TOP

2019年12月10日 | テクノロジー

iPhone 12、ロジックボードが小型化しバッテリー容量をさらに増加か

2019年12月10日にAppleからの販売が噂されている「iPhone 12」のロジックボードがさらに小型化する可能性が浮上してきました。...

2019年12月9日 | テクノロジー

Surface Book(サーフェスブック)のバッテリーが膨張する不具合が多数報告される

2019年12月9日にMicrosoftから販売されているノートPC「Surface Book(サーフェスブック)」にて、バッテリーが膨張し...

2019年12月3日 | テクノロジー

iPhone SE 2、2019年12月より部品の生産を開始か-来年の2月には登場するかも

2019年12月3日にAppleが、「iPhone SE」の後継機である「iPhone SE 2」の部品の生産を2019年12月より開始予定...

2019年11月28日 | テクノロジー

Google、新Wi-Fiルーター「Nest Wifi」を11月29日より日本でも販売開始へ

2019年11月28日にGoogleが、NestブランドのWi-Fiルータである「Nest Wi-Fi」の国内販売を2019年11月29日よ...

2019年11月24日 | テクノロジー / 自動車

Tesla、電動ピックアップトラック「CyberTruck(サーバーラック)」を正式発表

2019年11月24日にTeslaが、ピックアップトラックのEVモデルとして「CyberTruck」を正式発表したことが明らかとなりました。...

2019年11月19日 | テクノロジー

SIMフリーiPhone、ヨドバシカメラとビックカメラで購入可能に-11月22日から

2019年11月19日にSIMフリーiPhoneが、ヨドバシカメラとビックカメラにて販売開始されることが明らかとなりました。 &nbs...

2018年5月14日

iPhone SE (2018)、Touch IDもFace IDも搭載しない可能性が浮上

2018年5月14日にAppleから販売が噂されている「iPhone SE (2018)」が、指紋認証システム「Touch ID」と顔認証システム「Face ID」の両方とも搭載しない可能性が浮上してきました。

 

 

iPhone SE (2018)にはTouch IDもFace IDも採用せず!?

2018年5月14日にメディアサイト「MacRumors」が、「iPhone SE (2018)」へ指紋認証センサーが搭載されない可能性があることを報じております。

 

 

 

これまでの「iPhone SE (2018)」のリーク情報によると、ホームボタンを廃止し、ノッチが搭載されることが報じられております。

 

 

 

 

しかし、同誌は「iPhone SE (2018)」が指紋認証システム「Touch ID」を廃止し、顔認証システム「Face ID」へ乗り換える決定的なリーク情報が無いことを指摘しております。

 

 

そのため、「iPhone SE (2018)」には「Touch ID」と「Face ID」の両方の生体認証が採用されない可能性があるようです。

 

 

iPhone SE (2018)のノッチの面積はiPhone Xの半分

これまでリークされてきた「iPhone SE (2018)」のリーク画像を見ると、ノッチ部分が明らかに小さいことがわかります。

 

 

これは、ケースメーカーらが作成している「iPhone SE (2018)」用の保護カラスフィルムからも確認することができます。

 

 

 

 

そのため、「iPhone X」よりも小さいノッチが「iPhone SE (2018)」に搭載される可能性は低いことが報じられております。

 

 

また、「iPhone X」のノッチにある顔認証センサー「TrueDepthカメラ」の小型版が「iPhone SE (2018)」へ搭載される情報も挙がってきておりますが、廉価版である「iPhone SE」シリーズに最新モジュールが搭載される可能性が低いことも原因となるようです。

 

 

価格面でも「Face ID」の搭載は難しい

「iPhone SE (2018)」の一番の理由は、価格の安さが挙げられます。

 

 

Appleは、「iPhone SE」を廉価版iPhoneとして位置づけており、旧世代のプロセッサなどを搭載することで、販売コストを安くしております。

 

 

そのため、最新機種の中でも上位グレードである「iPhone X」の「Face ID」を搭載することは、コスト面でも難しいと言われている。

 

 

「iPhone SE」は、349ドル(約38,000円)で販売されており、仮に「Face ID」を搭載してしまうと、大幅に価格を上げる必要がある。

 

 

さらに、「iPhone SE」の価格を挙げることは、Appleの総利益率が下がる可能性もあるので、「iPhone SE (2018)」へ「Face ID」が採用される可能性は低いことが報じられております。

 

 

iPhone SE (2018)がマイナーチェンジとなるかフルモデルチェンジとなるかが大きな鍵

Appleは、「iPhone SE (2018)」をまだ試作段階で、いくつものプロタイプを作成してるだけであることが報じられております。

 

 

そのため、「iPhone SE (2018)」が「iPhone X」とベースとして作成されたフルモデルチェンジとなるか、マイナーチェンジとなるか現在は決定されていないようです。

 

 

「iPhone SE (2018)」が、マイナーチェンジの場合は、以下のようなスペックとなると報じられております。

 

  1. 背面へガラス素材を採用
  2. qi規格によるワイヤレス充電
  3. Touch ID
  4. ヘッドホン端子

 

マイナーチェンジの場合、背面素材がガラスとなることでqi充電が可能になるほか、背面のデザインが変更されると言われております。

 

 

前面のデザインは、「iPhone 5S」から変更されず、4インチほどのディスプレイとホームボタン、Touch IDが搭載されることとなります。

 

 

また、マイナーチェンジの場合はヘッドホン端子は搭載されることが有力とされており、変換アダプタなしでイヤホンを指すことが可能となるようです。

 

 

iPhone SE (2018)はいつ発表される?

「iPhone SE (2018)」が発表される説は、以下の2つが挙げられております。

 

 

  1. 6月のイベントWWDC 2018にて発表
  2. 9月、10月に他のiPhoneと同時発表

 

 

前者の場合は、「iPhone SE (2018)」がまだ設計中であることを考慮すると、発表のみ行われ、実際の販売は数カ月先となることが予想されております。

 

 

後者は、Appleが9月か10月に開催する2018年iPhoneの発表イベントで、フラグシップモデル3モデルと一緒に「iPhone SE (2018)」を発表・販売する説となっております。

 

 

前者の場合は、「WWDC 2018」が2018年6月4日~8日に開催されるため、あと数週間の辛抱となります。

 

 

[MacRumors]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)