TOP

2020年2月21日 | テクノロジー

Apple、GaNを採用した小型USB-C充電アダプタを2020年中にリリースか

2020年2月21日にAppleから窒化ガリウムであるGaNを採用することで小型化したUSB-C充電アダプタを早ければ2020年中に販売する...

2020年2月20日 | テクノロジー

Android 11のプレビュー版を開発者へ公開!5G関連を大きく強化

2020年2月20日にGoogleが、次期Android OSである「Android 11」のプレビュー版をデベロッパー向けに公開したことが...

2020年2月19日 | テクノロジー

iPhone SE 2(iPhone 9)、早ければ4月に販売開始か-新型iPad Proも

2019年2月19日にAppleから「iPhone SE 2(iPhone 9)」が早ければ2020年3月より販売開始される可能性が明らかと...

2020年2月14日 | テクノロジー

Appleの公式サイトからノッチの無いiPhoneが確認される

2020年1月14日にAppleの公式サイトにてノッチの無いiPhoneの画像が発見されていることが明らかとなりました。  ...

2020年2月10日 | テクノロジー

iPhone SE2(iPhone 9)、3月に399ドル(約4万円)で発表か

2020年2月10日にAppleが、iPhone SEの後継機である「iPhone SE 2」こと「iPhone 9」を早ければ2020年3...

2020年2月6日 | テクノロジー / 自動車

フォードのマスタング、フランクに氷を詰めてクーラーボックス化をアピール

2020年2月6日にフォードの電気自動車であるマスタングのフランク(フロントトランク)へ氷を詰めてクーラーボックス化した使い方をアピールして...

2018年6月19日

Twitter、Apple Watch向けに公式アプリ「Chirp for Twitter」をリリース!

2018年6月19日にTwitterが、Appleのウェアラブルデバイス「Apple Watch」向けに公式アプリ「Chirp for Twitter」をリリースしたことが明らかとなりました。

 

 

「Chirp for Twitter」では、タイムラインの閲覧やツイート、リツイートなどの機能を利用することができるようです。

 

 

Twitter、Apple Watch向けに公式アプリ「Chirp for Twitter」を配信開始へ

2018年6月19日にTwitterが、「Apple Watch」向けの公式アプリとして「Chirp for Twitter」をリリースしたことが明らかとなりました。

 

 

 

 

Twitterからリリースされた「Chirp for Twitter」は、「Apple Watch」専用のアプリケーションとして配信されております。

 

 

「Chirp for Twitter」は、Twitterとは別アプリケーションのような印象を受けますが、完全にTwitterアプリケーションとして操作することができるようです。

 

 

なお「Chirp for Twitter」は、「App Store」にて無料でダウンロードすることができます。

 

 

Chirp for TwitterはTwitterの基本機能が利用できる

「Chirp for Twitter」では、Twitterの基本的な操作を行うことができるようです。

 

 

「Apple Watch」で利用できる機能には、ツイートの閲覧や書き込み、リツイートや「いいね」などを利用することが可能だ。

 

 

他には、タイムラインやトレンドのチェックなどを行うことができるため、iOS版「Twitter」と同等の機能を扱うことができるようです。

 

 

また、アプリ内課金を行い「Pro」へアップグレードすると、より多くの機能を利用することができるようになります。

 

 

Twitterは2017年9月にApple Watchのサポートを打ち切っていた

Twitterは、2017年9月に「Apple Watch」版「Twitter」のサポートを終了することを発表しております。

 

 

これは、Appleから次世代ウェアラブルデバイスとして「Apple Watch Series 3」が販売された直後でしたので、衝撃的なニュースとして報じられておりました。

 

 

しかし、「Apple Watch Series 3」はウェアラブルデバイスとして成功を遂げることで、一般ユーザーの間にも広まっていきました。

 

 

「Apple Watch Series 3」では、待望のLTE機能やバッテリー持続時間の向上などウェアラブルデバイスとして基本的な部分が大きく強化されております。

 

 

「Apple Watch Series 3」が前モデルよりも大幅にアップグレードされてことで、Twitterはもう一度、「Apple Watch」版「Twitter」の配信を決意したことがわかります。

 

 

なお、「Chirp for Twitter」の開発者であるウィル・ビショップ氏は「Apple WatchでTwitterを簡単に利用したかった」と言う思いから制作したようです。

 

 

「Chirp for Twitter」は、以下のリンクよりダウンロードすることができます。

 

 

[Apple Watch]

 

 

2018年6月20日 UPDATE

本アプリケーションは、Twitter公式アプリケーションではないことがわかりました。

 

「Chirp for Twitter」は、Twitter公式アプリケーションではなく、ウィル・ビショップ氏が作成・リリースしたものとなります。

 

この場にて、訂正させていただきます。

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

Comments

  1. Rx より:

    ツイッター公式が作ったように書いてある記事ですが、どこから得た情報でしょうか?
    作成者は個人で、ツイッター公式とは関係ありません。
    ツイッター公式は2017年9月にサポートを打ち切ったままです。

    ここまで素人レベル間違いのある記事はさすがに、このサイト全体の品質が問われてくるのでは、、

    0
    • newscofeesite より:

      申し訳ございません。
      Twitterが公式にリリースしていたと勘違いしておりました。
      訂正させていただきます。

      この度のご指摘いただきありがとうございました。

      0

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)