Nintendo Switch、2019年に出荷台数を縮小-廉価版モデルは期待できるのか

2019年1月28日に任天堂が、家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」を2019年に出荷台数を25%〜30%まで縮小する可能性が浮上してきました。

 

これにより、「Nintendo Switch」の廉価版モデルの登場に期待が集まっております。

 

Nintendo Switch、2019年中に出荷台数を25%〜30%縮小か

2019年1月28日に任天堂が、家庭用ゲーム機である「Nitendo Switch」の出荷台数を2019年中に縮小する可能性が浮上してきました。

 

 

メディアサイト「DigiTimes」によると、任天堂が「Nintendo Switch」の出荷位台数を縮小予定であることを報じております。

 

同氏によると、2019年における「Nintendo Switch」の出荷位台数は、2018年よりも25%〜30%ほど縮小されるようです。

 

Nintendo Switchの需要は緩和状態に

「Nintendo Switch」の出荷台数の縮小化の背景には、需要の緩和状態が大きく影響しているようです。

 

販売開始された2017年から順調に売れておりましたが、ここ数ヶ月から需要の緩和状態が起きているようです。

 

これを受けて任天堂は、2018年後半から製造発注数を引き下げていることが報じられております。

 

任天堂は、2018年の出荷台数を2,400万台を目標としておりましたが、実勢の出荷数は2,000万台未満であるようだ。

 

2019年における出荷台数は、およそ1,400万台〜1,500万台となることが予想されております。

 

Nintendo Switchの廉価版は登場するのか

同氏によると、「Nintendo Switch」のパーツは、上流サプライチェーンに保管されているようです。

 

保管されているパーツは、任天堂に支持に従って組み立てられ、出荷されるのを待っており、「Nitendo Switch」の売上と在庫レベルによる出荷が行われるようです。

 

現在は、「Nintendo Switch」の出荷台数の減少は見られないが、徐々に減少することが予想されております。

 

また、任天堂が「Nintendo Switch」の廉価版モデルを開発している噂も挙がってきており、新型モデルの登場も期待されております。

 

なお、任天堂の古川社長は「今のところNitend Switchを値下げについて検討していない」とコメントしております。

[DigiTimes]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次