TOP

2018年7月19日 | テクノロジー

2012年モデルのMacbook Proはサポートが終了されていないかもしれない

2018年7月19日にAppleが、「Macbook Pro Retina Mid 2012」のサポート終了製品へ登録しましたが、2018年...

2018年7月19日 | テクノロジー

Microsoft、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeへの移行を呼びかけ

2018年7月19日にMicrosoftが、同社のブログにてインターネットブラウザである「Internet Explorer」から最新の「M...

2018年7月18日 | テクノロジー

2018年モデルのiPhone用USB Type-C充電アダプタはしばらくは単体購入が難しいかもしれない

2018年7月18日にAppleが、2018年モデルのiPhone向けUSB Type-C充電アダプタがしばらくの間は単体購入が難しい状況と...

2018年7月18日 | テクノロジー

2018年に販売予定の3モデルのiPhone用フロントパネルが流出

2018年7月18日にAppleが2018年秋ごろに販売予定の3年モデルのiPhone用フロントパネルがリークされていることが明らかとなりま...

2018年7月17日 | テクノロジー

2018年モデルのMacbook Proは2011年以来の大幅なスペックアップであることが判明

2018年7月17日にAppleから発表された「Macbook Pro Touch Bar 2018」モデルのスペックの伸び幅が、2011年...

2018年7月17日 | テクノロジー

Apple、バタフライキーボードの無償修理プログラムで第3世代への交換は行わない!?

2018年7月17日にAppleが、バタフライキーボードの第1世代と第2世代を対象としている無償修理プログラムでは、第3世代のバタフライキー...

2018年6月25日

バタフライキーボードの無償修理は根本的な問題解決ではない

2018年6月22日にAppleは、「Macbook」と「Macbook Pro」に搭載している「バタフライキーボード」の問題を認め、無償修理サポートを行うことを発表しております。

 

しかし、無償修理サポートは「バタフライキーボード」の根本的な問題解決に至っていないことが指摘されております。

 

 

Apple、バタフライキーボードの欠陥を認め、無償修理サポートの実施を発表

2018年6月22日にAppleが、「Macbook」と「Macbook Pro」に搭載されている「バタフライキーボード」の問題を認め、無償修理サポートを実施することを発表しております。

 

 

 

 

「バタフライキーボード」の問題は、以下の症状であることがAppleの公式WEBサイトにて案内されております。

 

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押したときの反応が一定しない。

 

 

これらの症状が起きた「Macbook」および「Macbook Pro」は、Appleにて無償修理サポートを受けることができます。

 

 

また、過去にこれらの症状に対して修理を行ったユーザーに関しては、返金を受けられる可能性もあるようです。

 

 

 

 

バタフライキーボードの無償修理サポートは根本的な解決にはならない

アメリカのメディアサイト「9to5Mac」は、Appleが発表した「バタフライキーボード」の無償修理サポートは、根本的な解決にはならないと厳しい評価を下しております。

 

 

同誌によると、今回の問題は「バタフライキーボード」の構造上の欠陥であり、デザインを変更しなければ解決できない問題であると指摘しております。

 

 

打点感の浅い「バタフライキーボード」から、元のキーボードへ変更しなければ、問題が再発する可能性がある。

 

 

たとえAppleにて無償修理サポートを受けたとしても、根本的な解決が施されていないため、再度不具合が起きれば、もう一度Appleにて修理を依頼することとなります。

 

 

この問題は、第1世代の「バタフライキーボード」と第2世代の「バタフライキーボード」の両方で確認されているため、問題が起きない「バタフライキーボード」は存在しません。

 

 

同問題に遭遇しないためには、旧モデルのMacbookを購入するか、問題が解決された次期Macbookを購入するかの2択となります。

 

 

Apple、バタフライキーボードの問題は、少ない割合で起きているとコメント

Appleは、「バタフライキーボード」の問題に対して、「少ない割合のキーボードで起きている」とコメントを残しております。

 

 

しかし、「バタフライキーボード」の問題は、過去に2回の集団告訴が起きるほど、故障率が高いことが報じられております。

 

 

 

 

さらに、「バタフライキーボード」の無償修理サポートを訴える著名運動が、「Change.org」で実施されており、2018年6月25日時点で31,637 人が賛同しております。

 

 

Appleは、「バタフライキーボード」の問題は発生しにくい問題であるかのようにコメントしておりますが、実際に問題が起きている件数は決して少なくないことが予想されております。

 

 

 

改善された新しいキーボードは登場するのか

Appleは、Macbookのフルモデルチェンジを4年ごとに実施している傾向にあります。

 

 

「バタフライキーボード」については、登場から間もないため、次世代のキーボードが登場するにはあと数年も時間がかかることが予想されます。

 

 

問題を解決した「バタフライキーボード」の登場については、デザインそのものに欠陥があるため、第3世代の「バタフライキーボード」で解決する可能性は低いと評価されております。

 

 

この問題を解決するには、「バタフライキーボード」として改善するのではなく、新しいキーボードとして改善する必要があるため、根本的な問題解決にはまだまだ時間がかかるようです。

 

 

2018年後半に販売される「Macbook」と「Macbook Pro」に関しては、プロセッサの変更とメモリが32GBに対抗するなどハードウェアのマイナーチェンジに留まることが予想されております。

 

 

そのため、2018年モデルの「Macbook」と「Macbook Pro」でも、「バタフライキーボード」の問題が再発するのではないでしょうか。

[9to5Mac]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)