TOP

2019年1月24日 | テクノロジー

Apple、新型AirPods 2を2019年6月までに販売開始か-健康関連機能が追加!?

2019年1月24日にAppleが、ワイヤレスイヤホンである「AirPods」の新型「AirPods 2」を2019年前半に販売する可能性が...

2019年1月24日 | テクノロジー

総務省、12月に起きたSoftBankの通信障害を行政指導へ-業界へ情報共有を呼びかけ

2019年1月24日に総務省が、Softbankへ2018年12月6日におきた通信障害に関する行政指導を実施したことが明らかとなりました。 ...

2019年1月23日 | テクノロジー

Apple、2020年モデルのiPhoneすべてに有機EL(OLED)ディスプレイを採用か

2019年1月23日にAppleが、2020年モデルのiPhone全てに有機EL(OLED)ディスプレイを採用する可能性が浮上してきました。...

2019年1月23日 | テクノロジー

Apple、AirPowerを2019年後半に販売開始か

2019年1月23日にAppleが、2019年後半にワイヤレス充電マットである「AirPower(エアーパワー)」を販売開始する可能性が浮上...

2019年1月22日 | テクノロジー

Facebook、十代向け写真共有アプリ「LOL」を作成するも人気がでず

2019年1月22日にFacebookが、10代向けの写真共有アプリ「LOL」を試験的に導入していることが明らかとなりました。 &nb...

2019年1月22日 | テクノロジー

日本Microsoft、Surfaceと家庭向けに「Microsoft Office 2019」を販売開始へ

2019年1月22日にMicrosoftが、ご家庭向け最新Officeである「Microsoft Office 2019」の販売を開始したこ...

2018年7月17日

2018年モデルのMacbook Proは2011年以来の大幅なスペックアップであることが判明

2018年7月17日にAppleから発表された「Macbook Pro Touch Bar 2018」モデルのスペックの伸び幅が、2011年以降最大であることが明らかとなりました。

 

 

Macbook Pro Touch Bar 2018のスペックアップは2011年ぶりの伸び幅

2018年7月17日にAppleから先日発表された「Macbook Pro Touch Bar 2018」のスペックアップが、2011年以降となる伸び率であることが判明しました。

 

 

 

 

先日、Appleの公式サイトにて突如発表された「Macbook Pro Touch Bar 2018」は、最近になり多くのベンチマークに登場しております。

 

 

 

「Macbook Pro Touch Bar 2018」は、CPUへ「Intel Core i9」が採用されたほか、最大メモリ容量が32GBまでアップグレードされ、注目が集まっております。

 

 

13インチモデルに関しても、CPUがデュアルコアから4コアへアップグレードされ、大幅なスペックアップが施されていることが確認されている。

 

 

これらのスペックアップは、2011年以降の伸び率であることが報じられております。

 

 

新旧のスペックを比較

Macbook Pro 15インチ

ベンチマークソフト「Geeibench 4」にて、新旧の「Macbook Pro 15インチ」を比較したデータが公開されております。

 

 

 

 

15インチモデルは、シングルコアのスコアが2017年モデルよりも12%~15%の向上していることが数値としてわかります。

 

 

マルチコアでは、39%~49%の伸び率をなっており、最大で2倍ので性能アップとなっている。

 

 

Macbook Pro 13インチ

対して、13インチモデルで同じく「Geekbench 4」を使用したデータはこちらとなります。

 

 

 

 

13インチモデルのシングルコアのスコアは、やや伸び率が低い3%~11%となっております。

 

 

しかし、マルチコア性能では81%~86%と大幅な伸び率を記録していることがわかります。

 

 

これは、搭載されているCPUがブーストによるクロックアップしている点や、CPUのコア数が倍となったことが大きな要因だと考えられている。

 

 

この伸び率は、2011年以降最大のスペックアップであると評価されております。

 

新しいMacbook Proはクリエータ向け

今回のアップグレードで、大幅にスペックアップしたことで、負荷がかかる作業も前モデルより高速に処理することができるようになりました。

 

 

これにより、4K動画などで必要なエンコード時間が前モデルよりも大幅に短縮することが期待されます。

 

 

動画編集は、膨大な時間を費やす点や、「Touch Bar」によりシュートカットなどを考慮すると「Macbook Pro Touch Bar 2018」はクリエーター向けのディバイスと言えるでしょう。

 

 

対して、今回アップデートされなかった「Macbook」や「Macbook Air」、「Macbook Pro 非Touch Bar」は、「ESC」キーや「Fn(ファンクション)」キーを必要としているユーザー向けとなります。

 

 

この時期にMacbookの購入を検討する際は、使用用途を定めることで大幅に作業効率が変化するので、ご注意ください。

[MacRumors]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)