TOP

2018年6月19日 | テクノロジー

Twitter、Apple Watch向けに公式アプリ「Chirp for Twitter」をリリース!

2018年6月19日にTwitterが、Appleのウェアラブルデバイス「Apple Watch」向けに公式アプリ「Chirp for Tw...

2018年6月19日 | テクノロジー

iPhone SE 2の販売日は2019年になるかもしれない-3モデルの保護フィルムがリーク

2018年6月19日にAppleから販売が噂されている「iPhone SE」の後継機「iPhone SE 2(アイフォンエスイー2)」の販売...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、オリジナル番組作成のため、大物司会者オプラ・ウィンフリー氏と数年契約を結ぶ

2018年6月18日にAppleが、「Apple TV」などのコンテンツ向け自社製番組のために、大物司会者を数年契約で締結したことが明らかと...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、Macシリーズのハードウェアアップデートに大きな問題を抱えている

2018年6月18日にAppleが、Macシリーズにてハードウェアアップデートに大きな課題を生じていることが明らかとなりました。 &n...

2018年6月17日 | テクノロジー

Apple、2019年モデルのiPhoneにも液晶ディスプレイを搭載へ

2018年6月17日にAppleが、2018年モデルに引き続き2019年モデルのiPhoneでもLCDディスプレイ(液晶ディスプレイ)モデル...

2018年6月17日 | テクノロジー

Intel、2018年モデルのiPhone向けにモデムチップの生産を開始へ

2018年6月17日にIntelが、2018年秋ごろに販売予定の2018モデルのiPhone向けにモデムチップの生産を開始したことが明らかと...

2018年6月5日

Apple、WWDC 2018で「iOS 12」を正式発表へ – ARKit 2が登場

2018年6月5日にAppleが、カンファレンスイベント「WWDC 2018」にて「iOS 12」を正式発表したことが明らかとなりました。

 

 

「iOS 12」は、AR(拡張現実)を中心としたアップデートであることが確認されております。

 

 

Apple、WWDC 2018で「iOS 12」を正式発表!

2018年6月5日にAppleが、デベロッパー向けカンファレンスイベント「WWDC 2018」にて次期iOSである「iOS 12」を正式発表したことが明らかとなりました。

 

 

 

「iOS 12」は、新機能の追加よりもパフォーマンスの向上に重点を置いたアップデートとなっております。

 

 

もちろん、AR(拡張現実)や音声アシスタント「Siri」の細かいアップデートも含まれています。

 

 

また、iPadの操作方法が「iPhone X」のように下からスワイプでホーム画面に戻るようになり、全体的なマイナーアップデートが施されています。

 

 

古いiPhoneでもパフォーマンスの向上

「iOS 12」は、安定版であるためパフォーマンスの向上が施されております。

 

 

AppleのWEBサイトによると、カメラの起動が70%高速化し、キーボードの表示は50%、アプリの起動は2倍早くなったことを発表しております。

 

 

さらに、古いiPhoneである「iPhone 5」や「iPad Air」にも対応しているほか、これらの古いディバイスでもパフォーマンスの向上を実感できるようです。

 

 

ARKitが「ARKit 2」へアップデート

「iOS 12」では、AR機能を司る「ARKit」が次世代の「ARKit 2」へアップデートされました。

 

 

 

新しい拡張子「USDZ」

Appleは、ARプログラムを簡単にやり取りするための新しいAR用の新しいファイル形式として「USDZ」を発表しました。

 

 

「iOS 12」は、「USDZ」に対応することで3Dスティックオブジェクトを開き、回転や拡大・縮小などをAR目線で用意に操作できるようになったようだ。

 

 

また、AR機能を使った新しいアプリケーションとして「Measure」が発表され、iPhoneだけで物体の長さを図れるようになりました。

 

 

ARの共有機能

「ARKit 2」では、予てから噂されていたARの共有機能が新たに追加されております。

 

 

iPhone間でで3Dオブジェクトやレンダリングなどを共有することで、複数のユーザーが同一のAR環境を共有することができる。

 

 

「ARKit 2」は、ゲームに応用することができ、ARの世界を共有した新感覚のゲームを開発することができる。

 

 

もちろん、AR世界を一時的に保存する機能も備わっているため、保存したAR世界を継続して呼び出すことができるようだ。

 

 

iOS 12はSiriも強化されている

「iOS 12」では、音声アシスタント「Siri」も強化されております。

 

 

「iOS 12」では、Siriのショートカットと呼ばれる新機能「Add to Siri」が追加されております。

 

 

「Add to Siri」は、アプリケーションへ直接「Siri」を追加する機能として発表されております。

 

 

たとえば、カレンダーへ「Siri」を追加することで、ロック画面にて「Siri」が会議の時間が近付ていることを通知してくれるようになる。

 

 

また、コーヒータイムを管理しているアプリケーションへ「Siri」を追加すると、いつも飲んでいる時間に「コーヒーを注文しますか?」と提案してくれるようになる。

 

 

「Add to Siri」は、アプリケーションの通知を「Siri」が噛み砕いて内容を提示、あるいは提案してくれる機能であることがわかります。

 

 

Face IDは2つの顔を登録可能に

「iOS 12」では、顔認証システム「Face ID」へ2つの顔を登録することができるようになるそうだ。

 

 

 

 

「iOS 12」の設定アプリにある「Face ID」欄へ「Alternative Appearance(別な外見)」が追加されていることが報じられております。

 

 

「Alternative Appearance」の説明欄には、「Face IDは、常にあなたの顔を学習し続けることに加え、別の顔を追加することができます」と記述されております。

 

 

そのため、「iOS 12」の「Face ID」では2つの顔を識別することが可能になったことがわかります。

 

 

すでに公開されているベータ版で、「iPhone X」を使用して2つの顔を登録できたことが確認されております。

 

 

本機能は、「Face ID」を搭載した新型「iPad Pro」に備えた機能であることが予想されており、次期「iPad Pro」へ「Face ID」が搭載される裏付けではないかと予想されております。

 

iOS 12の対応端末とリリース時期

Appleは、同社のWEBサイトにて「iOS 12」の対応端末を以下のように案内しております。

 

iPhone

  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6
  • iPhone SE
  • iPhone 5s

 

iPad

  • iPad Pro 12.9Inch (第1世代、第2世代)
  • iPad Pro 105Inch
  • iPad Pro 9.5Inch
  • iPad (第5世代、第6世代)
  • iPad Air 2
  • iPad Air
  • iPad mini 2/3/4

 

iPod Touch

  • iPod Touch(第6世代0

 

 

「iOS 12」は、2018年秋ごろからリリースされることが発表されております。

 

 

いち早く「iOS 12」を触りたいユーザーは、Appleから公開されている「iOS 12 Bate」を適応してみてはいかがでしょうか。

[Apple – iOS 12]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)