TOP

2019年1月23日 | テクノロジー

Apple、2020年モデルのiPhoneすべてに有機EL(OLED)ディスプレイを採用か

2019年1月23日にAppleが、2020年モデルのiPhone全てに有機EL(OLED)ディスプレイを採用する可能性が浮上してきました。...

2019年1月23日 | テクノロジー

Apple、AirPowerを2019年後半に販売開始か

2019年1月23日にAppleが、2019年後半にワイヤレス充電マットである「AirPower(エアーパワー)」を販売開始する可能性が浮上...

2019年1月22日 | テクノロジー

Facebook、十代向け写真共有アプリ「LOL」を作成するも人気がでず

2019年1月22日にFacebookが、10代向けの写真共有アプリ「LOL」を試験的に導入していることが明らかとなりました。 &nb...

2019年1月22日 | テクノロジー

日本Microsoft、Surfaceと家庭向けに「Microsoft Office 2019」を販売開始へ

2019年1月22日にMicrosoftが、ご家庭向け最新Officeである「Microsoft Office 2019」の販売を開始したこ...

2019年1月21日 | テクノロジー

iPhone XS Maxの後継機は3眼カメラと4,000mAhの大型バッテリーを搭載か

2019年1月21日にAppleが、2019年モデルとして登場する「iPhone XS Max」の後継機にて、3眼カメラと4,000mAhの...

2019年1月21日 | テクノロジー

米Apple、iPhone SEを値引き販売へ-iPhone SE 2

2019年1月21日にAppleが、アメリカにて「iPhone SE」の値下げ販売を開始したことが明らかとなりました。   ...

2018年11月1日

iOS 12.1、iPhone 8/8 Plus/Xでもパフォーマンスの管理が可能に

2018年11月1日にAppleからリリースされた「iOS 12.1」にて、2017年モデルである「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」、「iPhone X」でもパフォーマンスの管理が可能になったことが明らかとなりました。

 

iOS 12.1、iPhone 8とiPhone 8 Plus、iPhone Xでもパフォーマンスの管理が可能に

2018年11月1日にAppleからリリースされた「iOS 12.1」にて、「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」、「iPhone X」でもパフォーマンスの管理が可能になったことが明らかとなりました。

 

 

Appleは、2018年10月31日にiOSの最新バージョンとして「iOS 12.1」を正式にリリースしとります。

 

「iOS 12.1」では、2017年モデルである「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」、「iPhone X」でもパフォーマンス管理が利用できるようになったようだ。

 

パフォーマンスの管理機能とは?

「パフォーマンス管理機能」とは、バッテリーが劣化した場合にiPhone本体が突然のシャットダウンなどの不具合を回避するための制限を管理する機能となります。

 

iPhoneなどの搭載されているリチウムイオンバッテリーは、科学的経年劣化やバッテリー残量がスクアに場合に、安定した電力が不十分になることがあります。

 

安定した電力が十分に供給されない場合、突然のシャットダウンやシャットダウンの繰り返し、他のパーツを故障させるなどの不具合が起きるようです。

 

iOSでは、これらの不具合を管理するために意図的にiPhoneのパフォーマンスを落とし、安定した動作を行うような制限が設けられております。

 

「パフォーマンス管理機能」では、安定した動作のための制限をユーザーの手で解除することができる機能となります。

 

iPhone 8/8 Plus/Xは新設計のため不要のはずだが

Appleは、当初2017年モデルである「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」、「iPhone X」には新しい設計となっているため、バッテリーの電力性能と必要電力を正確に見積もることができるとコメントしておりました。

 

これにより、2017年モデルのiPhoneは、システム全体のパフォーマンスを最大限に引き出すことができるため、パフォーマンスの制限は不要であると答えております。

 

これらの理由から、「iOS 11.3」ではパフォーマンスの制限機能を「iPhone 6」と「iPhone 6s」、「iPhone 7」、「iPhone SE」のみに提供しております。

 

今回Appleは、2017年モデルのiPhone向けにもパフォーマンス管理機能をリリースしたということは、少なからずiOSレベルでパフォーマンスの制限機能があるということになるでしょう。

[iPhone のバッテリーとパフォーマンス]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)