iPad(7th)は、10.2インチに!?ただし2019年後半に登場か

2019年2月18日にAppleが現在開発中と噂されている「iPad(7th)」が、10.2インチディスプレイを採用する可能性が浮上してきました。

 

また、「iPad(7th)」は2019年後半に登場する可能性があるようです。

 

Apple、iPad(7th)のディスプレイを10.2インチへインチアップか

2019年2月18日にAppleが、次期iPadこと「iPad(7th)」へ10.2インチのディスプレイを採用する可能性が浮上してきました。

 

 

Appleは、現行モデルである「iPad(6th) 」にて9.7インチのディスプレイを採用しております。

 

メディアサイト「MacRumors」がApple関連のリーク情報で有名なチンミー・クオ氏から得た情報として「iPad(7th)」では10.2インチのディスプレイを採用するだろうと報じております。

 

1世代前の「iPad Pro」では、10.5インチのディスプレイを採用しておりましたが、「iPad(7th)」では一回り小さいディスプレイが採用されるようです。

 

iPad(7th)ではホームボタンが廃止されるかもしれない

「iPad(7th)」にてディスプレイサイズが10.2インチへアップデートされることで、顔認証システム「Face ID」が採用される可能性が出てきております。

 

現行モデルの「iPad Pro」では、指紋認証「Touch ID」が廃止され「Face ID」へ置き換えられておりますが、「iPad(7th)」でも同じようなアップデートが施されるようです。

 

本リーク情報が挙がってきた経緯は、「iPad(7th)」では本体サイズの変更があまりな無いためだと言われております。

 

そのため、「iPad(7th)」ではベゼルレスでインチサイズが大きくなることで、「Face ID」が採用されるだろうと予想されております。

 

iPad miniはあくまでもリフレッシュモデル

同誌は、「iPad mini」についても触れておりますが、あくまでもリフレッシュモデルであることを報じております。

 

 

これまでのリーク情報でも話題となりましたが、「iPad mini」にはデザイン変更が殆ど無いことが予想されております。

 

そのため、アップグレードの内容は、プロセッサやメモリの変更に留まると言われております。

 

デザイン変更が施される箇所についても、カメラの横にあるマイクの穴が、真ん中上部に移動するだけに留まるだろうと報じられております。

[MacRumors]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次