TOP

2018年6月19日 | テクノロジー

Twitter、Apple Watch向けに公式アプリ「Chirp for Twitter」をリリース!

2018年6月19日にTwitterが、Appleのウェアラブルデバイス「Apple Watch」向けに公式アプリ「Chirp for Tw...

2018年6月19日 | テクノロジー

iPhone SE 2の販売日は2019年になるかもしれない-3モデルの保護フィルムがリーク

2018年6月19日にAppleから販売が噂されている「iPhone SE」の後継機「iPhone SE 2(アイフォンエスイー2)」の販売...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、オリジナル番組作成のため、大物司会者オプラ・ウィンフリー氏と数年契約を結ぶ

2018年6月18日にAppleが、「Apple TV」などのコンテンツ向け自社製番組のために、大物司会者を数年契約で締結したことが明らかと...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、Macシリーズのハードウェアアップデートに大きな問題を抱えている

2018年6月18日にAppleが、Macシリーズにてハードウェアアップデートに大きな課題を生じていることが明らかとなりました。 &n...

2018年6月17日 | テクノロジー

Apple、2019年モデルのiPhoneにも液晶ディスプレイを搭載へ

2018年6月17日にAppleが、2018年モデルに引き続き2019年モデルのiPhoneでもLCDディスプレイ(液晶ディスプレイ)モデル...

2018年6月17日 | テクノロジー

Intel、2018年モデルのiPhone向けにモデムチップの生産を開始へ

2018年6月17日にIntelが、2018年秋ごろに販売予定の2018モデルのiPhone向けにモデムチップの生産を開始したことが明らかと...

2018年6月5日

Apple、WWDC 2018で「macOS 10.14 Mojave(モハーベ)」を発表

2018年6月5日にAppleが、デベロッパー向けカンファレンスイベント「WWDC 2018」にて「macOS 10.14 Mojave」を正式発表したことが明らかとなりました。

 

 

「macOS 10.14 Mojave」では、新たにダークモードが追加されております。

 

 

Apple、WWDC 2018で「macOS 10.14 Mojave」を発表

2018年6月5日にAppleが開催したデベロッパー向けカンファレンスイベント「WWDC 2018」にて、「macOS 10.14 Mojave」を発表したことが明らかとなりました。

 

 

 

次期macOSの名称がどうなるかリーク情報では拾いきれませんでしたが、「Mojave(モハーベ)」となることが発表されました。

 

 

「macOS 10.14 Mojave」には、ダークモードや「Stacks」による自動管理など複数の機能が新たに追加されているようです。

 

 

新機能「ダークモード」がいよいよリリース

「macOS 10.14 Mojave」では、リーク情報経由で「ダークモード」が追加されていることが噂されておりました。

 

 

 

 

「WWDC 2018」では、「macOS 10.14 Mojave」の一番目立つ機能として「ダークモード」が正式に発表されました。

 

 

これまでのmacOSでは、タスクバーとドックのみをダークモードへ適応することができましたが、今後は、アプリケーションにも応用することが可能となります。

 

 

「ダークモード」を適応することで、眼精疲労を予防する効果が得られるため、リリース後にすぐに適応したい機能であることは間違いないでしょう。

 

 

昼夜に合わせてディスプレイを最適化する「ダイナミックデスクトップ」

「ダイナミックデスクトップ」機能は、昼夜などの時間に応じてディスプレイが変化する機能となっております。

 

 

 

 

「ダイナミック」デスクトップは、朝方だと背景画像が「朝」の様子で映し出され、夜だと背景画像が夜の状態で映し出される機能となっております。

 

 

本機能は、夜になるとブルーライトカットを行う機能ではなく、あくまでもデスクトップが時間帯に応じて変化する機能となっておりますので、ご注意ください。

 

 

ファイルをきれいに整理する「Stack」機能

「macOS 10.14 Mojave」には、散らばったファイルを自動的に整理する機能として「Stack」が搭載されております。

 

 

 

 

「Stack」機能は、画像やドキュメント、スプレッドシート、PDFなどのファイルの種類を自動的に分類することができます。

 

 

macOSでは、ファイルをぐちゃぐちゃに置くことができる一方で、適当に格納しすぎると欲しいファイルが見つからないことがよくあります。

 

 

今後は、「Stack」機能を利用することで必要なファイルを瞬時に開くことができるようになります。

 

 

macOS 10.14 Mojaveではファインダーが強化されている

「macOS 10.14 Mojave」では、これまで非力とされていたファインダーがようやく強化されたようです。

 

 

 

新しいファインダーは、「Go-To」アクションを実行できるようになり、アプリケーションを開かなくてもファイルのメタデータを見ることが可能となりました。

 

 

ファインダーで行えるアクションには、画像を見れる「ギャラリービュー」やファイル操作を行える「クイックアクション」が追加されております。

 

 

また、完全なメタデータもファインダーで見れるようになったたため、カメラのモデルや絞り、露出などもファインダー上で確認することができるようになりました。

 

強化されたスクリーンショット

「macOS 10.14 Mojave」では、あらゆるタイプのスクリーンショットを取るうことができるようになったことを発表しております。

 

 

 

スクリーンショットを取るためのショートカットを用意することで、簡単かつ使いやすいスクリーンショット機能が新たに搭載されたようです。

 

 

スクリーンショットを取るためには、メニューになるショートカットを選択肢、取りたい場所を指定するだけで取得することが可能となります。

 

 

取得したスクリーンショットは、保存場所のカスタマイズ先に自動的に保存されるため、保存処理が不要となっているようです。

 

 

iOSとmacOSの統合は「NO.」とコメント

Appleは、「iOSとmacOSは統合するのか?」という質問に対して、「No.」と回答しております。

 

 

そのため、iOSアプリケーションをmacOSで実行するためには、iOSアプリケーションをmacOSへ移植する必要があることをコメントしている。

 

 

さらにiOSアプリケーションをmacOSへ移植する作業は、数年かかる作業であることを発表しており、すぐにリリースできるような機能ではないことをアピールしております。

 

 

Appleによると、macOSで実行できる最初のiOSアプリケーションは、「株価」と「NEWS」、「HOME」、「ボイスメモ」となることを予告しております。

 

 

なお、「macOS 10.14 Mojave」は、2018年秋ごろにリリースされることが案内されているため、「WWDC 2018」では発表されなかった新型Macシリーズも秋ごろに発表されることが予想されております。

[Apple – Mojave]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)