TOP

2019年1月24日 | テクノロジー

Apple、新型AirPods 2を2019年6月までに販売開始か-健康関連機能が追加!?

2019年1月24日にAppleが、ワイヤレスイヤホンである「AirPods」の新型「AirPods 2」を2019年前半に販売する可能性が...

2019年1月24日 | テクノロジー

総務省、12月に起きたSoftBankの通信障害を行政指導へ-業界へ情報共有を呼びかけ

2019年1月24日に総務省が、Softbankへ2018年12月6日におきた通信障害に関する行政指導を実施したことが明らかとなりました。 ...

2019年1月23日 | テクノロジー

Apple、2020年モデルのiPhoneすべてに有機EL(OLED)ディスプレイを採用か

2019年1月23日にAppleが、2020年モデルのiPhone全てに有機EL(OLED)ディスプレイを採用する可能性が浮上してきました。...

2019年1月23日 | テクノロジー

Apple、AirPowerを2019年後半に販売開始か

2019年1月23日にAppleが、2019年後半にワイヤレス充電マットである「AirPower(エアーパワー)」を販売開始する可能性が浮上...

2019年1月22日 | テクノロジー

Facebook、十代向け写真共有アプリ「LOL」を作成するも人気がでず

2019年1月22日にFacebookが、10代向けの写真共有アプリ「LOL」を試験的に導入していることが明らかとなりました。 &nb...

2019年1月22日 | テクノロジー

日本Microsoft、Surfaceと家庭向けに「Microsoft Office 2019」を販売開始へ

2019年1月22日にMicrosoftが、ご家庭向け最新Officeである「Microsoft Office 2019」の販売を開始したこ...

2018年7月20日

Apple、第3世代のバタフライキーボードへホコリの侵入を防ぐためにシリコンカバーを採用したことを認める

2018年7月20日にAppleが、「Macbook Pro Touch Bar 2018」へ採用した第3世代のバタフライキーボードへ、ホコリの侵入を防ぐためにシリコンカバーを採用したことを認めたことがわかりました。

 

 

Apple、第3世代のバタフライキーボードへシリコンカバーを採用したことを認める

2018年7月20日にAppleが、先日発表された「Macbook Pro Touch Bar 2018」へ採用した第3世代のバタフライキーボードへ、ホコリの侵入を防ぐためにシリコンカバーを採用したことを認めたことがわかりました。

 

 

 

メディアサイト「MacRumors」によると、Appleは第3世代のバタフライキーボードのキー下部へ、シリコンカバーを採用したことを認めていることを発表しております。

 

 

Appleは、同社のWEBページにて第3世代のバタフライキーボードの特徴はタイピング音が静かになったことであるとアピールしている。

 

 

しかし、ディバイスの解体レポートで有名な「iFixit」が第3世代のバタフライキーボードの内部構造を公開したことで、タイピング音が静かになったことは、シリコンカバーの採用による副採用であることが確認されております。

 

 

Apple内部の文章には?

「MacRumors」が入手した、AppleがApple正規サービスプロバイダへ配布した文章には以下のように綴られているようです。

 

 

キーボードとキーキャップ

キーボードのキーボードの下には、バタフライ構造へホコリが入ることを防ぐために薄い膜が入っています。

スペースバーを交換する方法も、以前のモデルと変わっております。

キーキャップ部品の出荷が開始され次第、修理用マニュアルとサービス用ビデオを配布します。

 

 

この文章の中には、バタフライキーボードのシリコンカバーがホコリの侵入を防ぐために用意されていることが明記されております。

 

 

そのため、シリコンカバーを採用したのはタイピング音が静かにするためではなく、ホコリの侵入を防ぐためであることが明らかとされました。

 

 

第3世代のバタフライキーボードは前モデルでは不採用

Appleは、現在もバタフライキーボードにホコリが入り込むとキーボードが機能しなくなる問題に対する無償修理プログラムを実施しております。

 

 

 

 

対象となるMacbookは、バタフライキーボードを採用した2016年モデルと2017年モデルのMacbookおよびMacbook Proとなっております。

 

 

同プログラムでは、第1世代のバタフライキーボードにて不具合が起きた場合に、第2世代のバタフライキーボードへアップグレードすることが確認されております。

 

 

しかし、第2世代のバタフライキーボードにはシリコンカバーが搭載されていないため、問題が解決されていないことがわかります。

 

 

無償修理プログラムにて、第3世代のバタフライキーボードを採用しなければ、不具合が再発する可能性があるので、ユーザーから不満の声が挙がってきている。

[MacRumors]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)