TOP

2018年7月19日 | テクノロジー

2012年モデルのMacbook Proはサポートが終了されていないかもしれない

2018年7月19日にAppleが、「Macbook Pro Retina Mid 2012」のサポート終了製品へ登録しましたが、2018年...

2018年7月19日 | テクノロジー

Microsoft、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeへの移行を呼びかけ

2018年7月19日にMicrosoftが、同社のブログにてインターネットブラウザである「Internet Explorer」から最新の「M...

2018年7月18日 | テクノロジー

2018年モデルのiPhone用USB Type-C充電アダプタはしばらくは単体購入が難しいかもしれない

2018年7月18日にAppleが、2018年モデルのiPhone向けUSB Type-C充電アダプタがしばらくの間は単体購入が難しい状況と...

2018年7月18日 | テクノロジー

2018年に販売予定の3モデルのiPhone用フロントパネルが流出

2018年7月18日にAppleが2018年秋ごろに販売予定の3年モデルのiPhone用フロントパネルがリークされていることが明らかとなりま...

2018年7月17日 | テクノロジー

2018年モデルのMacbook Proは2011年以来の大幅なスペックアップであることが判明

2018年7月17日にAppleから発表された「Macbook Pro Touch Bar 2018」モデルのスペックの伸び幅が、2011年...

2018年7月17日 | テクノロジー

Apple、バタフライキーボードの無償修理プログラムで第3世代への交換は行わない!?

2018年7月17日にAppleが、バタフライキーボードの第1世代と第2世代を対象としている無償修理プログラムでは、第3世代のバタフライキー...

2018年5月15日

2018年液晶モデルiPhoneの名前は「iPhone 8s」!?iPhone 5cのカラーで登場か

2018年5月15日にAppleが、2018年に登場する液晶ディスプレイを搭載したiPhoneのモデル名が「iPhone 8s」となる可能性が明らかとなりました。

 

 

「iPhone 8s」のカラーバリエーションには ピンクやイエロー、ブルーなど「iPhone 5c」と同じようなカラーバリエーションとなるようです。

 

 

Apple、2018年モデルのiPhoneのうち液晶ディスプレイを「iPhone 8s」として発表か

2018年5月15日にAppleが、2018年モデルのiPhoneのうち、液晶ディスプレイを搭載したモデルを「iPhone 5s」として発表する可能性が明らかとなりました。

 

 

 

2018年モデルのiPhoneは、3モデルでラインアップされることが報じられております。

 

 

3モデルのうち、有機EL(OLED)ディスプレイを搭載したモデルは2種類存在し、もう1種類は液晶ディスプレイを搭載されているようだ。

 

 

今回のリーク情報が正しければ、有機ELディスプレイを搭載されている2モデルには「X」の名前が付き、液晶ディスプレイモデルは「8s」が名前の後ろに付くこととなります。

 

 

iPhone 8sはiPhone 5cのようなカラーバリエーションに

Appleは、「iPhone 8s」のカラーバリエーションを「iPhone 8」よりも増やす方針であることが報じられております。

 

 

リーク情報によると、「iPhone 8s」には新しいカラーバリエーションとして、「ブルー」や「ピンク」、「イエロー」が追加されるようです。

 

 

 

 

 

 

過去にAppleが販売したiPhoneの中に豊富なカラーバリエーションでラインアップされた「iPhone 5c」が挙げられます。

 

 

「iPhone 5c」のカラーバリエーションは、全部で5種類となっており、うち3カラーが「iPhone 8s」と一致していることがわかります。

 

  1. ホワイト
  2. ピンク
  3. ブルー
  4. グリーン
  5. イエロー

 

 

「iPhone 5c」は、「iPhone 5s」と差別化するために廉価版iPhoneとして発表されたため、プレミアムモデルではないiPhoneとしてデビューしている。

 

 

「iPhone 8s」も「iPhone 5c」と同じようなカラーバリエーションとなることは、廉価版に位置付けられることとなります。

 

 

Appleは、「iPhone 8s」を廉価版として差別化することで、有機ELモデルである2モデルのプレミアム感を強調させることが目的だと言われております。

 

 

2018の廉価版モデルはiPhone SE (2018) とiPhone 8sの2モデルとなる

Appleは、現在も販売されている廉価版iPhoneこと「iPhone SE」の後継機として「iPhone SE (2018)」を準備中であることが報じられております。

 

 

「iPhone SE」シリーズは、旧世代iPhoneのパーツを流用することで価格を安く設定されております。

 

 

また、スマートフォンの巨大化の影響を受けず、4インチのディスプレイで使用できる唯一のiPhoneとしても認知されている。

 

 

Appleが、「iPhone SE (2018)」とは別に「iPhone 8s」を発表すれば、廉価版iPhoneは計2モデルでラインアップされることとなります。

 

 

これまでiPhoneのラインアップは、2モデルで構成されておりましたが、2018年は2倍の4モデルでライナップされることとなりそうです。

 

 

なお、「iPhone SE (2018)」は例年よりも大型アップデートされることが報じられており、「iPhone X」のようなベゼルレスデザインが搭載されることが予想されております。

 

 

2019年モデルのiPhoneにはトリプルカメラが搭載されている

今回のリーク情報には、2019年モデルのiPhoneへトリプルカメラが搭載されることも報じられております。

 

 

2019年モデルのiPhoneへトリプルカメラが搭載されるリーク情報は、他のメディアからも確認されているため、信憑性は低くないことが予想されております。

 

 

トリプルカメラは、iPhoneの背面に3つのカメラを搭載したデザインになると言われております。

 

 

Appleは、トリプルカメラをiPhoneへ搭載することで、「iPhone X」のノッチに搭載されている「TrueDepthカメラ」の背面版を用意することが目的であることがわかります。

 

 

背面に「TrueDepthカメラ」が採用されると、3Dセンシング機能を利用することができ、ARアプリケーションなどで活躍することが可能となる。

 

 

Apple社内では、iPhoneプロジェクトの次にARプロジェクトを優先していることが報じられている。

 

 

トリプルカメラの搭載と合わせてARアプリケーション開発キット「ARKit」がアップデートされ、3Dセンシング機能が背面でも利用できるようになるでしょう。

 

 

そのため、デベロッパーへ最新の「ARKit」が配信されたタイミングで、2019年モデルのiPhoneに関する情報が登場するでしょう。

[9to5Mac]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)