TOP

2018年6月19日 | テクノロジー

Twitter、Apple Watch向けに公式アプリ「Chirp for Twitter」をリリース!

2018年6月19日にTwitterが、Appleのウェアラブルデバイス「Apple Watch」向けに公式アプリ「Chirp for Tw...

2018年6月19日 | テクノロジー

iPhone SE 2の販売日は2019年になるかもしれない-3モデルの保護フィルムがリーク

2018年6月19日にAppleから販売が噂されている「iPhone SE」の後継機「iPhone SE 2(アイフォンエスイー2)」の販売...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、オリジナル番組作成のため、大物司会者オプラ・ウィンフリー氏と数年契約を結ぶ

2018年6月18日にAppleが、「Apple TV」などのコンテンツ向け自社製番組のために、大物司会者を数年契約で締結したことが明らかと...

2018年6月18日 | テクノロジー

Apple、Macシリーズのハードウェアアップデートに大きな問題を抱えている

2018年6月18日にAppleが、Macシリーズにてハードウェアアップデートに大きな課題を生じていることが明らかとなりました。 &n...

2018年6月17日 | テクノロジー

Apple、2019年モデルのiPhoneにも液晶ディスプレイを搭載へ

2018年6月17日にAppleが、2018年モデルに引き続き2019年モデルのiPhoneでもLCDディスプレイ(液晶ディスプレイ)モデル...

2018年6月17日 | テクノロジー

Intel、2018年モデルのiPhone向けにモデムチップの生産を開始へ

2018年6月17日にIntelが、2018年秋ごろに販売予定の2018モデルのiPhone向けにモデムチップの生産を開始したことが明らかと...

2018年5月21日

HomePodの廉価版をBeatsブランドとして約2万2千円で販売か

2018年5月21日にAppleが、スマートスピーカー「HomePod」の廉価版モデルをBeatsブレンドとして販売する可能性が浮上してきました。

 

 

廉価版「HomePod」は、約22,000円で販売されることが予想されております。

 

 

Apple、廉価版HomePodをBeatsブランドとして発表か

2018年5月21日にAppleが、スマートスピーカー「HomePod」の廉価版をBeatsブランドとして準備中であることが明らかとなりました。

 

 

メディアサイト「9to5Mac」によると、Appleは安価なスマートスピーカーを準備中であることが報告されております。

 

 

報告によると、廉価版「HomePod」はAppleブランドとして発表されず、イヤホンなどで有名なBeatsブランドとして発表されると報じております。

 

 

すでにAppleは、「Apple Pencil」の廉価版としてLogitechから「Crayon」を販売している実績があるので、廉価版製品をBeatsブランドとして発表することはおかしくありません。

 

 

Beatsブランドの廉価版HomePodは約2万2,000円!?

同士によると、Beatsブランドの廉価版「HomePod」は、約199ドル(約2万2,000円)になると報じております。

 

 

すでに他のメディアサイトからも、廉価版「HomePod」の価格は「HomePod」よりも半額になるとリークしていたことから信憑性は低くはないことがわかります。

 

 

Beatsブランドの「Air Play 2」対応スピーカーの値段は199ドルであるため、これにSiriが搭載される形となるようです。

 

廉価版HomePodで削られる機能は?

廉価版「HomePod」では、音質を重要視していた「HomePod」に比べて、音質が低下することが予想されております。

 

 

また、Beatsブランドの廉価版「HomePod」には、音声アシスタント「Siri」による操作機能は搭載しない可能性があるようです。

 

 

そのため、同じ価格帯であるAmazonやGoogleのスマートスピーカーよりも機能が大幅に減ることが予想されております。

 

 

すでにAppleの音声アシスタント「Siri」よりも、Amazonの「Amazon Echo」やGoogleの「Googleアシスタント」の方が優秀であると報じられている中で、この戦略はベストではないと評価されております。

 

Beatsブランドのスマートスピーカーの情報は正しいのか

メディアサイト「9to5Mac」は、AppleがBeatsブランドのスマートスピーカーを発表するようには思えないと予想している。

 

 

同士の見解によると、Appleは確かに廉価版「HomePod」を準備しているが、Beatsブランドとして発表する理由が見当たらないとコメントしている。

 

 

確かにAppleは、廉価版「Apple Pencil」としてLogitechから「Crayon」を販売した実績があるが、Apple傘下であるBeatsからわざわざスマートスピーカーを発表する道理はありません。

 

 

また、「Siri」とBeatsには何も関連性もないため、やはり「HomePod」の廉価版は、Appleブランドとして発表される説が有力そうです。

 

 

廉価版HomePodは2018年末に発表か

現在リークされている情報によると、廉価版「HomePod」は早ければ2018年中に発表されるのではないかと噂されております。

 

 

そのため、2018年末頃にはAppleから正式に廉価版「HomePod」が発表されることが期待されております。

 

 

廉価版「HomePod」の販売価格については、元KGI証券のアナリストであるチンミー・クオ氏が、150ドル~200ドル(約16,000円~22,00円)なると予想しております。

 

 

今回のリーク情報も含め、廉価版「HomePod」は約200ドルで販売されると見て良いでしょう。

 

 

日本でもまもなくHomePodが販売開始される!?

現在販売されている「HomePod」は、一部の国でのみ販売されており、残念ながら日本では販売されておりません。

 

 

「HomePod」の第一販売国は、アメリカとイギリス、オーストラリアの3カ国のみとなっており、第2販売国はフランスとドイツだけであることがアナウンスされておりました。

 

 

しかし、先日「HomePod」の対応言語欄に「日本語」が含まれたことから、日本でも販売開始される可能性が高くなってきました。

 

 

 

 

さらに、「HomePod」と思われるディバイスが、日本で無線通信機器を販売するために必要な承認である「技適」マークを取得済みであることも明らかとなっております。

 

 

 

 

これらの情報から、Appleが「HomePod」を日本でも販売する計画があると見て間違いないでしょう。

 

 

また、廉価版「HomePod」よりも日本で「HomePod」が販売開始される方が早こととが予想されるため、購入を検討されている方は、まずは「HomePod」から考え直してみてはいかがでしょうか。

[9to5Mac]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)