スタイラスペン「Crayon(クレヨン)」がiPad Pro 2018での利用可能となるかもしれない

2019年3月25日にAppleが、ロジクール製のスタイラスペン「Crayon(クレヨン)」を2018年モデルの「iPad Pro」でも動作可能とする計画があることが明らかとなりました。

 

クレヨンが、「iPad Pro 2018」へ対応することで、最も対応機種が多いスタイラスペンとなります。

 

iPad Pro 2018、ロジクール製のスタイラスペンCrayonに対応か

2019年3月25日にAppleが、最新モデルである「iPad Pro 2018」にてロジクール製のスタイラスペン「Crayon(クレヨン)」へ対応する可能性が浮上してきました。

 

 

Appleは、最新モデルである「iPad Pro 2018」を発表すると同時に第2世代の「Apple Pencil」を発表しております。

 

 

第2世代の「Apple Pencil」が登場したことで、「iPad Pro 2018」は初代「Apple Pencil」と「Crayon」のサポートを非対応としておりました。

 

しかし、「iOS 12」の次期アップデートにて「iPad Pro 2018」でも「Crayon」が利用することができる情報が挙がってきております。

 

iPad Pro 2018はiOS 12のアップデートでCrayonに対応

メディアサイト「The Verge」によると、Appleは「iOS 12」の次期アップデートにて動画ストリーミングサービスがサポートされるだろうと予想している。

 

動画ストリーミングサービスの利用以外のアップデートでは、ロジクール製のスタイラスペン「Crayon」も「iPad Pro」で動作するようになると報じております。

 

「Crayon」をサポートする「iPad Pro」は、昨年リリースされた最新モデルでも利用することができるようになると言われております。

 

そのため、「iPad Pro」が「Crayon」へ本当に対応するのであれば、2019年3月25日に開催されるAppleのスペシャルイベントにてなにか発表されるかもしれません。

 

Crayonは最も多くのiPadへ対応しているスタイラスペンへ

「Crayon」が、「iPad Pro」もサポートすることで、最も多くのiPadをサポートしているスタイラスペンとなります。

 

冒頭でも説明したとおり、第1世代の「Apple Pencil」は新型「iPad Pro」をサポートしておらず、新型「iPad Pro」を利用するためには第2世代の「Apple Pencil」を利用する必要があります。

 

「Crayon」は、初代「Apple Pencil」がサポートしている「iPad Pro」から「iPad 2018」、「iPad Air 2019」、「iPad mini 5」などだけではなく、第2世代の「Apple Pencil」のみ受け付けていた「iPad Pro 2018」もカバーすることとなります。

 

「iOS 12」のアップデートで、「Crayon」が利用することができれば、「Crayon」を持っているだけで多くのiPadで利用することができるような体制となります。

[The Verge]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次