AppleはもうiPhone SEの後継機を発表することはないかもしれない

2019年9月17日にAppleが、「iPhone SE」を今後も発表しない可能性が浮上してきました。

 

「iPhone SE」は販売中止されているため、在庫がなくなり次第、入手不可能となるようです。

 

iPhone SEの後継機が登場する可能性は低い

2019年9月17日にAppleが、廉価版iPhoneこと「iPhone SE」の後継機を今後も発表しない可能性が浮上してきました。

 

 

2018年頭頃からAppleから「iPhone SE」の後継機が発表されると噂されておりましたが、2018年9月に開催されたスペシャルイベントでも発表されませんでした。

 

TechCrunchの記者デビン・コーデュヴァイ氏は、「iPhone SE」は2018年モデルのiPhoneの発表と同時にその役目を終えたことをコメントしている。

 

そのため、今後も「iPhone SE」の後継機が発表される可能性が非常に低くなったことが報じられております。

 

iPhone SE 2の販売も中止へ

「iPhone SE」の後継機として噂されていた「iPhone SE 2」は、開発・発表が中止されたこととなります。

 

現在、「iPhone SE」のページへ行こうとすると、iPhoneのホームページに戻される動きとなっております。

 

仮にAppleが「iPhone SE 2」の発表を計画していたのであれば、「iPhone SE」のページは残していただろう。

 

さらに「iPhone SE 2」の計画が生きていれば、「iPhone SE」の販売を継続するはずですが、Appleのサイトからは完全に削除されております。

 

このことから、「iPhone SE 2」が発表される可能性は絶望的であることがわかります。

 

iPhone SEの後継機はiPhone 8へ

Appleが「iPhone SE」の販売を終了したことで、事実上「iPhone 8」が後継機となります。

 

 

「iPhone 8」の現在の販売価格は、税別で67,800円で案内されております。

 

「iPhone SE」の販売価格は、39,800円〜50,800円で購入できたため、廉価版iPhoneも値上げされたこととなります。

 

なお、現在も販売されている「iPhone 7」の販売価格は、税別で50,800円で購入できます。

 

現在、コストパフォーマンスでiPhoneの購入を検討しているユーザーは、「iPhone 8」がベストな選択肢となるでしょう。

[TechCrunch]

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次