TOP

2020年2月26日 | テクノロジー / 自動車

Tesla Model Y、予定どおり2020年3月より納車開始!トランクルームの画像もリーク

2020年2月26日にTeslaのコンパクトSUVである「Tesla Model Y(テスラモデルY)」の納車が予定どおり2020年3月より...

2020年2月21日 | テクノロジー

Apple、GaNを採用した小型USB-C充電アダプタを2020年中にリリースか

2020年2月21日にAppleから窒化ガリウムであるGaNを採用することで小型化したUSB-C充電アダプタを早ければ2020年中に販売する...

2020年2月20日 | テクノロジー

Android 11のプレビュー版を開発者へ公開!5G関連を大きく強化

2020年2月20日にGoogleが、次期Android OSである「Android 11」のプレビュー版をデベロッパー向けに公開したことが...

2020年2月19日 | テクノロジー

iPhone SE 2(iPhone 9)、早ければ4月に販売開始か-新型iPad Proも

2019年2月19日にAppleから「iPhone SE 2(iPhone 9)」が早ければ2020年3月より販売開始される可能性が明らかと...

2020年2月14日 | テクノロジー

Appleの公式サイトからノッチの無いiPhoneが確認される

2020年1月14日にAppleの公式サイトにてノッチの無いiPhoneの画像が発見されていることが明らかとなりました。  ...

2020年2月10日 | テクノロジー

iPhone SE2(iPhone 9)、3月に399ドル(約4万円)で発表か

2020年2月10日にAppleが、iPhone SEの後継機である「iPhone SE 2」こと「iPhone 9」を早ければ2020年3...

2018年5月10日

Google、新ディバイス「スマートディスプレイ」を7月に販売開始

2018年5月10日にGoogleが、デベロッパー向けカンファレンス「Google I/O 2018」にて音声アシスタント「Googleアシスタント」と液晶ディスプレイを搭載した新しいディバイスとして「スマートディスプレイ」を発表したことが明らかとなりました。

 

 

「スマートディスプレイ」は、2018年7月に販売することも同時発表されております。

 

 

Google、Googleアシスタントを搭載した「スマートディスプレイ」を発表

2018年5月10日にGoogleが、現在開催中のデベロッパー向けカンファレンス「Google I/O 2018」にて、新しいディバイスとして「スマートディスプレイ」を発表したことが明らかとなっております。

 

 

 

「スマートディスプレイ」には、Googleの音声アシスタントである「Googleアシスタント」が搭載されているほか、8インチの液晶ディスプレイも搭載されております。

 

 

「スマートディスプレイ」を操作する方法は、「Googleアシスタント」を使用する方法とタブレットのように指でタッチ操作する方法の2種類があるようです。

 

 

詳しい「スマートディスプレイ」の使い方は、GoogleがYouTubeにて「スマートディスプレイ」の紹介動画にて把握することが出来ます。

 

 

 

 

動画の中では、「スマートディスプレイ」でGoogleマップを起動し、ユーザーのスマートフォンと連携できることが紹介されております。

 

 

このことから、「スマートディスプレイ」はGoogleアカウントを使用することでスマートフォンと連携することができるようです。

 

 

紹介道を見る限り、「スマートディスプレイ」の使い方はスマートスピーカーとよく似ており、ディスプレイが付いたスマートスピーカーとして利用することができそうです。

 

 

その為、「スマートディスプレイ」のライバル商品は、同じく音声アシスタントを搭載しているAmazonのスマートスピーカー「Amazon Echo」であることが報じられております。

 

 

スマートディスプレイは、YouTubeの視聴などが可能

Googleによると、「スマートディスプレイ」はYouTubeの動画視聴やGoogle Photoの閲覧などを行えることが判明しております。

 

 

「スマートディスプレイ」には、スピーカーが搭載されており、動画の他にも「Google Play Music」で音楽も楽しむことができるようです。

 

 

その他にもGoogleカレンダーの確認やGoogle Mapの表示などGoogleのサービスへ簡単にアクセスすることができるようです。

 

 

「スマートディスプレイ」にカメラが搭載されているモデルであれば、友人たちとテレビ電話を行うことも出来ます。

 

 

スマートディスプレイはAndroidとは異なるOSがインストールされている!?

Googleは、「スマートディスプレイ」へAndroidを搭載していることを発表しておりません。

 

 

その為、今のところ「スマートディスプレイ」に搭載されているソフトウェアが何なのか判明しておりません。

 

 

メディアサイト「The Verge」がYouTubeにて「スマートディスプレイ」のハンズオン動画を公開しており、「スマートディスプレイ」が動作している様子を視聴することが出来ます。

 

 

 

 

動画を見てみると、「スマートディスプレイ」のUIやフォントなどはAndroidのように見えますが、使い方はAndroid搭載タブレットと大きく異なることがわかります。

 

 

「スマートディスプレイ」の使い方は、「Googleアシスタント」へ要件を依頼し、タッチパネルで情報をスクロールして使うように思われます。

 

 

これは、Amazonから販売されているスマートスピーカー「Amazon Echo Show」と同じであることがわかります。

 

 

 

 

「Amazon Echo Show」は、音声アシスタント「Amazon Alexa」とディスプレイを搭載したスマートスピーカーとなっております。

 

 

 

 

今回発表された「スマートディスプレイ」は、「Amazon Echo Show」と全く同じことができるため、ライバル商品であることがわかります。

 

 

スマートスピーカーは、サードパーティ製メーカーから登場

Googleは、「スマートディスプレイ」を以下のサードパーティ製メーカーから販売開始しすることを発表しております。

 

 

  • Lenovo
  • JBL
  • LG
  • SONY

 

 

今回発表されたメーカー以外からも「スマートディスプレイ」が登場することが報告されております。

 

 

「Lenovo」製の「スマートディスプレイ」は、8インチモデルと10インチモデルの2モデルでラインアップされることが報じられております。

 

 

また、販売価格については199ドル〜249ドルであることから、約22,000円〜27,300円となるようです。

 

 

Googleは「スマートディスプレイ」の販売時期が2018年7月になることを発表しております。

[The Verge]

0

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もおすすめ

         

カテゴリ

タグ

お気軽にお書きください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)