TOP

2018年6月19日 | テクノロジー

Twitter、Apple Watch向けに公式アプリ「Chirp for Twitter」をリリース!

2018年6月19日にTwitterが、Appleのウェアラブルデバイス「Apple Watch」向けに公式アプリ「Chirp for Tw...

2018年6月19日 | テクノロジー

iPhone SE 2の販売日は2019年になるかもしれない-3モデルの保護フィルムがリーク

2018年6月19日にAppleから販売が噂されている「iPhone SE」の後継機「iPhone SE 2(アイフォンエスイー2)」の販売...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、オリジナル番組作成のため、大物司会者オプラ・ウィンフリー氏と数年契約を結ぶ

2018年6月18日にAppleが、「Apple TV」などのコンテンツ向け自社製番組のために、大物司会者を数年契約で締結したことが明らかと...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、Macシリーズのハードウェアアップデートに大きな問題を抱えている

2018年6月18日にAppleが、Macシリーズにてハードウェアアップデートに大きな課題を生じていることが明らかとなりました。 &n...

2018年6月17日 | テクノロジー

Apple、2019年モデルのiPhoneにも液晶ディスプレイを搭載へ

2018年6月17日にAppleが、2018年モデルに引き続き2019年モデルのiPhoneでもLCDディスプレイ(液晶ディスプレイ)モデル...

2018年6月17日 | テクノロジー

Intel、2018年モデルのiPhone向けにモデムチップの生産を開始へ

2018年6月17日にIntelが、2018年秋ごろに販売予定の2018モデルのiPhone向けにモデムチップの生産を開始したことが明らかと...

2018年5月23日

Apple、各メディアにWWDC 2018の招待状を送付!日本時間6月5日午前2時から開幕

2018年5月23日にAppleが、各メディアに対してデベロッパー向けカンファレンスイベント「WWDC 2018」の招待状を送付したことが明らかとなりました。

 

 

「WWDC 2018」は、太平洋時間6月4日午後10時より開催されるため、日本では5日午前2時より始まります。

 

 

Apple、WWDC 2018の招待状を各メディアへ送付!

2018年5月23日にAppleが、デベロッパー向けカンファレンスイベント「WWDC 2018」の招待状を各メディアへ送付していることが確認されております。

 

 

 

Appleは、毎年デベロッパー向けカンファレンスイベントである世界開発者会議「WWDC」を開催しております。

 

 

「WWDC」は、毎年6月に行われており、2018年は6月4日~8日に開催されることが噂されておりました。

 

 

 

 

そして本日、メディアサイト「MacRumors」が各メディアに対して「WWDC 2018」の招待状が届いたことを発表しております。

 

 

「WWDC 2018」は、太平洋時間2018年6月4日午前10時より開催されるため、日本では2018年6月5日午前2時より開催することとなります。

 

 

WWDC 2018ではiOS 12とmacOS 10.14を発表

「WWDC 2018」は、ソフトウェアのイベントであるため、新しいiOSやmacOS、watchOSが発表されることが期待されております。

 

 

これまでのAppleの動きと、デベロッパー向けに公開されているベータ版を考慮すると、以下のOSたちが発表されることが予想されております。

 

  • iOS 12
  • macOS 10.14
  • tvOS 12
  • watchOS 5

 

中でも、「macOS 10.14」に搭載されると言われているMacでもiOSアプリを動かすことができる機能「クロスプラットフォームアプリ」に注目が集まっております。

 

 

しかし、先日のリーク情報ではAppleがクロスプラットフォームアプリの搭載を先延ばしにする可能性があると報じられており、「WWDC 2018」で発表されない可能性が低くなってしまいました。

 

 

2つ目の目玉機能は、「iOS 12」の音声アシスタント「Siri」の強化です。

 

 

「iOS 12」では、音声アシスタント「Siri」へ新しいボイスが搭載されることが報告されております。

 

 

 

 

「Siri」へ「WWDC 2018」の内容を尋ねると新しいボイスが登場すると返答しているため、確実に発表される新機能となります。

 

 

また「Siri」は、新しい「HomePod」を連想させるキーワードも返答しているため、「WWDC 2018」では「HomePod」関連の発表もあるようです。

 

 

WWDC 2017で発表されたディバイスを振り返る

「WWDC」は、ソフトウェアを発表するカンファレンスイベントとなっておりますが、近年ではハードウェアの発表も行われるようになりました。

 

 

去年開催された「WWDC 2017」では以下のディバイスが発表されております。

 

  • Macbook Pro
  • Macbook 12Inch
  • Macbook Air
  • iMac
  • iMac Pro
  • iPad Pro
  • HomePod

 

「WWDC 2018」では、新しいMacやiPad Proも発表することが予想されております。

 

 

また、200ドル(約2万2,000円)の廉価版「HomePod」の販売も噂されているようです。

 

 

iPad ProにはFace IDが搭載される

「WWDC 2018」では、「iPhone X」を継承した新しい「iPad Pro」が発表されると報じられております。

 

 

新しい「iPad Pro」は、「iPhone X」に搭載された顔認証システム「Face ID」が採用されることが予想されております。

 

 

 

 

「Face ID」を搭載した「iPad Pro」は、ホームボタンが廃止されることで、インチ数が11インチまでアップグレードされることが報じられております。

 

 

また、「iPhone X」のようにベゼルレスデザインが採用されれば、小型化あるいはさらなるインチアップも期待することができます。

 

 

しかし、「iPhone X」に搭載されている「Face ID」は、ディバイスの状態が横向きでは認証することができないため、「iPad Pro」では横向きでも「Face ID」を利用できるように改善される必要があります。

 

 

iOS 11.3のベータ版にもiPad ProのFace IDの記述がある

Appleがデベロッパー向けに公開している「iOS 11.3 bate」には、次期「iPad Pro」に関する記述が書かれていると報じられております。

 

 

次期「iPad Pro」を連想させる記述の中に、「Face ID」搭載「iPad Pro」と思わせる記述が残されている。

 

 

 

Apple、ファームウェアにおいて「Face ID」を搭載している「iPhone X」のことを「modern iPhone」と表現しております。

 

 

「iOS 11.3 bate」には、「Modern iPad」というキーワードが埋め込まれていたため、「Face ID」を搭載した「iPad Pro」であることが予想されております。

 

 

Appleは、2018年3月に廉価版iPadを発表しましたが、いよいよ「Face ID」搭載「iPad Pro」が6月に発表されそうです。

[MacRumors]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)