Surface Pro 6はiPad Pro 11Inchよりも折れ曲がりづらい

2018年11月24日にMicrosoftから販売されている「Surface Pro 6」が、Appleの「iPad Pro 11Inch」よりも折れ曲がりづらいことが明らかとなりました。

 

Surface Pro 6の耐久動画が公開される

2018年11月24日にMicrosoftから販売されたばかりの「Surface Pro 6」の耐久動画が公開されたことが確認されております。

 

 

 

YouTuberであるJerryRigEverythingが、「Surface Pro 6」の開封から耐久テストを記録した動画を公開しております。

 

「Surface Pro 6」は、タブレットPCというジャンルのディバイスで、「Windows 10 Pro」を搭載したタブレットのため、Windowsの機能を全て利用することができます。

 

テストでは、「Surface Pro 6」の引っ掻きテストや折り曲げなどの耐久テストが行われております。

 

Surface Pro 6のテスト結果

引っ掻きテスト

「Surface Pro 6」のはじめのテストは、引っ掻きテストとなります。

 

テストは、モース硬度単位でスクラッチテストが行われております。

 

「Surface Pro 6」の引っ掻きテストでは、モース硬度6で画面に傷が付き始めていることが確認されており、これはAppleの「iPad Pro」同じ耐久度であることがわかります。

 

折り曲げテスト

ライバルである「iPad Pro」は、簡単に折り曲げが可能であることが前回の実験で確認されております。

 

 

「Surface Pro 6」の折り曲げテストを実施したところ、「iPad Pro」よりも折り曲がりづらい結果が得られております。

 

 

テストの結果は、「Surface Pro 6」が曲がらないという結果ではなく、最終的には「Surface Pro 6」は折れ曲がってしまっております。

 

なぜSurface Pro 6は折れ曲がりづらいのか

1つの理由となっているのは、「Surface Pro 6」は12.3インチかつ厚みが2.5mmと「iPad Pro」よりも全体的に大きいことが挙げられます。

 

また「Surface Pro 6」には、本体を支えるためのキックスタンドが搭載されているため、耐久性能に大きく影響していることがわかります。

 

本体素材に対しても、「iPad Pro」がアルミ合金であるのに対し、「Surface Pro 6」はマグネシウム合金と大きく異なっております。

 

今回のテストから、「iPad Proが壊れやすい!」「Surface Pro 6は壊れない!」という話ではなく、あくまでも参考程度の耐久テストであり、日常生活ではディバイスが壊れないように安全に取り扱う必要があります。

[YouTube]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次