ARM系CPUを搭載したMacは早ければ2020年に登場か-Intelからの情報か

2019年2月23日にAppleが、ARM系CPUを搭載したMacシリーズを早ければ2020年に発表する可能性が浮上してきました。

 

情報元は、Intelということから信憑性が高いかもしれません。

 

Apple、自社製CPUことARM系CPUを搭載したMacを準備中か

2019年2月23日にAppleが、自社内で開発を進めているARM系CPUをMac向けに準備中であることが明らかとなりました。

 

 

かねてからAppleは、現行モデルのMacへ搭載しているIntel制CPUから自社で開発しているCPUへ切り替える計画があることが報じられております。

 

Appleは、iPhoneやiPadに搭載しているAシリーズプロセッサにて、すでにモバイルPC水準のCPUを生産できる技術があります。

 

現行モデルの「iPad Pro」は、通常のノートPCとエンコード性能が同等などとも言われており、ノートPC向けに搭載してもおかしくないスペックまで到達しております。

 

ARM系CPUを搭載したMacは早ければ2020年に登場か

本日Appleは、自社製であるARM系CPUを搭載したMacを2020年に登場するだろうと報じられております。

 

さらに2021年には、Mac、iPad、iPhoneのアプリが統合され、同一アプリがすべてのプラットフォームにて動くようになることが予想されております。

 

これにより、現在の「iOS App Store」と「Mac App Store」が将来的に統合されるだろうと報じられております。

 

「WWDC 2018」にてAppleは、iOSとmacOSの統合は否定しておりますが、iOSアプリをMacへ移行する計画があることは認めております。

 

なお、iOSアプリをMac向けに移植する作業には時間がかかるため、2020年よりMacでiOSアプリを利用できるとは限りません。

 

ARM系Macの情報源はIntel!?信憑性は高いかも

今回挙がってきた、ARM系CPUを搭載したMacの登場の情報源は、デベロッパーおよびIntelであることされております。

 

元々Appleは、はじめからIntel製CPUをと採用しておらず、MotorolaやPowerPCなど使用していた歴史があります。

 

OSに関しても、「Classic Mac OS」からUnixゲースの「Mac OS X」へ移行しております。

 

Macの歴史は、今年で35周年を迎えるため、ここ数年で大きな変化があってもおかしくありません。

[Axios]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次