PayPay、クレジットカードの不正利用で謝罪へ-カード履歴の確認を推奨

2018年12月19日にYahoo!とSoftBankが提供している電子決済サービス「PayPay」が、システムの制限処理を悪用したクレジットカードの不正利用についてお詫びしていることがわかりました。

 

「PayPay」は、不正利用が無いことをカード履歴で確認することを推奨しております。

 

PayPay、クレジットカード不正利用問題で謝罪へ

2018年12月19日にYahoo!とSoftBankが提供している電子決済サービス「PayPay」にて起きている、クレジットカードの不正利用についてお詫びしていることがわかりました。

 

 

電子決済サービス「PayPay」は、12月頭に開催した「100億円あげちゃうキャンペーン」で一躍知名度を上げております。

 

 

「100億円あげちゃうキャンペーン」は、開催からわずか10日で予算である100億円を使い切った実績があります。

 

一方で、「PayPay」に登録していないユーザーから「PayPay」による支払いが確認されたとして、クレジットカードの不正に利用されていることが報じられております。

 

この問題に対して「PayPay」は、同社のWEBサイトにてお詫びのページを公開しております。

 

クレジットカードを持っているだけでPayPayの被害に

今回の問題は、「PayPay」への登録や使用の関係は無く、ただクレジットカードを持っているだけで不正利用に繋がる点が挙げられます。

 

クレジット決済にはセキュリティのための「セキュリティコード」を入力する必要があります。

 

通常であれば、クレジットカードの「セキュリティコード」の入力は、数回間違えるとロックが掛かる仕様になるのですが、「PayPay」の場合は、何回間違えても再入力することが可能となっております。

 

「セキュリティコード」は、クレジットカードの裏面にある3桁の数値で構成されているため、1000回試すだけでクレジットカードの「セキュリティコード」を総当たりすることができます。

 

「PayPay」による悪用方法は至って簡単で、「PayPay」でクレジットカードの「セキュリティコード」である数値をランダム入力を繰り返すことで、クレジットカードを悪用することができる。

 

見覚えのないクレジットカード請求が来たらどうするのか

12月14日に「PayPay」は、見に覚えのないクレジットカードの請求が来た場合、クレジットカード会社へ連絡することを推奨しております。

 

 

また、これ以上クレジットカードによる決裁を行わせないために、クレジットカードをロックする必要も出てきます。

 

「PayPay」としては、クレジットカードの利用履歴をチェックし、不正に利用されていないことを確認することを推奨しております。

 

12月18日には「PayPayアプリアップデートのお願い」として、クレジットカードの入力制限を設けることで、不正利用の対応を行ったと発表しております。

 

詳しい「PayPay」の情報は、「お客様へのお詫び」をご参照下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次