TOP

2019年3月19日 | テクノロジー

新型iPad AirとiPad miniはiPhone XRと同等の性能でRAMが3GB!?ベンチマークがリーク

2019年3月19日にAppleから発表された「iPad Air 2019」と「iPad mini 2019」のいずれかのベンチマークが公開...

2019年3月18日 | テクノロジー

【速報】Apple、iPad Air 2019 10.5インチを発表!Smart Keyboardに対応へ

2019年3月18日にAppleが、同社の公式サイトにて「iPad Air」の復刻版として「iPad Air 10.5インチ」を正式発表した...

2019年3月18日 | テクノロジー

【速報】Apple、iPad mini 2019 を発表!-Apple Pencilに対応へ

2019年3月18日にAppleが、同社のWEBサイトにて「iPad mini 2019」を正式発表したことが明らかとなりました。 &...

2019年3月18日 | テクノロジー

Spotify、Appleを独裁者と反論する声明をあげる

2019年3月18日に音楽ストリーミングサービスで有名な「Spotify」が、Appleのことを「独裁者」と反論する声明を挙げていることが明...

2019年3月17日 | テクノロジー

2019年モデルiPhone、トリプルカメラを四角形で配置か-大容量ストレージモデルも

2019年3月17日にAppleが、2019年モデルiPhoneへ3つのカメラを正方形方で配置するが浮上してきました。   ...

2019年3月16日 | テクノロジー / 自動車

Tesla、小型SUV「Model Y」を正式発表!Model 3のSUV版で約435万円から

2019年3月16日にTeslaが、小型SUVとして「Tesla Model Y」を正式発表したことが明らかとなりました。   ...

2019年2月28日

App Store、課金にて割引料金など新しい料金オプションを追加

2019年2月28日にAppleが、App Storeの課金サービスにて、割引料金を適応することができる料金オプションを追加したことが明らかとなりました。

 

これにより、連続して確認しているユーザーに対して、割引を適応することが可能となります。

 

Apple、Apple Storeへ新しい課金オプションを追加

2019年2月28日にAppleが、「App Store」の課金サービスにて新しい料金オプションを追加したことが確認されております。

 

 

 

Appleは、「iOS 12.2」と「macOS Mojave 10.14.2」、「tvOS12.2」から利用することができる課金サービスの新しいオプションw公開しております。

 

これは、2019年2月22日付けの「App Store Connect」の発表により公開され、既存の課金ユーザーや過去に登録したユーザーを優遇するような内容となっております。

 

課金料金へ無料期間や割引が適応される

Appleが公開した新しい料金オプションは以下のとおりとなります。

 

無料トライアル

カスタマーは一定期間、無料で登録を利用できます。たとえば、30 日間の無料トライアルを設け、その後は通常の更新価格である月額 4.99 ドルに戻るといった形です。

都度払い

カスタマーは一定期間、プロモーション価格を支払います。たとえば、3 か月間は月額 1.99 ドルとし、その後は通常の更新価格である月額 9.99 ドルに戻るといった形です。

前払い

カスタマーは特定の期間に対して 1 回限りのプロモーション価格を支払います。たとえば、登録の当初 6 か月間を 9.99 ドルとし、その後は通常の更新価格である年額 39.99 ドルに設定するといった形です。

 

こちらの発表を見ると、今後は登録後に30日間の無料トライアルを利用できるようになることがわかります。

 

また、登録初めはプロモーション価格として割引された価格で課金を行うことが可能となるようです。

 

このように新しい制度では、新規で登録したユーザーを待遇するような料金システムを利用することができるようになるようです。

 

アプリのマージンは最初は30%だが1年を超えると半額に

App Storeにてアプリケーションを公開してもサブスクリプションによるAppleへの支払いは30%となります。

 

しかし、公開から1年を超えるとマージンは半額の50%まで引き下げられます。

 

本制度は、デベロッパーがiOSアプリを長期的に利用してもらうための制度で、Appleにとって継続してiOSアプリを開発してくれるメリットがあります。

 

他にも、品質の高いアプリケーションを開発し続けてくれるメリットもあるので、デベロッパーとユーザーが優先な制度だと言えるでしょう。

[App Store Connect]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)