TOP

2018年5月23日 | テクノロジー

Instagram、フォローしても非表示にできる「ミュート機能」を発表へ

2018年5月23日にFacebook傘下のInstagramが、友達をフォローしたまま投稿を非表示することができる新機能「ミュート機能」を...

2018年5月23日 | テクノロジー

Apple、各メディアにWWDC 2018の招待状を送付!日本時間6月5日午前2時から開幕

2018年5月23日にAppleが、各メディアに対してデベロッパー向けカンファレンスイベント「WWDC 2018」の招待状を送付したことが明...

2018年5月22日 | テクノロジー

ゆうちょ銀行、2019年2月からQRコードによる決裁サービス「ゆうちょ Pay」を提供開始

2018年5月22日にゆうちょ銀行が、2019年2月よりスマートフォンによる決裁サービスの提供を開始することを発表いたしました。 &n...

2018年5月22日 | テクノロジー

【Siriの予告で確定!?】Apple、WWDC 2018にて廉価版HomePodを発表か

2018年5月22日にAppleが、2018年6月に開催予定のデベロッパー向けカンファレンス「WWDC 2018」にて、廉価版「HomePo...

2018年5月21日 | テクノロジー

HomePodの廉価版をBeatsブランドとして約2万2千円で販売か

2018年5月21日にAppleが、スマートスピーカー「HomePod」の廉価版モデルをBeatsブレンドとして販売する可能性が浮上してきま...

2018年5月20日 | テクノロジー

Apple Watchバンドの一部が在庫なしに-まもなくApple Watch Series 4を発表!?

2018年5月20日にAppleから販売されている「Apple Watch」用のベルトことバンドの一部が、アメリカにて在庫なし状態となってい...

2018年5月15日

2018年液晶モデルiPhoneの名前は「iPhone 8s」!?iPhone 5cのカラーで登場か

2018年5月15日にAppleが、2018年に登場する液晶ディスプレイを搭載したiPhoneのモデル名が「iPhone 8s」となる可能性が明らかとなりました。

 

 

「iPhone 8s」のカラーバリエーションには ピンクやイエロー、ブルーなど「iPhone 5c」と同じようなカラーバリエーションとなるようです。

 

 

Apple、2018年モデルのiPhoneのうち液晶ディスプレイを「iPhone 8s」として発表か

2018年5月15日にAppleが、2018年モデルのiPhoneのうち、液晶ディスプレイを搭載したモデルを「iPhone 5s」として発表する可能性が明らかとなりました。

 

 

 

2018年モデルのiPhoneは、3モデルでラインアップされることが報じられております。

 

 

3モデルのうち、有機EL(OLED)ディスプレイを搭載したモデルは2種類存在し、もう1種類は液晶ディスプレイを搭載されているようだ。

 

 

今回のリーク情報が正しければ、有機ELディスプレイを搭載されている2モデルには「X」の名前が付き、液晶ディスプレイモデルは「8s」が名前の後ろに付くこととなります。

 

 

iPhone 8sはiPhone 5cのようなカラーバリエーションに

Appleは、「iPhone 8s」のカラーバリエーションを「iPhone 8」よりも増やす方針であることが報じられております。

 

 

リーク情報によると、「iPhone 8s」には新しいカラーバリエーションとして、「ブルー」や「ピンク」、「イエロー」が追加されるようです。

 

 

 

 

 

 

過去にAppleが販売したiPhoneの中に豊富なカラーバリエーションでラインアップされた「iPhone 5c」が挙げられます。

 

 

「iPhone 5c」のカラーバリエーションは、全部で5種類となっており、うち3カラーが「iPhone 8s」と一致していることがわかります。

 

  1. ホワイト
  2. ピンク
  3. ブルー
  4. グリーン
  5. イエロー

 

 

「iPhone 5c」は、「iPhone 5s」と差別化するために廉価版iPhoneとして発表されたため、プレミアムモデルではないiPhoneとしてデビューしている。

 

 

「iPhone 8s」も「iPhone 5c」と同じようなカラーバリエーションとなることは、廉価版に位置付けられることとなります。

 

 

Appleは、「iPhone 8s」を廉価版として差別化することで、有機ELモデルである2モデルのプレミアム感を強調させることが目的だと言われております。

 

 

2018の廉価版モデルはiPhone SE (2018) とiPhone 8sの2モデルとなる

Appleは、現在も販売されている廉価版iPhoneこと「iPhone SE」の後継機として「iPhone SE (2018)」を準備中であることが報じられております。

 

 

「iPhone SE」シリーズは、旧世代iPhoneのパーツを流用することで価格を安く設定されております。

 

 

また、スマートフォンの巨大化の影響を受けず、4インチのディスプレイで使用できる唯一のiPhoneとしても認知されている。

 

 

Appleが、「iPhone SE (2018)」とは別に「iPhone 8s」を発表すれば、廉価版iPhoneは計2モデルでラインアップされることとなります。

 

 

これまでiPhoneのラインアップは、2モデルで構成されておりましたが、2018年は2倍の4モデルでライナップされることとなりそうです。

 

 

なお、「iPhone SE (2018)」は例年よりも大型アップデートされることが報じられており、「iPhone X」のようなベゼルレスデザインが搭載されることが予想されております。

 

 

2019年モデルのiPhoneにはトリプルカメラが搭載されている

今回のリーク情報には、2019年モデルのiPhoneへトリプルカメラが搭載されることも報じられております。

 

 

2019年モデルのiPhoneへトリプルカメラが搭載されるリーク情報は、他のメディアからも確認されているため、信憑性は低くないことが予想されております。

 

 

トリプルカメラは、iPhoneの背面に3つのカメラを搭載したデザインになると言われております。

 

 

Appleは、トリプルカメラをiPhoneへ搭載することで、「iPhone X」のノッチに搭載されている「TrueDepthカメラ」の背面版を用意することが目的であることがわかります。

 

 

背面に「TrueDepthカメラ」が採用されると、3Dセンシング機能を利用することができ、ARアプリケーションなどで活躍することが可能となる。

 

 

Apple社内では、iPhoneプロジェクトの次にARプロジェクトを優先していることが報じられている。

 

 

トリプルカメラの搭載と合わせてARアプリケーション開発キット「ARKit」がアップデートされ、3Dセンシング機能が背面でも利用できるようになるでしょう。

 

 

そのため、デベロッパーへ最新の「ARKit」が配信されたタイミングで、2019年モデルのiPhoneに関する情報が登場するでしょう。

[9to5Mac]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)