夫が必要となる。

 

「Nintendo Switch Lite」は、2019年9月20日金曜日の販売を予定しております。

 

特別デザインとして「ポケットモンスター ソード・シールド」をテーマにした特別デザインも用意されております。

 

 

この特別モデルである「Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ」は、2019年11月1日金曜日に税別19,980円にて販売開始されます。

[Nintendo]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次