Uber、ロンドンでの営業免許の剥奪撤回を求めて上告審へ

2018年6月26日にUberが、ロンドンでの営業免許を剥奪に対して、剥奪撤回を求めた上告審を開始したことが明らかとなりました。

 

 

Uberのロンドンでの営業免許の剥奪とは

Uberは、ロンドン交通局から企業としての責任感が欠落しているという理由で、ロンドンでの営業免許を剥奪することを発表しております。

 

 

 

 

Uberは、警察官のおとり捜査を回避できるソフトウェアツールや、ドライバーの健康診断の取得方法、犯罪報告書の誤りなど多く指摘事項が上がってきております。

 

 

中でも、警察官から逃れられるソフトウェアツール「Grayball」の利用が、免許剥奪の決め手となったようです。

 

 

Uber、ロンドンでの営業免許を剥奪を撤回を訴え上告審を開始

Uberは、ロンドン交通局から奪われた営業免許に対して、上告審を開始することが報じられております。

 

 

Uberは、ロンドンでの営業免許の剥奪撤回のために、以下の3つを改善することを発表しております。

 

 

  1. 社外取締役3人をイギリス役員メンバーに加えた、経営体制の改善
  2. 事件が起きたときに運転手と乗客へ責任転換させず、メトロポリタン警察へと積極的に報告する体制の構築
  3. Uber側で歯医者依頼を確認し、運転手がロンドン交通局よりラインセンスの付与されていることをアプリにてわかるように改修

 

 

業界的にUberの印象は悪く、信用することができない企業として知られておりました。

 

 

しかし、社長が交代してから印象が良くなるような社内体制へ再構築されている真っ最中ですので、場合によってはロンドン交通局から営業免許が付与される可能性もあります。

 

 

Uberはロンドンで360万人が利用している

Uberは、ロンドンだけでも焼く360万人のユーザーが利用していると報じられております。

 

 

ドライバーに関しては、45,000人も利用しており、タクシー業界に大きな影響を与えていることは間違いないでしょう。

 

 

Uber側も、自動運転やユーザーが酔っているか確認できる機能などなどの車両配達以外の新しい分野の開発も行っていることが報じられております。

 

 

日本のタクシー業界でもUberのアプリケーションを使った車両配達がすでに実施されているため、タクシー業界とUberは世界的に密接な関係にあることがわかります。

 

 

Uberとしては、全世界のタクシー業界と関連を持ちたいため、ロンドンでの営業再開を求めているようです。

[The Guardian]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次