TOP

2019年8月18日 | テクノロジー

Apple Watch、チタンモデルとセラミックモデルが追加か

2019年8月18日にAppleが、次期Apple Watchにてチタン製モデルとセラミック製モデルを追加する可能性が浮上してきました。 ...

2019年8月17日 | テクノロジー

Apple、Bluetoothの脆弱性をソフトウェアアップデートで対応

2019年8月17日にAppleが、iPhoneやMacなどから確認されたBluetoothの脆弱性をソフトウェアアップデートにて対応するこ...

2019年8月16日 | テクノロジー

Apple、HomePodの予約受付を開始!8月23日に販売開始へ

2019年8月16日にAppleが、日本でスマートスピーカー「HomePod」の予約受付を開始したことがわかりました。   ...

2019年8月15日 | テクノロジー

AirPods・Apple Watch・デスクトップ版Mac、9月1日より値上げか

2019年8月15日に「AirPods」と「Apple Watch」、デスクトップ版Macが、2019年9月1日より値上げされる可能性が浮上...

2019年8月14日 | テクノロジー

Amazon、キャッシュレス決済すると5%ポイント還元-一部商品が対象

2019年8月14日にAmazonが、2019年10月1日より一部商品にてキャッシュレス決済を行うと、5%ポイント還元を受けられることが明ら...

2019年8月12日 | テクノロジー

Huawei、独自OS「Harmony OS」を発表-今後もアップデートを続けるとコメント

2019年8月12日にHuaweiが、独自のOSである「Harmony OS」を正式発表したことが明らかとなりました。   ...

2018年7月19日

Microsoft、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeへの移行を呼びかけ

2018年7月19日にMicrosoftが、同社のブログにてインターネットブラウザである「Internet Explorer」から最新の「Microsoft Edge」への移行を呼びかけていることがわかりました。

 

 

 

Microsoft、IEからEdgeへ移行するようお願い

2018年7月19日にMicrosoftが、同社のブログにてWindowsの標準ブラウザであった「Internet Explorer」から「Microsoft Edge」へ移行するよう呼びかけていることがわかりました。

 

 

 

2018年7月18日にMicrosoft日本法人が、「Internet Explorerの今後について」というブログを公開したことが確認されております。

 

 

 

 

ブログの中では、Windows 10の登場により新ブラウザとして「Microsoft Edge」が登場したことや、これまでの古いブラウザである「Internet Explorer」の今後について記載されております。

 

 

Microsoftとしては、古いブラウザである「Internet Explorer」から最新のブラウザである「Microsoft Edge」への移行を呼びかけております。

 

 

Internet Explorerの現状

Microsoftによると、「Windows 10」のリリース後は、どの企業やユーザーも「Windows 10」への移行が順調に進められているようです。

 

 

しかし、搭載されているブラウザに関しては、企業が独自開発しているWEBシステムなどが「Internet Explorer」の利用を前提としているため、今後も利用されることが懸念されております。

 

 

「Internet Explorer」には、固有の機能が存在しているため、他のブラウザで同じページを開いてもうまく表示できず、依存性が高いブラウザであることは言うまでもないでしょう。

 

 

そのため、Microsoftは「Microsoft Edge」でも閲覧できるようにシステムと運用の見直しを検討するよう呼びかけている。

 

 

「Microsoft Edge」への移行は、サポートチームにとっての使命だと考えているとのこと。

 

Internet Explorerのサポート終了も近い!?

「Internet Explorer」のサポートチームは、今後数年間で「Internet Explorer」のみで動くWEBコンテンツは排他されていくだろうと予想している。

 

 

また、「Internet Explorer」のサポート提供は、将来の予定について問い合わせても回答することができないと記されている。

 

 

ブラウザ市場で考えると、「adobe Flash」のサポート期限が2020年であることやActiveXなどの古いテクノロジーが廃止されるため、ここ数年間でサポートが終了される機能が多々存在する。

 

 

システム開発に限っても、対応するブラウザを依存することなく設計することが今後問われていくのではないでしょうか。

[Microsoft]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)