Apple、文鎮化問題を解決したwatchOS 5.1.1として再リリースへ

2018年11月6日にAppleが、文鎮化問題を起こしていた「watchOS 5.1」を修正し「watchOS 5.1.1」として再リリースしたことが明らかとなりました。

 

なお、「watchOS 5.1.1」のリリースノートは「watchOS 5.1」から変更されておりませんので、新機能の追加はないようです。

 

Apple、文鎮化問題が起きていたwatchOS 5.1をwatchOS 5.1.1として再リリースへ

2018年11月6日にAppleが、Apple Watch用OSの最新バージョン「watchOS 5.1.1」を再リリースしていることが明らかとなりました。

 

 

Appleは、先日リリースをストップしていた「watchOS 5.1」を再度リリースしていることが確認されております。

 

当初「watchOS 5.1」は、一部のApple Watchにてインストール後にAppleのロゴが表示されたまま動かないバグが見つかっております。

 

このバグを受けて、一時リリースが停止されておりましたが、本日より修正版「watchOS 5.1.1」が再リリースされているようです。

 

watchOS 5.1の文鎮化問題とは?

「watchOS 5.1」の文鎮化問題は、一部のApple Watchにのみ起きるバグであることが報じられております。

 

 

中でも新型モデルである「Apple Watch Series 4」にてバグが起きる可能性が高いと報告されております。

 

この問題は、一時OSのリリースが止まるどころか、Appleから公式サポート文章が公開される程の騒ぎとなりました。

 

文鎮化してしまったApple Watchは、強制終了することが推奨されておりますが、強制終了でも治らない場合は、サポートセンターへ問い合わせる必要があるようです。

 

文鎮化が起きていないユーザーは影響なし

Appleは、文鎮化が起きていない「Apple Watch」はこれまでどおり使用できることをアナウンスしております。

 

再リリースされた「watchOS 5.1」が適応されている場合は、バージョン「watcOS 5.1.1」が適応されていれば大丈夫です。

 

なお、「watchOS 5.1.1」のリリースノートには、前回の「watchOS 5.1」と同じ内容が表記されているため、新しい機能追加などはありませんのでご注意ください。

 

そのため、文鎮化問題は「watchOS 5.1」が正常にアップデートが完了してしまえば問題ないですが、念のため最新バージョンへアップデートすることを推奨します。

[MacRumors]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次