TOP

2019年1月23日 | テクノロジー

Apple、2020年モデルのiPhoneすべてに有機EL(OLED)ディスプレイを採用か

2019年1月23日にAppleが、2020年モデルのiPhone全てに有機EL(OLED)ディスプレイを採用する可能性が浮上してきました。...

2019年1月23日 | テクノロジー

Apple、AirPowerを2019年後半に販売開始か

2019年1月23日にAppleが、2019年後半にワイヤレス充電マットである「AirPower(エアーパワー)」を販売開始する可能性が浮上...

2019年1月22日 | テクノロジー

Facebook、十代向け写真共有アプリ「LOL」を作成するも人気がでず

2019年1月22日にFacebookが、10代向けの写真共有アプリ「LOL」を試験的に導入していることが明らかとなりました。 &nb...

2019年1月22日 | テクノロジー

日本Microsoft、Surfaceと家庭向けに「Microsoft Office 2019」を販売開始へ

2019年1月22日にMicrosoftが、ご家庭向け最新Officeである「Microsoft Office 2019」の販売を開始したこ...

2019年1月21日 | テクノロジー

iPhone XS Maxの後継機は3眼カメラと4,000mAhの大型バッテリーを搭載か

2019年1月21日にAppleが、2019年モデルとして登場する「iPhone XS Max」の後継機にて、3眼カメラと4,000mAhの...

2019年1月21日 | テクノロジー

米Apple、iPhone SEを値引き販売へ-iPhone SE 2

2019年1月21日にAppleが、アメリカにて「iPhone SE」の値下げ販売を開始したことが明らかとなりました。   ...

2018年5月28日

Apple、次期MacbookへSurface Bookのようなヒンジ「Living Hinge」を開発中か

2018年5月28日にAppleが、次期Macbook向けに「Surface Book」のようなヒンジ「Living Hinge」を開発中であることが明らかとなりました。

 

 

Apple、Macbook向けにSurface Bookのようなヒンジ「Living Hinge」を開発中か

2018年5月28日にAppleが、次期Macbook向けに新しい品日「Libing Hinge」を開発中であることが明らかとなりました。

 

 

 

「Hinge(ヒンジ)」とは、ノートパソコンで言うディスプレイとキーボードを折り曲げる箇所のことを指します。

 

 

Appleが開発中の「Living Hinge」は、Microsoftのノートパソコン「Surface Book」のようなヒンジになることが報じられております。

 

 

「Surface Book」に搭載されているヒンジは、柔軟に折り曲げたり開けることが可能な構造が特徴的ですが、次期Macbookにも同じようなヒンジが搭載されるかもしれません。

 

 

新ヒンジ「Living Hinge」の構造は?

Appleが提出した特許関連の書類には、新ヒンジ「Living Hinge」のイメージ画像が添付されております。

 

 

 

 

特許関連の書類によると、現在のMacbookに採用されている蝶番から「Liging Hinge」へ切り替えることで、ディスプレイとキーボードがパーツ的に一体化することが予想されております。

 

 

また、「Liging Hinge」はユーザーが望んでいる位置でディスプレイ角度が固定できることがわかります。

 

 

これらの情報から、「Liging Hinge」はやはり「Surface Book」のヒンジによく似ていることがわかります。

 

 

次期MacbookはSurfae Bookのようなデザインになるかも

Macbookへ「Liging Hinge」が採用されることで、これまでディスプレイとキーボードを分けていた製造から一体化させる製造へ切り替わることが予想されております。

 

 

そのため、次期Macbookは「Surface Book」のようなデザインへ変更されるのではないかと噂されております。

 

 

 

「Surface Book」と同じようなデザインとなる場合、「Living Hinge」によりディスプレイとキーボードが完全に密着せずに閉じた状態となることが予想されております。

 

 

現在のMacbookへ「Living Hinge」を採用してしまうと、バタフライキーボードにホコリが入り、故障する可能性があります。

 

 

Appleとしては、「Living Hinge」を採用しつつ、ディスプレイとキーボードの隙間をいかに埋めるかが「Surface Book」との差別化に繋がるのではないでしょうか。

[Patently Apple]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)