iPhone、日本では前年比の出荷台数が27.5%増と依然として大人気

2018年11月28日にAppleのiPhoneが、日本のスマートフォン出荷台数における前年同期比が27.5%増であることが明らかとなりました。

 

2018年モデルiPhoneは、出荷台数が削減されるなど需要の低下が報じられておりましたが、日本では依然として人気であることが判明しております。

 

日本では依然としてiPhoneが大人気-もちろん2018年モデルも

2018年11月28日に日本におけるスマートフォンの出荷台数のうち、AppleのiPhoneが前年同期比で27.5%増であることが判明しております。

 

 

調査会社の「IDC Japan」が、2018年における携帯電話およびスマートフォンの出荷位台数のレポートを公開しております。

 

2018年におけるスマートフォンの出荷台数は、前年同期から5.6%の732万台であることが発表されております。

 

そして、2018年9月にAppleから新型iPhoneが発表されたことで、出荷台数が前年同期比で27.5%増の355万台となったことが報じられております。

 

Apple、日本国内のスマートフォン出荷シェアで48.3%

「IDC Japan」は、2018年のスマートフォンの出荷シェアを公開しております。

 

こちらの出荷シェアから、日本におけるAppleのiPhoneの出荷シェアは48.3%であることが判明しております。

 

日本で出荷されているスマートフォンのうち約半分がiPhoneであることを意味しております。

 

iPhoneの出荷位台数の伸びは、ガラケーユーザの乗り換えやAndroidからiPhoneへの乗り換え、iPhoneから新型iPhoneへの乗り換えが大きな要因となっているようです。

 

また、各キャリアの4年縛りで実質端末料金が半額になるプランなどもiPhoneの出荷台数の増加に繋がっているようです。

 

iPhone、世界では伸び悩んでいても日本ではやっぱり売れている

2018年モデルであるiPhoneは、高額化により想定よりも売れていないことが報じられております。

 

これを受けてApple側は、「iPhone XR」の出荷位台数の削減や、一度販売・生産を終了していた「iPhone X」の再稼働も検討していることが報じられております。

 

 

しかし、日本の出荷台数に着目すると、出荷台数が伸び悩んでいるどころか、27%も増加していることがわかります。

 

2018年においては、日本でもGoogleの「Google Pixel 3」が販売され、大きな打撃となることが考えられておりましたが、大きな影響は無かったと言えるでしょう。

[IDC Japan]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次