TOP

2018年11月14日 | テクノロジー

Spotify、念願のApple Watchに対応へ

2018年11月14日に音楽ストリーミングサービス「Spotify」が、Appleのウェアラブルデバイス「Apple Watch Serie...

2018年11月14日 | テクノロジー

YouTube、広告非表示やオフライン再生が可能な月額1180円の有料プラン「YouTube Premium」をリリース!

2018年11月14日にGoogleが、動画サイト「YouTube」向けに広告を非表示にできる有料プラン「YouTube Premium(ユ...

2018年11月13日 | テクノロジー

iFixit、iPad Pro 2018とApple Pencil(第2世代)の分解レポートを公開-バッテリが僅かに小さく

2018年11月13日にiFixitが、Appleから販売開始されたばかりの「iPad Pro 2018」の分解レポートを公開したことが明ら...

2018年11月13日 | テクノロジー

Apple、新型「AirPods 2」を2018年中に販売開始か

2018年11月13日にAppleが、ワイヤレスイヤフォン「AirPods」の後継機「AirPods 2」を2018年中に販売開始する計画が...

2018年11月12日 | テクノロジー

新型iPad Pro 2018の「A12X Bionic」チップは最大2.50GHzとノートPC級であることが判明

2018年11月12日にAppleから販売されている新型「iPad Pro 2018」の「A12X Bionic」チップのクロック周波数が最...

2018年11月12日 | テクノロジー

Apple、iPhone XRの生産台数を需要と品質の問題により削減-約500万台

2018年11月12日にAppleが、2018年モデルである「iPhone XR」の生産台数を400~500万台ほど削減する方針であることが...

2018年11月1日

iOS 12.1、iPhone 8/8 Plus/Xでもパフォーマンスの管理が可能に

2018年11月1日にAppleからリリースされた「iOS 12.1」にて、2017年モデルである「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」、「iPhone X」でもパフォーマンスの管理が可能になったことが明らかとなりました。

 

iOS 12.1、iPhone 8とiPhone 8 Plus、iPhone Xでもパフォーマンスの管理が可能に

2018年11月1日にAppleからリリースされた「iOS 12.1」にて、「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」、「iPhone X」でもパフォーマンスの管理が可能になったことが明らかとなりました。

 

 

Appleは、2018年10月31日にiOSの最新バージョンとして「iOS 12.1」を正式にリリースしとります。

 

「iOS 12.1」では、2017年モデルである「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」、「iPhone X」でもパフォーマンス管理が利用できるようになったようだ。

 

パフォーマンスの管理機能とは?

「パフォーマンス管理機能」とは、バッテリーが劣化した場合にiPhone本体が突然のシャットダウンなどの不具合を回避するための制限を管理する機能となります。

 

iPhoneなどの搭載されているリチウムイオンバッテリーは、科学的経年劣化やバッテリー残量がスクアに場合に、安定した電力が不十分になることがあります。

 

安定した電力が十分に供給されない場合、突然のシャットダウンやシャットダウンの繰り返し、他のパーツを故障させるなどの不具合が起きるようです。

 

iOSでは、これらの不具合を管理するために意図的にiPhoneのパフォーマンスを落とし、安定した動作を行うような制限が設けられております。

 

「パフォーマンス管理機能」では、安定した動作のための制限をユーザーの手で解除することができる機能となります。

 

iPhone 8/8 Plus/Xは新設計のため不要のはずだが

Appleは、当初2017年モデルである「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」、「iPhone X」には新しい設計となっているため、バッテリーの電力性能と必要電力を正確に見積もることができるとコメントしておりました。

 

これにより、2017年モデルのiPhoneは、システム全体のパフォーマンスを最大限に引き出すことができるため、パフォーマンスの制限は不要であると答えております。

 

これらの理由から、「iOS 11.3」ではパフォーマンスの制限機能を「iPhone 6」と「iPhone 6s」、「iPhone 7」、「iPhone SE」のみに提供しております。

 

今回Appleは、2017年モデルのiPhone向けにもパフォーマンス管理機能をリリースしたということは、少なからずiOSレベルでパフォーマンスの制限機能があるということになるでしょう。

[iPhone のバッテリーとパフォーマンス]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)