Chromium版「Edge」、IEモードの利用が可能か-MacでIEレイアウトの確認ができるようになるかもしれない

2019年6月7日にMicrosoftが、Chromium版「Microsoft Edge」にて「Internet Explorer」のレンダリングエンジンを利用することができる「IEモード」を搭載していることが明らかとなりました。

 

「Internet Explorer」のレンダリング機能は、Chromium版「Microsoft Edge」の開発者向けである「Devビルド」にて「IEモード」から確認することができます。

 

Microsoft、宣言どおりChromium版「Microsoft Edge」へIEモードを導入

2019年6月7日にMicrosoftが、Chromium版「Microsoft Edge」へ「IEモード」を導入していることが明らかとなりました。

 

 

Microsoftは、Chromium版「Microsoft Edge」へ「Internet Explorer」のレンダリングエンジンを利用して表示することができる「IEモード」を発表しておりましたが、いよいよ利用可能となっていることがわかりました。

 

「IEモード」は、Chromium版「Microsoft Edge」の最新のDevビルドにてすでに表示されているとのことです。

 

Devビルドで「IEモード」を表示するためには?

Microsoftが公開しているChromium版「Microsoft Edge」のDevビルドで「IEモード」を表示させる手順は以下のとおりとなっております。

 

  1. 「・・・」ボタン(メニューボタン)を押下
  2. 「More tools>Show this page using Internet Explorer」をクリック
  3. アドレスバーの左側にIEのアイコンが表示される

 

このように、「IEモード」は比較的に簡単に利用することが可能です。

 

しかし、「IEモード」はCanaryビルドではなく、Devビルドのみ導入されているため、ご注意下さい。

 

将来的にMacでIEモードを利用することができるのか

Chromium版「Microsoft Edge」は、MacOSで利用することができるため、将来的に「IEモード」を利用することができるのではないかと言われております。

 

「IEモード」が導入されることで、これまで不可能であったMacでIEのデザインを確認する作業を行えるようになります。

 

もちろん、「IEモード」が「Internet Explorer」のどのバージョンまでサポートするのかについては、不明となっております。

 

Microsoftは、「Internet Explorer」から「Microsoft Edge」への乗り換えを推奨しておりますが、まだ「Internet Explorer」のサポートを続けるようです。

[MSPU]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 6/11にダウンロードしたDevビルドですが、
    Show this page using Internet Explorer
    が表示されません。

    表示には何か条件がある?

コメントする

目次