次期Surface LaptopはAMDベースへ!?Surface Studioはモジュール化

2018年11月30日にMicrosoftが、次期「Surface Laptop」へAMDベースとしたモデルを開発中であることが明らかとなりました。

 

次期「Surface Studio」に関してはモジュール式となり、次期「Surface Book」はヒンジが改良されることが報じられております。

 

2019年のSurface関連の発表イベントは、早ければ2019年春以降となるようです。

 

次期Surface Laptop、AMDをベーズとして登場か

2018年11月30日にMicrosoftのラップトップPCである「Surface Laptop」が、将来的にAMDをベースとなることが報じられております。

 

 

メディアサイト「Neowin」の編集者であるBrad Sams氏によると、本日「Beneath a Surface」という本を出版するようです。

 

この本には、「Surface」シリーズの将来を示したロードマップが書かれており、次期「Surface Laptop」に関する情報も含まれております。

 

公開された一部の情報によると、Microsoftが現在開発している「Surface Laptop」の中にはAMD製プロセッサを搭載した新しい「Surface Laptop」開発していると報じられております。

 

AMDプロセッサを搭載した「Surface Laptop」は、早ければ2019年第4四半期に登場することが記述されているため、2019年10月~12月に登場することとなります。

 

Andromedaに関する情報も

現在、Microsoft内で動いているプロジェクトの中で最も注目されているものは、「Andromeda(アンドロメダ)」というコードネームをもったディバイスが挙げられます。

 

「Andromeda」は、2018年に入り耳にするようになったキーワードであり、ポケットサイズのディバイスであることが報じられております。

 

また、「Andromeda」は折りたたみ式の2画面ディバイスであると報じられておりました。

 

しかし、Brad Sams氏によると「Andromeda」の設計はすでに廃止されているようです。

 

Surface Studioはモジュール式に

Microsoftは、「Surface Hub 2」で採用したモジュール式のコンセプトを、「Surface Studio」の後継機にも採用するようです。

 

 

情報によると、次期「Surface Studio」はCPUなどを取り出すことができる「Surface Studio モニター」が現在開発されているようです。

 

また、ノートPCである「Surface Book」に関しては、ヒンジ部分の改良に取り組んでおり、2019年第1四半期まで新型モデルが登場する可能性は低いとのことです。

 

同氏は、Microsoftは2019年の春に発表イベントを開催する計画があるようですが、計画が変更されているため、イベントが中止される可能性もあるようです。

[Neowin]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次