2018年モデルiPhone、値下げにより売上が大幅に向上!-中国市場が対象

2019年2月3日にAppleが、中国にて2018年モデルiPhoneの値下げを行ったことで、売上が大幅に向上したことが明らかとなりました。

 

Apple、中国にて2018年モデルiPhoneの売上が大幅に向上

2019年2月3日にAppleが、中国市場にて2018年モデルiPhoneの売上が大幅に向上していることが明らかとなりました。

 

 

Appleは、中国にて2019年1月から「iPhone XR」と「iPhone XS」、「iPhone XS Max」の値下げを行っております。

 

2018年モデルiPhoneの値下げは、キャリアから行われ、その後は小売店でも値下げが実施されております。

 

2018年モデルの中でもiPhone XRが大幅に値下げ

値下げされた2018年モデルiPhoneの中でも、エントリーモデルである「iPhone XR」は大幅な値下げが実施されております。

 

2018年モデルiPhoneの値下げ以降、2018年12月よりも大幅に売上が伸びていることが報じられております。

 

販売台数に関しては、前月と比較して約76%も増加していることが報じられております。

 

iPhoneの値下げを実施した家電量販店「Suning」でも売上が伸びており、2017年モデルである「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」、2018年モデルの「iPhone XR」を中心として売れているようです。

 

これにより、2019年1月30日時点でApple製品だけの前月比の売上が83%も増加したようです。

 

日本でもiPhone XRの値下げが行われているが

Appleは、日本でも「iPhone XR」の値下げを実施しております。

 

対象となっているのは大手3キャリアであるauとSoftbank、Docomoが対象となっており、Apple公式オンラインストアである「Apple Store」やオンラインストアでは値下げは行われておりません。

 

日本市場では、「iPhone  XR」が販売された直後でも2017年モデルである「iPhone 8」が売れてリ、2018年モデルiPhoneの販売台数が伸び悩んでおりました。

 

その後、大手3キャリアにて販売価格の値下げが行われたことで、日本市場でも徐々に販売台数が増加してきているようです。

 

しかし、SIMフリーモデルを購入したい場合は、値下げが行われていない価格で購入する必要があるため、格安SIMことMVNOで運用する場合は初期出費が大きくなります。

[MacRumors]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次