Windowsの「付箋」がiOSとAndroid向けに2018年中にリリースか

2018年8月21日にMicrosoftが、「Windows 10」向けアプリケーション「付箋」のiOS版とAndroid版を2018年中にリリースする予定であることが明らかとなりました。

 

いよいよWindowsの「付箋」がiOSとAndroidに登場!

2018年8月21日にMicrosoftが、「Windows 10」の標準アプリケーションである「付箋」をiOSとAndroid向けアプリケーションとしてリリースする方針であることが明らかとなりました。

 

 

 

 

「Windows 10」の標準アプリとして有名な「Sticky Notes」こと「付箋」が、いよいよiOSとAndroid向けにリリースする方針であることが報じられております。

 

 

「付箋」は、デスクトップ上にメモを残すために作成されたアプリケーションとなっており、簡単にペーパーレスを実施することができます。

 

 

このアプリケーションは、Windows標準アプリの中でも利用頻度が高いため、リリースされるのが楽しみなユーザーもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

Windows 10の付箋アプリ

「付箋」自体は、昔からWindowsに搭載されているため、「Windows 10」で初めて登場したわけではありません。

 

 

しかし、「Windows 10」から大幅にアップデートされたことで以下の新機能が追加されております。

 

  • 背景が黒くなる「ダークモード」の追加
  • 書式を変更できる「書式バー」の追加
  • アニメーション機能追加
  • パフォーマンスの向上
  • 音声読み上げ機能
  • 「アクセシビリティ機能」によるコントラストの向上
  • ペイント機能

 

これらのアップデートは、「Windoes Insidersプログラム」に参加しているデベロッパー向けに先行公開しております。

 

 

Microsoftは、一般ユーザー向けには後ほど公開することを約束しております。

 

 

「付箋」は2018年中にリリースされ、Microsoftアカウントで同期可能か

Microsoftは、iOS/Android向けアプリケーション「付箋」を2018年中にリリース予定であることが予想されております。

 

 

「付箋」は、Microsoftアカウントのクラウド機能を利用することで、iPhoneやiPad、Android端末で自動同期することができます。

 

 

すでに同様の機能である「OneNote」がありますが、これよりも手軽で簡単なメモを取ることに特価しております。

 

 

ユーザーは、使用用途に合わせて「OneNote」と「付箋」を使い分けることができるようになります。

[iPhoneHacks]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次