Apple、Macbook Airの値下げを検討していることが判明

2019年3月3日にAppleが、「Macbook Air」の値下げを示唆していることが明らかとなりました。

 

「Apple Watch」に関しては、健康機能の追加などが挙げられております。

 

Apple、Macbook Airを値下げか

2019年3月3日にAppleが3月1日に開催した年次株式総会にて、「Macbook Air」の値下げを示唆していることが明らかとなりました。

 

 

メディアサイト「Bloomberg」によると、Appleは年次株主総会にてティム・クックCEOが「Macbook Air」の値下げを示唆していることを報じております。

 

株主総会では、具体的な内容は公表されていないものの、Retinaモデルを搭載した最新モデルの「Macbook Air」が値下げされるのではないかと言われております。

 

株主総会では、「Macbook Air」と「Apple Watch」、「AirPods」に関する新機能を示唆されたとして注目されております。

 

新型Macbook Airは高い

Appleから新たに発表された新型「Macbook Air」は、旧モデルよりも値段が上がっております。

 

旧モデルの「Macbook Air」の販売価格は、99,800円だったのに対して、新型モデルは134,800円となっております。

 

新型モデルでは、待望のRetinaディスプレイが搭載されておりますが、一回り以上値上げされていることが懸念されております。

 

10万円を切る旧モデルの「Macbook Air」は、Macへ入門する安いノートPCとして需要がありました。

 

現在も、スペックは古いですが安い販売価格が評判で、人気を集めております。

 

今回報じられた「Macbook Air」の値下げにより、10万円代まで値下げされることに期待が集まっております。

 

Apple WatchとAirPodsには健康関連の新機能が追加される

株主総会では、ウェアラブルディバイスである「Apple Watch」へ健康関連の新機能を追加することを明らかとんされております。

 

健康関連機能は、「Apple Watch」だけではなく「AirPods」にも追加される可能性があるようです。

 

新型「AirPods 2」にて、ワイヤレス充電に対応したケースが登場することが報じられております。

 

今回の株主総会の情報から、「AirPods 2」にはワイヤレス充電機能だけではなく、健康関連のヘルスケア機能の2つの機能が搭載されることとなりそうです。

[Bloomberg]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次