TOP

2018年11月14日 | テクノロジー

Spotify、念願のApple Watchに対応へ

2018年11月14日に音楽ストリーミングサービス「Spotify」が、Appleのウェアラブルデバイス「Apple Watch Serie...

2018年11月14日 | テクノロジー

YouTube、広告非表示やオフライン再生が可能な月額1180円の有料プラン「YouTube Premium」をリリース!

2018年11月14日にGoogleが、動画サイト「YouTube」向けに広告を非表示にできる有料プラン「YouTube Premium(ユ...

2018年11月13日 | テクノロジー

iFixit、iPad Pro 2018とApple Pencil(第2世代)の分解レポートを公開-バッテリが僅かに小さく

2018年11月13日にiFixitが、Appleから販売開始されたばかりの「iPad Pro 2018」の分解レポートを公開したことが明ら...

2018年11月13日 | テクノロジー

Apple、新型「AirPods 2」を2018年中に販売開始か

2018年11月13日にAppleが、ワイヤレスイヤフォン「AirPods」の後継機「AirPods 2」を2018年中に販売開始する計画が...

2018年11月12日 | テクノロジー

新型iPad Pro 2018の「A12X Bionic」チップは最大2.50GHzとノートPC級であることが判明

2018年11月12日にAppleから販売されている新型「iPad Pro 2018」の「A12X Bionic」チップのクロック周波数が最...

2018年11月12日 | テクノロジー

Apple、iPhone XRの生産台数を需要と品質の問題により削減-約500万台

2018年11月12日にAppleが、2018年モデルである「iPhone XR」の生産台数を400~500万台ほど削減する方針であることが...

2018年6月9日

Apple Watch Series 4、デジタルクラウンとボタンがセンサー式へ変更か

2018年6月9日にAppleから販売が噂されている「Apple Watch Series 4」へ、センサー式のデジタルクラウン(ダイヤル)とサイドボタンが配置される可能性が明らかとなりました。

 

 

Apple Watch Series 4、ボタン類をセンサー式に変更か

2018年6月9日にAppleが、次期Apple Watchこと「Apple Watch Series 4」にて、センサー式のボタンへ変更する可能性が明らかとなりました。

 

 

 

 

 

Appleが現在開催中の「Apple Watch Series 4」にも、これまでと引き続きボタン類が配置されるようです。

 

 

メディアサイト「FastCompany」が、Apple関連の情報に精通する情報筋から得た方法として、「Apple Watch Series 4」のボタン類は、センサー式になることを報じております。

 

 

同誌によると、「Apple Watch Series 4」のセンサーは、ソリッドステート式と呼ばれるセンサーが採用されるとのことです。

 

 

デジタルクラウンとサイドボタンがセンサー式に

同誌によると、「Apple Watch Series 3」にも採用されているデジタルクラウンとサイドボタンが、センサー式に変更されることを報じております。

 

 

このセンサーは、「iPhone 7」や「iPhone 8」のホームボタンに採用されている「Taptic Engine(タプティックエンジン)」のような仕上がりになるようだ。

 

 

もともと、「Taptic Engine」はApple Watchから採用された技術ですので、センサー式のボタンが配置される信憑性は高いことがわかります。

 

 

Apple Watchのサイドにあるダイヤルことデジタルクラウンについては、センサー式となっても、引き続き回転することは可能だそうです。

 

 

デジタルクラウンのセンサー化は、これまで通りますことが可能ですが、押し込むことができなくなるだけのようです。

 

 

センサー式を採用することで耐水性能を向上-バッテリー容量も更に増加か

「iPhone 7」は、ホームボタンをセンサー式にすることで、耐水性能を大幅に向上させました。

 

 

元々耐水性能が高いApple Watchシリーズですが、「Apple Watch Series 4」のボタン類がセンサー式となることで、さらに耐水性能が向上することが期待されております。

 

 

また、ボタンとは違い押し込みを考慮しないため、わずかに内部のスペースが空くこととなります。

 

 

Appleは、センサー式へ変更したことにより空いた面積へ、より容量の多いバッテリーを搭載することが予想されております。

[FastCompany]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)