TOP

2018年8月30日

iPad mini、2018年も新モデルの追加はないかもしれない-3年目に突入か

2018年8月30日にAppleが、2018年も「iPad mini」の後継機を発表しない可能性が浮上してきました。

 

 

「iPad mini」の最新モデルは「iPad mini 4」ですが、2015年に発表されたモデルとなりますので、アップデートが3年間も止まることとなりそうです。

 

 

Apple、2018年も新型iPad miniを発表せず

2018年8月30日にAppleが、2018年も新型「iPad mini」を発表する予定がない可能性が浮上してきました。

 

 

 

 

「iPad mini」は、名前の通り7.9インチディスプレイを搭載した小型のiPadとなります。

 

 

最新モデルである「iPad mini 4」は、2015年に発表されたハードウェアであることから、アップデートが2年間もアップデートされていないことがわかります。

 

 

2018年も「iPad mini」の発表がなければ、アップデートが3年間もされていないこととなります。

 

 

「iPad mini」の新型に関する情報に関しては、別のリーク情報でも「iPad mini」のアップデートが見送られることが報じられていたため、信憑性が高いことがわかります。

 

 

 

 

2018年はiPad Proを発表するのみ

Appleは、残すところ2018年モデルとして「iPad Pro」を発表するだけであることが報じられております。

 

 

 

 

「iPad Pro 2018」は、2017年モデルである「iPhone X」を継承することにより、今までにないほど大型アップデートされることが報じられております。

 

 

「iPad Pro 2018」のラインアップは、現行モデルと同じ10.5インチモデルと12.9インチモデルの2種類でラインアップすることが報じられております。

 

 

2018年モデルに関するiPadの情報は「iPad Pro」のものしか挙がってきていないため、7.9インチである「iPad mini」を発表する予定はない説が有力とされております。

 

 

iPad miniは完全にiPadに据え置きされたのか

Appleは、手頃な価格でiPadを購入である「iPad」を発表しております。

 

 

「iPad」は、2018年3月にも新型が発表され、安くiPadを購入できるとして人気を集めております。

 

 

 

「iPad」のディスプレイサイズは、9.7インチと「iPad mini」よりも一回り大きいサイズが採用されております。

 

 

スペック面では、「iPad mini 4」がA8チップであるのに対し、「iPad」はA10 Fusionチップ+Apple Pencil対応と大きな差が開いている。

 

 

価格面でも、「iPad」のエントリーモデル(32GB)であれば3万7,800円で購入できるのに対し、「iPad mini 4」は128GBモデルで4万5,800円と約8千円も高いことがわかります。

 

 

噂によるとAppleは、「iPad mini」の生産を間もなく終了すると言われており、「iPad」へ置き換えられることが予想されております。

[AppleInsider]

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Now Loading...

Now Loading...